• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 交通・旅客サービス
  • 電車運転士
  • 仕事内容
電車運転士の仕事内容

電車運転士の仕事内容

全国のオススメの学校

スケジュールとおりに電車を発着させるのが電車運転士の主な仕事ですが、安全な運転を行うための準備も大切です。
運転前に車両を車庫から出すときは、モーターやブレーキ、連結器などに異常がないかどうかを確認します。ほかの運転士から業務を引き継ぐ場合は、行き先表や電車の種別を確認するほか、当日に何らかの異常やダイヤの遅れなどがなかったかどうかをチェックします。
また、運転中に不測の事態が起こった際は、車掌などと協力して乗客の安全を確保するほか、事故の処理なども行います。

発車の準備

運転前に所属の乗務区で点呼を受け、アルコール検査を含め健康状態を確認し、仕業表(当日のスケジュール表)など乗務に必要なものを受け取ります。
車両を車庫から出す場合は、モーターやブレーキ、連結器など車両に異常がないかどうかを点検して安全を確認し、問題がなければ乗務に就きます。ほかの運転士から乗務を引き継ぐ場合は、行き先表の点検や列車種別の確認、その日に何らかの異常やダイヤの遅れなどがなかったどうかをチェックしたあと、交代する駅で待機します。前任の運転士が操縦する車両が到着すると、その後を引き継いで乗務を開始します。

電車を運転する

出発の時刻になったら発車し、信号や踏切などに気を配りながら電車が予定どおり駅に到着するように運転します。
担当する区間の運転を終えると、次の運転士と交代します。これを何度か繰り返して1日の勤務が終わると、その日の運転状況を報告します。鉄道は日中だけではなく、深夜や早朝にも走っています。このため、電車の運転士の勤務時間は、仮眠を含めて24時間体制となる日もあります。

トラブル対応

車両トラブルや事故など、緊急時の対応を求められることもあります。
不測の事態が起こった場合は、車掌などと協力して乗客の安全を確保し、事故の処理なども行います。こうした事態に備えて、日頃からトラブル発生時の緊急措置を訓練しておくことも大切です。

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

電車運転士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路