• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 建築・土木・インテリア
  • インテリアデザイナー
  • 似ている仕事との違いは?
インテリアデザイナーと似ている仕事との違いは?

インテリアデザイナーと似ている仕事との違いは?

全国のオススメの学校

インテリアデザイナーと似ている仕事にはどのようなものがあるでしょうか。インテリアコーディネーター、インテリアプランナーなどが挙げられますが、インテリアデザイナーとはどこが違っているのでしょうか。主な職種について、違いを説明しましょう。

インテリアデザイナーに似ている仕事は2つ

建築関係やインテリア関係の仕事でよく似た名称の仕事として挙げられるのが、インテリアデザイナー、インテリアコーディネーター、インテリアプランナーの3つです。どれも民間の資格であり、その資格を取得しないと仕事ができないわけではありませんが、資格を取得したほうが就職や転職に有利な場合があるようです。

インテリアデザイナー

インテリアデザイナーを名乗るのに必要な資格は特にありませんが、日本デザインプランナー協会がインテリアデザイナー認定試験をおこなっています。
仕事内容は内装や家具などのデザインをするだけではなく、空間すべてに及び、建物や部屋の空間についてもプロデュースします。商業的なオフィスや店舗、ホテルやレストランのほか、個人の住宅、保育園や学校なども対象となります。要望に沿って空間をデザインするので、建築に関する専門的な知識も必要で、建築士として仕事をする人もいるようです。勤務先もデザイン事務所や設計事務所、ハウスメーカーなどと多岐にわたります。それぞれ得意な分野があるので、どんな案件を手がけたいかによって働く先を選ぶとよいでしょう。

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターとは、照明や壁紙などの内装のほか、家具や調度品などをお客さまの要望に合せてコーディネートする仕事です。全体的なインテリアのイメージを構築して、オーダーに従って最適な住空間を作るためのアドバイスをします。
インテリアデザイナーは建築的要素が必要であるのに対して、インテリアコーディネーターは建物や部屋に対して既製品をセッティングしたり色を合わせたりする仕事です。あるスペースがあった場合、インテリアデザイナーであれば、その空間に合せて棚や保管庫を設計して作ることができますが、インテリアコーディネーターの場合はそのスペースに合せた既成の棚や保管庫を探して設置する、という違いがあります。
インテリアコーディネーターは主に住宅や店舗など、比較的小規模なスペースでの空間が対象となります。新しく店舗をオープンする場合や部屋の内装をリフォームする場合などで活躍する職業です。
インテリアコーディネーターになるための必須資格はありませんが、公益社団法人 インテリア産業協会が主催するインテリアコーディネーターの資格を取得している人は多いようです。

インテリアプランナー

インテリアプランナーは、住宅や店舗のほか、事務所や公共の建築物などを対象に設備や設計などを含めたインテリアの設計をします。防災面や安全面のほか、空調設備などの設計や施工、資材などの選択もおこなうため、専門的な建築にかかわる知識が必要です。公益財団法人 建築技術教育普及センターが主催するインテリアプランナーの試験に合格することで資格が取得できます。
インテリアプランナーの資格は、インテリアコーディネーターと建築士の間のような資格だと考えるとよいでしょう。インテリアプランナーも国家資格ではないのでその資格をもっていないと仕事ができないことはありませんが、設計や技術などの高度な専門知識が必要なため、インテリアプランナー登録者の約80%が国家資格の建築士資格をもっているようです。建築設計事務所やインテリア設計・施工会社などで活躍しています。

インテリアデザイナーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
RECRUIT