• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 調理・栄養・製菓
  • 調理師
  • 求められる人物は?適性を知る
やりたいことを見つけよう!

調理師の求められる人物は?適性を知る

調理師に求められるのは、おいしくて質の高い料理を作ることです。確かな調理技術、食材に関する知識は基本です。それらを元にして料理を仕上げるには、味覚に敏感な舌が必須です。求める味にするにはどうすればよいか、それを決めるのは調理師の舌にかかっています。また、調理師として成長していくためには、定番料理の味は守りつつ、お客さまに飽きられないような新作料理を生み出す向上心や創造力が必要になります。

目利き

料理には魚介・肉・野菜・果実など、数多くの食材を使います。おいしい料理にするために、最適な食材を選ぶ目利きが求められます。旬はいつなのか、季節ごとに最も食材の良さを引き出す調理法は何かなどは、常に意識しなければなりません。時には各食材の生産現場に足を運んで、理想の食材を確保する行動力も必要です。

確かな舌

調理師は人に食べてもらうものを作る仕事です。食べた人においしいと言ってもらうには、味覚に敏感で繊細に味わい分けられる舌が必要です。仕入れた食材を生かすためには、どんな調味料を用いて、どのような調理法をすれば、一番いいのか。納得のいく食材を用いた料理を作るのは、確かな舌が求められます。

探求心と我慢強さ

花板・料理長や管理栄養士・栄養士から指示された料理を、指示通りに作ることは大切ですが、さらにおいしい料理にするにはどうすればよいのかを追究し続ける探求心・研究心が、調理師として一人前になるうえで必要です。新しいメニューや、食欲がわく盛り付けを考え出す創造力も求められます。また、料理の世界は、豊富な知識と経験が必要なため、毎日が修業です。どんな苦労にも前向きに取り組み、頑張り続ける忍耐力や我慢強さも、他の職業同様に求められます。

調理師に関連する記事

  • 高校生で起業ってアリ?

    世界屈指の大富豪であるビル・ゲイツが、高校在学中に起業したというのは、けっこう有名なエピソード。やはり才能のある人は、若いころから周りの一歩先を進んでいるよう。 アメリカと比べると、日本で高校生が …

  • 「おいしい」を自在に表現!世界を舞台にする調理師のお仕事

    「自分の腕と技術で勝負できる仕事に就きたい」。 和食創作料亭で料理長を務める金野伸也さん(27歳)は、進路で悩んでいた高校時代、「衣、食、住に関係する仕事に就きなさい」と担任の先生からアドバイスを …

調理師に関連する学問

調理師を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路