• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • デザイン
  • 家具職人
  • 必要な試験と資格は?
家具職人の必要な試験と資格は?

家具職人の必要な試験と資格は?

全国のオススメの学校

家具職人になるために必要な資格はありません。基本的に学歴も問われませんが、最近では職業訓練校や木材加工に関連する専門学校の卒業を採用時の応募要件にする会社もあります。また、木材加工に関する技術に加え、プロダクト(製品)デザインについて学んでいたり、CADのスキルを身につけておくと、採用時のアピールとなるでしょう。こうした経歴や力量を裏づける資格には、家具製作技能士、木材加工用機械技能主任者、インテリアコーディネーター、インテリアプランナーなどがあります。

木工に関する知識・技術を備えている

家具職人になるための必須資格は存在しません。採用時は学歴を問われないケースがほとんどですが、大手家具メーカーでは、職業訓練校や木材加工に関する専門学校の卒業を応募要件にしている場合があります。

家具職人に関する資格

・家具製作技能士
家具製作に必要な技能を有することを証明する国家資格。家具手加工作業、家具機械加工作業、いす張り作業に区分されており、それぞれに一級と二級があります。学科試験と実技試験に合格すると資格を取得できます。
・木材加工用機械技能主任者
木材加工用機械を扱う作業場の安全管理を行う国家資格。各都道府県が定める技能講習を受けた後、修了試験に合格すれば取得できます。工場の現場監督として作業を指揮したり、機械の使い方の安全面をチェックしたりすることができます。なお、取得には木材加工用機械による3年以上の作業経験が必要です。
・インテリアコーディネーター
インテリア産業協会が認定する資格。内装や家具、照明器具、住宅設備などに関する幅広い商品知識をもち、家具メーカーや家具工務店、住宅メーカーなどに対してインテリア計画や商品選択のアドバイスを行います。
・インテリアプランナー
建築技術教育普及センターが認定する資格。合格すると、インテリア設計に関して専門的な知識・技能を有するプロフェッショナルと認められます。従来はインテリアプランナー(IP)の称号だけでしたが、2016年度からは、IP 試験の学科試験に合格して登録または更新の登録をした人に与えられるアソシエイト・インテリアプランナー(AIP)という資格が追加されました。

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

関連する仕事の必要な試験と資格もチェックしよう

家具職人を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路