• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 語学(英語・その他)
  • 翻訳家
  • 今から役立つ経験を教えて
翻訳家になるために今から役立つ経験

翻訳家になるために今から役立つ経験

翻訳家になるために役立つことにはさまざまなものがありますが、まずは日本語の勉強をすることが基本だとある翻訳家は言います。そのほかに、高校生としてできる勉強や取り組みにはどのようなものがあるでしょうか。同時通訳としても活躍する翻訳家に聞いてみましょう。

社会情勢を知るくせをつけること

翻訳家になりたいなら社会情勢に明るくなることが大切だとある翻訳家は言います。
まずは、新聞を読むこと、そしてテレビのニュース番組を毎日見たり聞いたりすることから始めましょう。これは、英字新聞や外国語のニュースではなく、日本語の新聞やテレビのことです。今、社会で何が起こっているのかを知るくせをつけるようにするのです。
例えば、平日ならNHKの夜7時や9時のニュース番組を見ることを続けてみてはどうでしょうか。勉強の時間も必要ですから、食事をしながら耳だけでも傾けてニュースを聞くようにして習慣づけてしまうとよいでしょう。
新聞を読むのが難しければ、まずは見出しからはじめてみてください。興味がある内容だったら、自然と記事を読むようになっていくはずです。気になる記事があったら、翌日また新聞を読めば関連する記事が載っているので、少しずつ読む範囲が広がっていきます。そのうちに、知らない漢字を覚え、専門用語に明るくなっていくことでしょう。
社会がどう動いているかを理解しておくこと、経済について理解を深めておくことは翻訳家として言語を扱っていくうえで、とても大切なことになります。

本を読んで人の心の動きを知る

本はいろいろなことを教えてくれますから、たくさん読んでおきましょう。絵本や小説を翻訳する可能性があるので、人の心の動きが勉強できるような書物を読んでおくと、翻訳する際に役に立ちます。現代社会はネットからどんどん情報が入ってくる情報過多の世界で、情感や情緒、感受性といったものが薄れがちなため、人々の心が淡泊になりつつあります。情緒や感受性といった心理的な側面を文章から行間を汲み取って翻訳していかないと、読者には伝わりにくいものです。翻訳には社会の最先端をいくような技術翻訳と、情緒的な解釈を加えた絵本、小説、映画などの翻訳というように、いくつかの翻訳領域や翻訳のしかたなどがあることを覚えておいてください。

基礎を勉強することがなによりも大事

英語を勉強するなら、NHKの教育番組やジャパンタイムズのイングリッシュオンラインなどがいいそうです。基礎をしっかり学びましょう。ネットのYouTubeでも学ぶことはできますが、品質が悪いものがあるので注意が必要です。内容を見極めないと間違った英語や品のないスラングなどを学んでしまう危険性があります。どこから情報をとるかという問題はとても大きく、情報の取り方を間違えると言葉の質が大きく変わってきます。
また、海外ドラマや映画などを見て英語を学ぶという方法もありますが、一般的に流行りの言葉やスラングなどの乱れた言語が使われていることが多いので、あまりおすすめできないと、ある翻訳家は言います。
さらに、CNNやBBCなどの海外ニュースについては、使われている言語がハイレベルなので、学習の段階が進んでから触れたほうが効果的です。基礎をしっかりと学習することが、何よりも大切だということでした。

取材協力

轟 なぎさ

20歳からNHK通訳を経て上智大学と同時通訳者養成学校卒業後、プロ同時通訳者・技術翻訳者になり、PRコミュニケーション&会議通訳エージェント、アンクレアを設立。現在に至る。米国テンプル大学大学院にて教育学修士号及び博士号取得。300社以上の民間企業及び政府関連の同時通訳の就業実績20年以上の現役同時通訳者、技術翻訳者、英語講師、マーケティング&PRコミュニケーション業務にて多数PR企画実施中。

全国のオススメの学校

翻訳家を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路