• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 金融・経済・不動産
  • 税理士
  • 志望動機を教えて!
税理士の志望動機を教えて!

税理士の志望動機を教えて!

「几帳面な性格で、計算や暗記、物事を論理的に思考するのが得意」「数字から物事を把握し、そこに隠れている問題点や、解決策を考えるのが好き」という理由から税理士を目指した人のほか、数学や法律に興味があり、それを仕事に生かせないかと考えたという人も。いずれにしても、興味があることや得意なことを生かし、「人の役に立ちたい」と考えた先に「税理士」という職業があったという場合が多いようです。また、「取得が難しいと言われる国家資格をもって働くことに魅力を感じた」「安定した収入を得られると考えた」など、スペックにメリットがあると判断した人も。

数字から物事を思考することが好き

税理士が日々扱うことになる数字は、単なる記号ではありません。例えば、顧問先の会社の経営計画の立案をサポートする際、売り上げ・人件費・その他経費などを並べて見て、「あと○○円の利益を出すためには、経費のこの項目を○○円削ってバランスを取ることが必要です。そのためには社内で○○の取り組みをしてください」とアドバイスするなど、数字=会社の現状と改善点を把握するための情報源としてとらえる必要があります。「決算書には、会社の物語が詰まっている」と語る税理士さんもいるように、税理士にとって数字は一つひとつが言葉のようなものなのです。何らかのきっかけでそのおもしろさに気づけた人にとっては、「数字から物事をとらえ、思考する『税理士』という仕事におもしろみを感じる」というのが志望動機になっているようです。

目の前にいる人の役に立ちたい

税理士の先輩曰く、「税理士は経営などさまざまな相談に乗る、いわば、会社のかかりつけ医」。個人から会社組織まで多くの顧客に対面し、今抱えている悩みをヒアリングし、解決する手立てを一緒に探っていく。すなわち困っている人を手助けする仕事です。そのため、「自分の目の前にいる人の役に立ちたい」というのも、税理士の立派な志望動機に。「数学が得意といった自分の長所」×「ダイレクトに人の役に立てる仕事」という志望動機から、税理士になったという人も多くいるようです。

世の中に安定経営の企業を増やしたい

「黒字企業を増やして、社会貢献がしたい!」という目標を掲げている税理士の先輩も多くいます。倒産・廃業する企業を減らすことができれば、雇用も税収も安定し、国や国民の生活にいいサイクルが生まれます。税理士としての自分の働きが、顧客のためだけでなく、国のため、国民のためになる。非常にダイナミックな仕事です。そこにやりがいを見いだし、税理士として活躍することを夢に描くのもひとつの道であると言えるでしょう。

全国のオススメの学校

関連する仕事の志望動機もチェックしよう

税理士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路