• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 建築・土木・インテリア
  • インテリアデザイナー
  • ズバリ!将来性は?
インテリアデザイナーのズバリ!将来性は?

インテリアデザイナーのズバリ!将来性は?

全国のオススメの学校

インテリアデザイナーの仕事は建築業界のなかでも注目度が高いようです。ホテルやレストランなどの商業系施設に加えて、マンションなどの住宅系でも需要が高まっていて、新しい建築物を作るときにはインテリアデザイナーが必要とされています。将来、インテリアデザイナーはどのような役割をこなしていくのでしょうか。

リフォームやリノベーションで活躍する

最近、都会の中古のマンションを購入して内装をすべてリニューアルする人が増えています。新築物件に比べて築年数の古いマンションは比較的安く購入できるため、立地のよさを条件に既存の物件を購入した人が間取りや内装を個人の好みに合わせた仕様でフルリノベーションするのです。そこで活躍するのがインテリアデザイナー。
なかには抽象的なリクエストをしてくるクライアントもいるので、その要望をどう汲み取って具体的なデザインに落とし込み、設計・施工していくのかが腕の見せ所です。クライアントのイメージ通りにできあがり、満足してもらえたとしたら、インテリアデザイナーとしての評価はさらに高まるでしょう。

信頼性の高い仕事が将来に繋がる

インテリアデザイナーの仕事は、その人の個性やデザインの豊かさ、完成した空間の心地よさなどで評価が決まるといえます。さらに、クライアントのところに足しげく通い、何度も打ち合わせを重ねて、要望を聞きとり、図面に具体的なイメージを反映させた設計ができるなど、対応のしかたに注目されているようです。インテリアデザインの知識やスキルにおいて、専門性が高く優秀な手腕を発揮できる逸材であることはもちろんですが、信頼がなければできない仕事です。個人的な信頼を獲得することは、将来の仕事に繋がるのではないでしょうか。

関連する仕事の将来性もチェックしよう

インテリアデザイナーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路