• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 金融・経済・不動産
  • 税理士
  • 求められる人物は?適性を知る
税理士の求められる人物は?適性を知る

税理士の求められる人物は?適性を知る

税理士の主な業務は、「納税に関する書類の作成・申告」と、「顧客への経営・節税アドバイス」の大きく2つに分けられます。前者は事務所などでのデスクワークになりますし、後者は中小企業の経営者や個人事業主を訪問する外回りの仕事になります。税理士=計算のプロという印象が強いと思いますが、最近では会計業務がパソコン上でできるようになったこともあり、経営者のアドバイザー的な存在としてどれだけ信頼を勝ち取れるかが、税理士として活躍できるかどうかのポイントになっています。計算処理能力の高さ、数字から経営課題やムダなお金の動きなどを読み取る力、経営者に信頼されるだけの知識や対人スキルをバランスよく兼ね備えることが、現代の税理士が目指すべき姿だと言えるでしょう。

論理的思考

税金にまつわる法律は非常に複雑です。判断に必要なさまざまな情報を整理し、法律に照らし合わせ、発生した案件ごとに最適解を導き出す論理的な思考力が求められます。

数字に苦手意識がないこと

書類作成のために伝票をチェックしたり、企業の経営状態を分析するために決算書を見たりと、税理士と数字は切っても切り離せない関係にあります。数字から物事を読み取ることに苦手意識がないかどうかは、適性において大切なポイントになります。とはいえ、収支計算などはパソコンを使って行うことがほとんどなので、計算が得意か苦手かということはさほど重要ではありません。

分析力・推理力

手元にあるデータから仮説を立て、解決したい課題に対して打ち手を考え、実行し、結果を振り返る…。税理士がサポートする経営は、日々その繰り返しです。データというのは「数字」であり、組織で働く「人」でもあります。数字や人を見抜く力に加え、仮説~振り返りまで一連の流れを論理的に構築できる能力が税理士には求められます。必ず「答え」が数字で導き出される仕事になるので、例えば学問でいうなら、国語よりも数学が好きだという人のほうが楽しめる仕事かもしれません。「税理士には推理小説や競馬が好きな人が多い」という話を聞いたことがありますが、それも遠からず関係があるようです。

知識のアップデートを続ける努力と向上心

税金に関する制度は時代に合わせて変わっていくので、その変化に対応する柔軟さも必要です。例えば「エコカー減税の登場」や「消費税増税」などもその一例です。制度の改正に伴って税金の計算方法も変わりますので、税務のプロとして間違いなく業務を遂行するには、常に勉強が必要となります。「税理士資格を取得し、税理士として働き始めたからもう勉強は終わり」ではないのです。

人との出会いを楽しめる性格

中小企業の経営者や役員、個人事業主など、業種問わずさまざまな人(顧客)と出会い、お付き合いをする税理士の仕事。日々、自分の知らない世界を垣間見ることができるのは、好奇心旺盛な人にとって非常におもしろい経験になることでしょう。しかしながら、ただ見物するのではいけません。会社の事業内容から経営方針、経営課題などを理解し、売り上げやコストなどを数値化したデータを基に的確なアドバイスをするのが税理士に求められるミッションです。また、経営者にとって有益な情報を提供することが信頼関係を築く重要な要素になるため、顧客の業界情報・経済ニュースのチェックや勉強も欠かせません。相手に合わせて用意する情報や話題を変えられる引き出しの多さも、税理士としての腕の見せどころです。

人を助け、国を支えるという正義感と責任感

税務のプロとして、国民の円滑な納税をサポートするのが税理士の役割。複雑な税金の計算・書類作成を代行することで「申告漏れ」「脱税」といったリスクから納税者を守ります。また、正しい金額が納税されることにより国が潤い、公共施設の建設や社会保障制度の充実が図られることになりますので、「国民の生活を守り、国家の発展を支える」という意味では、税理士が担う社会的役割は非常に大きいものになります。正義を重んじ、国民や国のために役に立ちたいと考える人にとっては、非常にやりがいのある仕事です。

全国のオススメの学校

関連する仕事の求められる人物・適性もチェックしよう

税理士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路