• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 建築・土木・インテリア
  • インテリアデザイナー
  • 必要な試験と資格は?
インテリアデザイナーの必要な試験と資格は?

インテリアデザイナーの必要な試験と資格は?

全国のオススメの学校

インテリアデザイナーになるために特別な資格が必要なわけではありませんが、日本デザインプランナー協会がおこなうインテリアデザイナー認定試験というものがあります。
もっていると役立つと考えられる資格には、インテリアプランナー、インテリアコーディネーターなどがあります。

インテリアデザイナー

日本デザインプランナー協会が主催する民間の資格
受験資格:特になし
試験内容:インターネットで申請し、在宅受験
合格基準:70%以上の評価

インテリアプランナー

公益財団法人建築技術教育普及センターが主催する民間の資格。
受験資格:年齢制限なし
学科試験:四肢択一式、50問(2時間30分)。アソシエイト・インテリアプランナー 、建築士は学科試験免除あり。
設計製図試験:学科試験に合格した者だけが受験可能。建築物における空間の使われ方、生活のイメージが判るようなインテリア設計など毎年違う課題が出題される。
登録:設計製図試験に合格し、所定の登録条件を満たす者は登録を受けることで「インテリアプランナー」の称号を付与。5年以内に登録し、有効期間は5年。更新の登録をするには更新講習を受ける必要がある。
合格率:学科試験が65.4%、設計製図試験が27.6%、資格取得者は28.1%(いずれも平成30年度)

インテリアコーディネーター

公益社団法人 インテリア産業協会が主催する民間の資格。
受験資格:特になし
一次試験(学科):マークシートによる択一式(160分)
二次試験(学科):マークシートによる択一式(160分)
合格率:一次は32.4%、二次は59.0%、資格取得者は23.8%(いずれも平成30年度)

関連する仕事の必要な試験と資格もチェックしよう

インテリアデザイナーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
RECRUIT