• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 交通・旅客サービス
  • 電車運転士
  • なるには
電車運転士になるには

電車運転士になるには

全国のオススメの学校

電車運転士になるには、まず鉄道会社の社員になることが必要です。入社後、運転士の希望者は、車掌や駅務員の仕事に就くのが一般的です。
これらの業務を経験するなかで、電車運転士としての適性があると判断された人は、国土交通省が指定する「動力車操縦者養成所」に入所して、学科講習と技能講習を受けます。約8~9ヵ月という長期にわたる訓練を終えると、国土交通省が実施する「動力車操縦者試験」を受験し、合格すると電車運転士を名乗ることができます。
多くの乗客の人命を預かるこの仕事に就くには、こうした厳しいハードルをいくつもクリアすることが求められています。適性の判断から訓練修了まで長期におよぶため、現在の電車運転士のほとんどは高校もしくは専門学校の卒業者で、大学卒業者は多くありません。

鉄道会社の社員になるのが必須

電車運転士になるには、まず鉄道会社が実施する採用試験を受験して、鉄道会社の社員になることが必要です。
入社後、電車運転士の希望者は、まず車掌や駅務員の仕事に就くのが一般的です。車掌は、扉の開閉や車内アナウンス、空調の調節、車内トラブルの対応などさまざまな業務に携わります。
駅務員は、鉄道の駅において、切符の販売などの出札、乗り越し運賃の精算などの改札・集札、ホームでの乗客整理などを行います。こうした勤務を経験する中で、運転士としての適性があると判断されると、国土交通省が指定する「動力車操縦者養成所」に入所して資格取得を目指します。

動力車操縦者養成所でトレーニング

JR各社や大手民間鉄道会社は、国土交通省が指定する「動力車操縦者養成所」を備えています。指定養成所をもたない中小の鉄道会社は、養成所をもつ会社に訓練を委託して運転士を養成します。
養成所では、学科講習と技能講習を実施します。学科講習では、「運転法規」、「鉄道車両の構造」、「車両の加速・減速等の運転理論」、「信号保安設備」などを学びます。その後に行われる技能講習では、教員による指導のもとで実際に車両を運転して操作方法を習得します。この2つの講習は、約8~9ヵ月という長期にわたって行われます。

高いハードルが待ち受ける

電車運転士は、誰でも簡単になれる職業ではありません。鉄道会社は、車掌や駅務員などの仕事を経験するなかで運転士としての適性を診断し、そこで選抜した人材を養成施設で訓練して電車運転士に育成するのが一般的です。
「動力車操縦者養成所」の講習課程を修了すると、国土交通省が実施する「動力車操縦者試験」を受験し、合格すると電車運転士を名乗ることができます。多くの乗客の人命を預かるこの仕事に就くには、こうした厳しいハードルをいくつもクリアすることが求められているのです。

高校や専門学校の卒業者にチャンス

現在の電車運転士のほとんどは高校もしくは専門学校の卒業者で、大学卒業者はあまりいません。電車運転士の資格を取得するまで入社から数年かかるため、大学卒業者よりも若い高校卒業者、もしくは鉄道に関する知識や技術を学んだ専門学校の卒業者のほうがチャンスを得ているようです。

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

電車運転士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路