• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • デザイン
  • 家具職人
  • 求められる人物は?適性を知る
家具職人に求められる人物は?適性を知る

家具職人に求められる人物は?適性を知る

全国のオススメの学校

家具職人の仕事は、素材の種類に応じて使用する機械や道具を変更するなど、手先の器用さと繊細な感覚を必要とします。立ちっぱなしで作業を行うことも多く、納期が近くなると作業時間が長くなります。こうした条件下でも気を緩めることなく作業を続行できる体力と精神力が必要です。わずかでも集中力が欠けると、大きな事故を引き起こす可能性が高まるからです。また、住環境や家族形態の変化、そしてトレンドの変遷などをいち早くキャッチし、そうした変化に対応した製品を作ることができる向上心も必要です。

手先の器用さ

家具職人の主な仕事は木材加工です。この仕事は、木材の種類に応じて使用する機械や道具を変更するなど、手先の器用さと繊細な感覚を必要とします。時には、手触りだけでミリ単位の誤差を判断することもあるそうですから、何事も雑に扱うような人には勤まらない職業といえるでしょう。

体力・精神力

仕事中は、立ちっぱなしで作業を続けることが多くなります。また、納期が近づくと残業時間が増え、わずかな休憩時間をはさんで長時間にわたって仕事を続けることも増えます。作業工程では機械類を扱うことが多いため、もし仕事中に気が緩んでしまうと、大きな事故が起こる可能性が高まります。しっかりとした体力や集中力は、家具職人に欠かせない能力といえます。

向上心

住環境や家族形態の変化、流行の変遷などにより、求められる家具は常に変化しています。家具職人はこうした変化に対応できるように、向上心を保ち続けることが重要です。そして多様化する素材の特性を理解し、知識や技術についても更新し続けることが必要です。更新を怠ってしまうと、古臭い家具ばかりを製造することになり、市場ニーズも次第に減少するでしょう。さまざまな変化を敏感にキャッチし、その変化の先を行くような先進性をもち続けることができる人こそが家具職人に向いているといえます。

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

関連する仕事の求められる人物・適性もチェックしよう

家具職人を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路