• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 大阪行岡医療大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 医療学部
  • 理学療法学科

私立大学/大阪

オオサカユキオカイリョウダイガク

理学療法学科

募集人数:
80人 (男女80名)

少人数制で一人ひとりをフォロー。患者さまに身体と心からアプローチし、「やさしい医療」が実践できる理学療法士へ

学べる学問
  • 人間科学

    「人間とは何か」について幅広い視点で研究する

    哲学、心理学、歴史学、文化人類学、社会学、法学、そして生命科学や人類学、人工知能など、文系・理系両分野を通して多角的に、あるいは総合的に人間について考える。

  • 教育学

    よりよい教育とは何かを様々な角度から研究する

    講義や教育実習を通して、人間が育っていくプロセスのさまざまな問題を研究していく。学校の他、家庭や社会、産業など多方面から人間教育を考え、理論や目的、指導方法などを学ぶ。

  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 医学

    理論と実践を通して病気の予防・治療法を研究する

    人間の命と健康を守るため、基礎医学、臨床医学、病院実習などを通してその知識と技術を学ぶ。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

目指せる仕事
  • 理学療法士

    運動やトレーニングで機能回復を目指す『リハビリの専門家』

    運動を主体とした治療や訓練を行い、病後や障害の機能回復と日常生活動作などの維持や改善を図る仕事。運動療法、物理療法、日常生活動作訓練、義手や義足・車椅子などの装具に関する訓練をする。対象疾患は、中枢性疾患、整形疾患、脳性まひ、内部疾患など、小児から高齢者まで幅広い。

  • スポーツトレーナー

    一般の人からプロ選手まで、トレーニング指導の専門家

    プロ野球選手の専属トレーナーが注目されて話題になるなど、スポーツトレーナーの仕事は奥が深い。トレーニングする相手の体質や、健康上の課題をつかみ、その人にあったアドバイスや指導をしなければならない。体のしくみや栄養知識など、高度な専門知識がもとめられる。

  • スポーツインストラクター

    各種スポーツの技術指導を行う

    スポーツクラブやトレーニングジムに勤務し、各種スポーツの技術指導を行う。スポーツによって指導のポイントが異なり、ゴルフ、テニスなど技術の習得が目的の場合は実技指導、アスレチック、エアロビクスなどの健康維持が目的のものは実技指導のほか日常生活や食事のアドバイスも行う。

初年度納入金:2017年度納入金 190万円 

学科の特長

学ぶ内容

実際の現場で役立つ知識や技術、コミュニケーション能力を修得
4年間を通して段階的に基礎から応用へとつながる一貫したカリキュラムです。1年次は人の心と生活やコミュニケーション、基礎医学について学びます。2・3年次は基礎医学をより深く理解し、内科学などの臨床医学と理学療法の高い知識と技術力を身につけます。4年次は総括として、臨床適応能力の修得と卒業研究が行われます。

カリキュラム

スポーツの分野からのニーズも高い理学療法士。スポーツリハビリテーションについて学びます
専門性を生かし、スポーツの分野で働く理学療法士もいます。そこで本学では、スポーツ活動中に生じる傷害の評価、理学療法、適切な運動と禁忌、ケガの予防方法などについて学習します。さまざまな事例を通して、各種のスポーツ分野で求められる理学療法士の役割を理解し、その知識と技術を学びます。

実習

行岡リハビリテーション専門学校のネットワークで多彩な実習・研修・臨床実習先を多数確保
1970年設立の行岡リハビリテーション専門学校(大阪府認可の専修学校)は2012年の大学への移行に至るまで、系列病院の行岡病院はもちろん、一般病院、リハビリテーション専門病院、小児施設、老人施設など、数多くの提携先を開拓してきました。大阪行岡医療大学もその提携先を受け継ぎ、臨床実習先を多数確保しています。

卒業後

一般の病院、医院から老人保健施設や介護施設、スポーツの分野まで
卒業後の就職先は、一般の病院、医院、診療所から総合病院や大学病院、また、介護保険の施設である老人保健施設や介護療養型医療施設、特別養護老人ホームなどが考えられます。また、リハビリテーションセンターや市町村の健康増進課などで高齢者の機能訓練事業に携わったり、スポーツの分野での活躍も可能です。

資格

卒業と同時に理学療法士(国)の受験資格を取得。試験対策も万全を期します
理学療法士は厚生労働大臣認定の国家資格。大阪行岡医療大学では、卒業と同時に理学療法士(国)の受験資格を取得できます。また、国家試験の支援体制を組むと同時に、特別な対策授業も実施。学力に応じた個別指導も実施するなど、国家試験合格に向け、さまざまな形でバックアップします。

施設・設備

理学療法の学習に必要な施設・設備を設置しています
理学療法を学ぶうえで必要な、施設・設備を備えて学習に専念できる環境を用意しています。施設は、日常生活活動実習室、機能訓練室、水治療法室などを用意。設備は、筋機能分析装置や呼吸器代謝エアロモニター、三次元動作分析装置、筋電図といった、理学療法士として扱うと考えられる多くの施設・設備を設置しています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 理学療法士<国>

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    行岡病院 、 西宮回生病院 、 高井病院 、 登美が丘リハビリテーション病院 、 平成記念病院 、 藤田保健衛生大学病院 、 奈良県総合リハビリテーションセンター 、 摂津医誠会病院 、 星ヶ丘医療センター 、 馬場記念病院 ほか

※ 2016年3月卒業生実績 (学校全体)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒567-0801 大阪府茨木市総持寺1-1-41
TEL.072-621-0881(代)

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府茨木市総持寺1-1ー41 阪急「総持寺」駅下車 徒歩 6分

地図

 

路線案内


大阪行岡医療大学(私立大学/大阪)