• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 下関市立大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 経済学部

公立大学/山口

シモノセキシリツダイガク

経済学部募集人数:450人

経済学部

初年度納入金
2018年度納入金(予定) 77万8810円~91万9810円  (詳細はお問い合わせください。)

募集学科・コース

経済学の専門知識を修得し、現代社会が直面する経済的・社会的諸問題を分析・解決するための論理的思考力を養う

実学を通じて国際的な視野と経営学の理論をそなえ、東アジアを中心とした国際社会に適応しうる人材を育成

地域社会で自ら積極的に活動し、地域活性化などコミュニティが抱える公共的課題を解決に導く力を身につける

学部の特長

学ぶ内容
経済学部
 カリキュラムは、基礎教育、教養教育、専門教育の3本柱とキャリア教育および少人数教育から成り立っている。
これらを段階的に学習することによって、論理的思考力、語学力、情報処理能力、豊かな教養、経済の専門性、就業力などを養うことができる。また、中国語と朝鮮語を第一外国語として学べるなど、外国語教育にも力を入れている。
 経済学科では、現代社会が当面する経済的・社会的諸問題にかかわる理論・政策・歴史を体系的に学習する科目を配置しており、これらの問題を自ら分析し理論的に表現する能力を養う。1・2年次にミクロ経済学・マクロ経済学・経済原論等の専攻基礎科目を確実に習得し、2年次から4科目群(A 金融・経済分析、B 財政・社会政策、C グローバル経済、D 地域経済・社会)の専攻基礎科目を幅広く学習する。3年次からは4科目群のなかから1群を選択し、同群の専攻応用科目を学ぶことを通じて専門性を高める。
 国際商学科では、経済学に加え商学・経営学の理論と実践を学ぶ。その上で、東アジアを中心としたグローバル・ビジネスやITを用いた経営管理、会計などのビジネス上の実務的課題に適応できる能力を養う。1・2年次に商学総論、経営学入門、国際経済学入門、簿記原理I、情報システム論などの専攻基礎科目を修得し、2年次から4科目群(A 国際・東アジア、B 流通・マーケティング、C 経営・経営情報、D 会計・簿記)の専攻基礎科目を幅広く学習する。3年次からは4科目群のなかから1群を選択し、同群の専攻応用科目を学ぶことを通じて専門性を高める。
 公共マネジメント学科は、経済学に加えマネジメントの理論と実践を学び、地域活性化等のコミュニティがかかえる公共的課題の対策を企画・調整するための、調査・分析・発表・コミュニケーション能力を養う。1・2年次にミクロ経済学、マクロ経済学、経営学入門などの専攻基礎科目を修得し、2年次から3科目群(A 公共政策、B マネジメント、C 地域社会)の専攻基本科目を幅広く学習する。また1年次から2年次の公共マネジメント実習を通じて、地域社会で公共的課題の現場を学び、3年次からは各群の専攻応用科目を学ぶことで専門性を高める。

就職率・卒業後の進路 

西中国信用金庫8、山口フィナンシャルグループ、日本生命保険各7、大和証券5、宮崎銀行4、トラスコ中山、西京銀行、損害保険ジャパン日本興亜、下関市役所、山口県警察本部各3など。

問い合わせ先・所在地

〒751-8510  山口県下関市大学町2丁目1の1 
TEL (083)254-8611 (学務グループ入試班直通)

所在地 アクセス 地図・路線案内
山口県下関市大学町2-1-1 JR「下関」駅からバスで約20~25分、山の田バス停下車、徒歩4分

地図

 

路線案内

※[学部・学科コース]は旺文社「大学受験パスナビ」の内容に基づいています(2017年8月時点)


下関市立大学(公立大学/山口)