• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • デザイン
  • 家具職人
  • なるには
家具職人になるには

家具職人になるには

全国のオススメの学校

家具職人になるには学歴も資格も関係なく、未経験者を受け入れる家具メーカーもあります。しかし近年は未経験者を育成する時間的な余裕がなくなってきた現状もあり、木材加工の知識や技術を学んだ人を採用したい旨を応募要件に掲げる会社が増えています。このため最近は大学や短大、専門学校などで学んでから家具職人を目指すケースが一般的となっているようです。
各学校施設では、知識や技術の習得のほか、教員や卒業生から家具職人として働くための心構えなどを聞くことができるメリットがあります。さらに就職先を紹介してもらえることもあるため、未経験のまま就職先を探すよりも有利といえるでしょう。

家具職人を養成する学校で学ぶ

木材加工の知識や技術を学んでから家具メーカーや家具工房などに就職する人が増えています。採用する企業は新人を即戦力として期待でき、採用された人は学んだ技術をすぐに仕事に生かせます。
木材加工について学べる施設には、職業訓練校や専門学校、美術系の大学、工芸教室などがあります。こうした施設には、家具メーカーや家具工房などから求人案内が届くので、就職先を探す際にも役立ちます。

家具メーカーに就職する

家具職人になるための必須資格というものはなく、家具メーカーが行う採用試験を受けて就職します。大手の家具メーカーは、自社のホームページやインターネットの求人サイトを利用して求人を行うことが多いので、チャンスを逃さないようにすることが肝腎です。
家具メーカーの中には、家具製造の初心者をまず見習いとして受け入れるところもありますが、一般的には経験者や知識・技術を要する人材を求めるケースが多いので、職業訓練校や専門学校などの学校施設で学ぶことも考慮したほうがよいでしょう。

家具工房に就職する

オリジナルの家具を作りたいという夢がある場合は、家具工房に就職する方法もあります。顧客から注文を受けてオリジナルの家具づくりに取り組む工房は、規模こそ小さいものの、高い創造性と技術力を備えています。家具メーカーで働く場合とは異なり、職人の家具づくりを間近で見ることができるため、技術や知識を早く習得できるメリットがあります。
こうした家具工房で一人前と認められるには3~5年の経験が必要ですが、しっかり技術力を高めることができれば、家具職人として独立する道が開けてくるでしょう。

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

関連する仕事のなる方法もチェックしよう

家具職人を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路