• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 文化服装学院
  • 先生・教授一覧
  • 朝日 真先生(ファッションスタイリスト)

こんな先生・教授から学べます

ファッションとカルチャーの関係を教えてくれる先生

ファッションスタイリスト
服装科(2年制) 
朝日 真先生
先生の取組み内容

授業では服飾の歴史を教えています。時代ごとのファッションの変遷を知ることで、いま流行っている服飾のルーツがわかるようになりますし、次のトレンドを察知するヒントも見つかるんですよ。特に授業で力を入れているのは、1950年代から現在にいたるまでのファッションとカルチャーの関係。たとえば50年代に流行ったサブリナパンツやロカビリーファッションは、当時の映画や音楽から多大な影響を受けています。また60年代のモッズは、ロンドンの若者が発信源となったライフスタイル。ファッションは周期的に繰り返すといわれていますが、現在のトレンドには60年代、80年代の影響が色濃く見受けられます。さて、数年後のトレンドはどうなるのか…。授業を受けると、より楽しく、より奥深くファッションを考えられるようになります。

ファッションのプロとして活躍するには、服飾の専門知識や歴史を体系的に学ぶ必要があります

授業・ゼミの雰囲気

図書館や博物館の豊富な資料を活用したり、フィールドワークを行い、実践的にファッションを学習

男性のファッションはおよそ14世紀半ばから20世紀までの間、軍服から多くの影響を受けてきました。なぜなら動きやすさや耐久性など、機能性を重視してきたからです。現在のミリタリーファッションも、そうした流れの延長線上にあります。朝日先生が担当している必修授業『メンズデザインコース』では、男性のファッションやストリートファッションの歴史について探究。20人ほどの少人数制の授業で、学内の図書館や文化学園服飾博物館を活用したり、街でフィールドワークをしたりしながら、体験的な学習を行っています。

古今東西の服飾や資料が所蔵されている文化学園服飾博物館。朝日先生の授業でもよく活用しています

キミへのメッセージ

ファッションの知識と技術を学ぶための、素晴らしい環境が整っています

ファッションが好きな人にとって、文化服装学院はとても良い環境だと思います。著名なファッションデザイナーやスタイリストを育てた指導者が数多くいますし、図書館や服飾博物館などの施設・設備も充実しています。

「ファッションに興味がある人は、一度ぜひ文化服装学院を見学しに来てください。」

朝日 真先生

専門/近現代西洋服飾史、ファッション文化論
略歴/文化服装学院専任講師。早稲田大学文学部卒業後、文化服装学院服飾研究科を修了。その後、同校の講師に就任。研究論文:『近世以降における若者の反抗行動とファッション』『男子服における衿の変遷と考察』。雑誌『装苑』(文化出版局)ほか、ファッション誌へ多数寄稿。書籍『20世紀ファッション』(グラフィック社、2012年9月)を共同監修。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

文化服装学院(専修学校/東京)