• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 交通・旅客サービス
  • 電車運転士
  • ズバリ!将来性は?
電車運転士のズバリ!将来性は?

電車運転士のズバリ!将来性は?

全国のオススメの学校

首都圏を含む都市部では、通勤や通学の足として電車や地下鉄がよく使われています。新たな路線も増加していることから、都市部を中心に営業展開する鉄道会社では、電車運転士を積極的に採用しています。都市部と大きく状況が異なるのが地方の鉄道路線です。赤字に転落した路線では、電車運転士が社内の異なる部署に異動するようなケースもあるようです。地方の鉄道会社に勤務する運転士は、会社の利益につながるような提案を行うことも必要になるでしょう。
近年の傾向として目立つのは女性の電車運転士の増加です。東海道新幹線を運転する女性も登場しており、今後も増加傾向が続くでしょう。

都市部の電車運転士

首都圏を含む都市部では、通勤や通学の足として電車や地下鉄がよく使われています。新たな路線も増加していることから、都市部を中心に営業展開する鉄道会社は電車運転士を積極的に採用しています。こうした事情からも電車運転士は人材が不足しており、これから電車運転士になりたい人にはチャンスが到来しているといえるでしょう。
鉄道会社に入社していったん電車運転士の職に就けば、そのまま電車運転士として定年まで働くことも可能です。鉄道会社としても、熟練の運転士が辞めてしまうと同程度の技術をもつ人材を補充するのが難しいこと、また運転士が同じ路線を運転し続けることでレールの劣化などに気づきやすくなるといったメリットもあることなどから、運転士の職を長く続けてほしいと考えているようです。
一方で、体力面などに不安を感じはじめたベテランの電車運転士が他部署への異動を申し出るといったケースもあるようです。この場合、将来的には駅長や助役などのポジションを目指すことになります。

地方路線の電車運転士

都市部とは大きく状況が異なるのが地方の鉄道路線です。少子高齢化や人口流出などの影響を受けて利用者が減少し、赤字に転落した路線もたくさんあります。
このため、地方の鉄道会社に勤務していた電車運転士は、勤務する鉄道会社内で展開している関連事業や、地元の観光事業などの部署に異動することもあります。電車運転士の継続を希望する人のなかには、都市部の鉄道会社に転職する人もいるようです。
赤字路線が増えている一方で、鉄道関連のイベントを開催したり地元住民のサポートを受けて観光事業を活性化させたりしている鉄道会社もあります。地方の鉄道会社に勤務する運転士は、運転技術の向上に加えて、会社に利益をもたらすような企画提案も必要になります。会社のためにできることを率先して考えることのできる人材が、これからの地方路線を支えていくでしょう。

女性の運転士

電車の運転士というと従来は男性の職業というイメージでしたが、近年は女性の電車運転士も増えています。
JR東海では、東海道新幹線を運転する女性も登場しており、女性運転士が今後も増え続けるのは間違いありません。

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

電車運転士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路