• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 交通・旅客サービス
  • 電車運転士
  • やりがいを聞いてみよう
電車運転士のやりがいを聞いてみよう

電車運転士のやりがいを聞いてみよう

全国のオススメの学校

都市部の運行ダイヤは分刻みになっており、遅延すると多くの乗客に迷惑をかけることになります。重大な責任を背負って働くぶん、やりがいに満ちた職業といえるでしょう。
ミスなく運転するのが当然と思われがちな仕事ですが、それだけに乗客から感謝の言葉をかけられたりしたとき、充実感を味わうようです。
また、多様な状況に対応する運転士の仕事は、毎日が勉強の場といえます。経験を重ねるなかで技術が向上することに対して、大きな満足感を覚えるようです。突然の気象変化により、交通機関がストップすることもあります。こうした場合、スタッフ全員が力を合わせて、行き場を失った利用客の対処などを行う必要があります。無事に利用客への対処を終えたとき、鉄道会社の一員としての達成感を覚えるようです。

正確なダイヤで運行する

運転士はたくさんの乗客の命を預かって運転するため、些細なミスも許されません。また、都市部の運行ダイヤは分刻みになっており、遅延すると多くの乗客に迷惑をかけることになります。そうした意味で運転士は、社会的意義の大きい職業といえます。
大勢の乗客を乗せて、何事もなく終点まで到着できたときの達成感は、この仕事ならではのものでしょう。重大な責任を背負って働くぶん、やりがいに満ちた職業といえます。

乗客から感謝される

日本の鉄道は、定刻どおりに運行して当然といった風潮があります。
運転士に対しても、ミスなく運転するのが当たり前というイメージがありますが、時おり乗客から「ありがとう」「お疲れさま」といった感謝の言葉をかけられることがあるそうです。そんなとき、運転士は仕事への充実感を味わうようです。

運転技術が向上する

当日の天候、乗客数、積載重量、車両のクセなどによって電車の運転状況は異なります。
運転士には、そうした多様な状況に対応しながら、快適な乗り心地を実現することが求められています。向上心のある運転士にとっては、日々の業務が勉強の場といえます。さまざまな経験を積み重ねるなかで、少しずつ技術力が上がっていることに対して、大きな喜びを感じるようです。

困難な状況をチームで乗り越える

集中豪雨や猛吹雪といった突然の気象変化により、交通機関がストップすることがあります。
こうした場合、鉄道会社は運転士を含めたスタッフ全員が力を合わせて、行き場を失った利用客の対処などを行う必要があります。大きな混乱もなく、やるべきことを実行して無事に利用客への対処を終えたとき、鉄道会社の一員としての達成感を覚えるようです。

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

電車運転士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路