• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • デザイン
  • 家具職人
  • 仕事内容
家具職人の仕事内容

家具職人の仕事内容

全国のオススメの学校

家具職人の仕事は、家具デザイナーや家具職人自らが描いた図面に基づいて家具を製作することです。
家具の種類には和家具と洋家具があり、使用する道具や機械、材料、さらに作業工程などにも多少の違いがあるので、一人前の職人になるためには、これらに精通する必要があります。
家具職人の腕の見せどころは、顧客のオーダーに応じてオリジナルの家具を製作するときです。熟練の職人の中には、設計図の確認から材料の選定、加工、組み立て、塗装までの一連の作業をひとりで行う人もいます。このほか、機械を使って家具製造を行う場合のフォロー、アンティーク家具などの修理・修繕も家具職人の仕事です。

家具を製造する

家具デザイナーや家具職人自ら描いた図面に基づいて、家具を製作します。
家具には和家具と洋家具があり、作業工程(木工加工・組み立て加工・塗装加工など)や使用する機械・工具なども多少異なります。このため一人前の家具職人として認められるには、これらのすべてに精通する必要があります。特に木工加工は、使用する機械が数十種類におよぶため、習得するのに時間がかかります。

オリジナルの家具を製造する

顧客からオーダーを受けて、オリジナルの家具を製造することもあります。
仕事は、顧客の要望を聞くことからはじまります。その要望をどのようにかたちにするのかをデザイナーと相談しながら設計図を仕上げた後、材料の選定、加工、組み立て、塗装までの一連の作業を行います。こだわりの木製家具づくりを行う場合は、木材の切り出しから立ち会うこともあります。また、熟練の家具職人の中には、デザインを含めたすべての作業をひとりで行う人もいます。こうした熟練者の中には、アンティーク家具などの修理・修繕を行う人もいます。

機械による家具製造をフォロー

大規模な家具工場などでは、家具製造の工程の大半を機械によるオートメーション作業で行います。
しかし、例えば塗装などの繊細な技術を要する作業は、機械だけではうまくいかないこともあるため、家具職人が手作業でフォローします。

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

関連する仕事の仕事内容もチェックしよう

家具職人を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路