• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 宮城
  • 東北工業大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 工学部

東北工業大学 工学部

最先端の技術を学び、豊かな社会を支える産業界のリーダーとなる

学べる学問
  • エネルギー・資源工学

    エネルギーを効率的に利用するための技術や新エネルギーの開発・研究

    従来からある化石燃料(石油や天然ガスなど)を、実験、実習を多用して研究し、原子力発電の改良、新エネルギーの開発などに役立てる学問。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 通信工学

    音声・画像を伝送するための新しい理論や技術を研究

    通信工学とは、パソコンやスマートフォンなどのコンピュータ関連やそれぞれをつなぐネットワークについて研究する学問です。通信とは、送信者から受信者へ情報を伝達すること。研究対象は、ハードウエアとソフトウエア、アナログからデジタルまでと多岐にわたります。数学と電磁気学を基礎とし。同時に、通信工学の基本となるコンピュータやネットワーク、プログラミングや電気回路などについて、座学と実験を通じて理解を深めていきます。IoT化が進むことを考えると、卒業後の活躍の場はあらゆる分野に広がっていくでしょう。

  • 電気工学

    新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う

    電気工学とは、電気にかかわるありとあらゆることを研究する学問です。エネルギーとしての電気の効率的な活用方法を考える分野、電気回路や半導体について研究する分野のほか、情報・通信や光など、その研究領域は多岐にわたります。まずは高校範囲の物理や数学を復習し、電気工学を学ぶ基盤を固めます。さらに、電磁気学や電子回路といった基礎科目を学び、各専門領域の基本を学びながら電気について理解を深め、専門の研究を進めていくことになります。私たちの生活に欠かせない電気は、あらゆるものづくりの基礎となるものです。知識と技術を生かせる場は非常に多く、卒業後の進路も、電気、機械、IT、建設などさまざまです。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

  • 建築学

    より高度に安全で快適な空間をさまざまな理論を使って作る

    安全・快適で、経済的な建築物の生産を研究。設計の他、建築構造、建築防災、環境工学などを学ぶ。室内設備から都市計画まで研究領域は広い。

  • 土木工学

    建物や道路など、社会を支える生活基盤を作る技術を学ぶ

    自然要因や社会的要因を考慮に入れながら、道路・鉄道・電気など、生活の根幹となるものの構築の方法と技術を、実験やフィールドワークを通して学ぶ学問。

  • 環境工学

    環境問題の原因究明と解決を目指す

    地球温暖化や酸性雨、熱帯林の減少などの地球環境問題や、大気汚染など環境汚染の原因を究明し、地球と地球上の生命を守りながら人間社会の発展を実現するための研究を行う。

  • 材料工学

    現代社会が求める新機能をもつ材料を開発

    材料工学とは、新たな材料を生み出すことや、それらを活用するための技術を開発・研究する学問です。「そのままでは有効活用が難しい」とされている物質でも、加工することによって利用価値の高い「材料」にできます。まず、化学、物理、数学といった科目と、材料工学の基礎を学びます。ここで物質の特性をしっかりと理解し、次のステップとして、現在使われている材料について、実験も交えて身につけていきます。金属、無機、有機材料について横断的に学ぶことで理解を深め、専門的な学びや研究へと進んでいきます。

bug fix
初年度納入金:2023年度納入金(予定) 159万8660円  (※入学金25万円含む)
bug fix

東北工業大学 工学部の募集学科・コース

3つの専門コースを設置し、最先端の電気・電子工学の研究によるエンジニアを育成

「Information×Communication」。より良い情報環境でもっと“つながる”未来を創造する

建設技術と公共政策。理系・文系の垣根を越えて、2つのコースで“魅力ある新しい地域づくり”を学ぶ

次代の環境問題に「工学」と「化学」、2つの観点から挑みます

東北工業大学 工学部のキャンパスライフShot

東北工業大学 3年生の後期には研究室へ配属となり、より深い専門知識を身につけていきます。
3年生の後期には研究室へ配属となり、より深い専門知識を身につけていきます。
東北工業大学 工業大学としての豊富な実験設備を使い、各分野のエキスパート人材を育成しています。
工業大学としての豊富な実験設備を使い、各分野のエキスパート人材を育成しています。
東北工業大学 授業や研究の合間にはラウンジで一休みする学生も。オンオフの切り替えにお勧めです。
授業や研究の合間にはラウンジで一休みする学生も。オンオフの切り替えにお勧めです。

東北工業大学 工学部の学部の特長

工学部の学ぶ内容

電気電子工学科
社会で必要とされる電気電子の分野の技術者に必要な知識と技術を修得します。3年次の後期から、電気電子工学を応用した3系に分かれる分野の1つの研究室に所属して研究・開発を行い、応用力・実行力を身につけます。
情報通信工学科
ソフトウェア・ハードウェア・画像処理などの情報処理技術と、無線通信・光通信などの通信技術、さらにそれらを融合したネットワークシステムなどを体系的に学べる北海道・東北エリア唯一の情報通信工学科です。
都市マネジメント学科
エンジニア・プランナー育成の教員が多く揃い、大切なまちの未来をマネジメントできる力を養います。2年次から、「エンジニア」(マネジメント力の高いエンジニア)、「プランナー」(プロジェクトリーダー)の2つのコースに分かれます。
環境応用化学科
材料開発とその管理・製造技術、環境調査と影響評価、エネルギーおよび環境保全技術について学び、化学産業の発展や持続可能な社会を実現していくための専門的な知識と技術を身につけます。

工学部の学生支援・制度

きめ細かな少人数制
先生との距離がとても近い少人数制教育が本学の伝統です。また、興味ある専門分野にいち早く触れ学年進行と共により高度な知識を修得することが本学の特色。専門分野をスムーズに学べるように、1年次に基礎学力の補充・強化を目的とした“高校と大学の橋渡し”をする講義を設けて専門分野の学問を幅広く学びます。その後2・3年次には卒業後を見据え焦点をしぼった履修コースを選択。各コースの履修モデルに沿って授業を選択し、より専門性の高い分野を学びます。

東北工業大学 工学部のオープンキャンパスに行こう

東北工業大学 工学部の入試・出願

東北工業大学 工学部の就職率・卒業後の進路 

■主な就職分野
公務員、設計・製造・開発技術者、システムエンジニア、データサイエンティスト、都市プランナー、化学プラントエンジニア等

東北工業大学 工学部の問い合わせ先・所在地

〒982-8577 宮城県仙台市太白区八木山香澄町35-1
0120-611-512(フリーダイヤル)

所在地 アクセス 地図・路線案内
八木山キャンパス : 宮城県仙台市太白区八木山香澄町35-1 仙台市営地下鉄東西線「八木山動物公園」駅から徒歩 10分
「仙台」駅から11・12番のりばバス 東北工大八木山キャンパス下車 25分 

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース
  • ライフデザイン学部
  • 建築学部

東北工業大学(私立大学/宮城)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

RECRUIT