• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 建築・土木・インテリア
  • インテリアデザイナー
  • 求められる人物は?適性を知る
インテリアデザイナーに求められる人物は?適性を知る

インテリアデザイナーに求められる人物は?適性を知る

全国のオススメの学校

インテリアデザイナーに求められる力や適性として、想像力の豊かさ、図面を読み取る建築の知識、完成予想図としてイメージをつかむためのパースを描く美術的なデザインセンスなどがあります。
クライアントと打ち合わせて、希望に沿ったデザインを作成するので、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力も必要です。

デザインのセンスがあること

やはり、デザインのセンスがなければインテリアデザイナーとして成功するのは難しいでしょう。誰もが思いつかないような大胆かつ芸術的なセンスが評価されることもありますが、個人宅の場合は一般的に共感を呼ぶデザインや、機能的ながら心が安らぐようなデザインが好まれるようです。
クライアントの要望を取り入れたうえで、いかにセンスを発揮し、快適だと思われる空間を演出することができるかが求められます。

建築の専門的知識があること

インテリアデザイナーとして活躍している人は、建築に関する専門の知識を有している人が多いようです。できあがった製図を読み取り、建物の外観や室内のイメージを立体的に表現するパースを描いたり模型を作ったりすることもあるので美術の心得のほか、建築現場での経験などがあると仕事に生かすことができます。インテリアプランナーや建築士の資格を取得すれば、さらに知識や技術が豊富になり仕事がやりやすくなるので、それらの資格取得を目指して勉強するのも有利に働きます。

コミュニケーションをとれること

仕事は自分一人でできるものではありません。案件にもよりますが、チームを組んでプロジェクトにあたる場合は、クライアントをはじめ、建設現場での職人や業者、同じチーム内の仲間とコミュニケーションがとれることが第一です。締め切りまでに工程を間に合わせるためには、スケジュール調整も必要になります。協調性があり、何事にも前向きに取り組んで、周りの人と積極的に仕事を進めていける人がインテリアデザイナーに向いているといえるでしょう。

関連する仕事の求められる人物・適性もチェックしよう

インテリアデザイナーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
RECRUIT