• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 金融・経済・不動産
  • 税理士
  • 学校の選び方
税理士の学校の選び方

税理士の学校の選び方

税理士試験を受験するには、「学識、資格、職歴」のいずれかの要件を満たさなくてはなりません。高校卒業後に税理士試験を目指す場合は、「大学・短大・専門学校」のいずれかに進学して法律学または経済学の単位を取得するか、「日商簿記検定1級」もしくは「全経簿記検定上級」に合格する必要があります。しかし肝心なのは、受験資格を得たあとの「税理士試験対策をどうするか?」ということです。一般的に税理士試験は独学での合格はほぼ不可能と言われていますので、大学や短大に進学する場合も、試験勉強に特化した「資格の学校」に通う必要があります。高校卒業後に大学もしくは短大と並行して資格の学校に通うか、高校卒業後に専門学校に入学するか、高校卒業後に日商簿記検定1級もしくは全経簿記検定上級の資格試験勉強と税理士試験の勉強を並行して行うか。いずれにしても税理士資格取得に必要な5科目すべてに合格するには早くても4~5年、それ以上かかる人もざらにいる世界ですので、どの学校を選ぶにしても長期的な学習計画が必要です。大学と資格の学校のダブルスクールとなると一時的な金銭負担も大きくなるので、資金計画も重要です。大学や短大で幅広い教養を身につけてから税理士を目指したいのか、専門学校で税理士試験のための学習に専念したいのか、学費はどのくらいかけられるのか。そのあたりからイメージし、学習計画を立てたうえで学校を選ぶようにしましょう。

大学・短大

大学・短大の在学中または卒業後に税理士試験を目指すには、法律学または経済学の単位取得が必須となります。そのため、法学部、経済学部、経営学部、商学部などがスタンダードな進学先になるでしょう。とはいえ、所定の単位さえ取得できれば税理士試験の受験資格は得ることができるので、所属する学部に縛りはないと思っても大丈夫です。志望する学部で該当の単位が取得可能かどうかをまず確認しましょう。大学の授業は資格試験の勉強や税理士の実務に直結するというわけではなく、在学中に合格を目指す場合は資格の学校とのダブルスクール生活になりますので、「税理士の勉強のほかに、興味のある分野や学びたい学問がある」という人であれば、その他の文系学部や理系学部に進学しても問題はありません。私立の場合は、税理士試験の対策講座を学校が主催している場合もあります。また、大学で出会う教授や友人は受験時や仕事に就く際の情報源になったり、税理士として独立した後の顧客候補になったりと将来につながるものになりますので、勉強だけでなく人間関係を充実させることもぜひ意識してほしいと思います。

専門学校

「高校在学中に日商簿記検定1級もしくは全経簿記検定上級に合格した」「専門学校でいずれかの資格と税理士試験の科目合格を目指す」「ダブルスクールは金銭的に厳しい」「税理士になるための勉強に専念したい」など理由がはっきりしている場合は、専門学校に進学するのもひとつの選択肢です。簿記専門学校、ビジネス専門学校、会計法律学校などの税理士コースを受講しましょう。とはいえ、2年制・3年制・4年制とコースもさまざまですし、学校によってカリキュラムや授業形態にも特色があるので、入学前に情報収集し、自分に合った学校を見極める必要があります。税理士試験の合格実績や就職情報、奨学金情報、キャンパスイベントなども合わせてチェックしておきましょう。

会計大学院

会計のプロフェッショナルを養成する会計大学院に入学し、指定科目の履修→修士論文の作成→学位論文審査の合格→大学院修了とステップを踏むことで、「税理士試験の一部科目免除」の申請が可能になる場合があります。免除が認定されれば合格しなくてはならない科目が少なくなりますので、試験突破のひとつの手段として大学卒業後に会計大学院へ進学する人もいます。

全国のオススメの学校

関連する仕事の学校の選び方もチェックしよう

税理士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路