• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 語学(英語・その他)
  • 翻訳家
  • 持ち物を見せて!
翻訳家の持ち物を見せて!

翻訳家の持ち物を見せて!

翻訳家は基本的に自宅で仕事をするので、通勤することはありませんが、同時通訳をする際は、現場に出かけていかなければなりません。そのときに必ず必要なもので、本邦初公開となるものとはいったい何でしょうか。同時通訳を手がける、ある翻訳家のカバンの中身について紹介しましょう。

カバンの中には重要なものばかり(左から時計回り)

カバンの中には重要なものばかり(左から時計回り)

・ヘッドフォン
ノイズキャンセリングのついた高音質なヘッドフォンです。プレゼントでもらって以来、愛用しているそうです。同時通訳で利用するツールとして欠かせないので、とても大切にしていて、専用のケースに収納して保管します。
・ノート
初公開のノートです。中身は業界に特化した専門用語ばかりのいわゆる単語帳です。インターネットで手に入らない情報も書いてある完全オリジナルです。自分の知識を構築できないとプロとしてはやっていけないので、各企業や業界ごとに作っていて、何十冊ももっているそうです。ここに書いてあることが決め手になるので、いわば、同時通訳や技術翻訳に関する企業秘密と言えます。プロだけに必要なツールの一部であり、個人で研究して積み上げた宝物です。人によりますが、一流の通訳者になるとそれぞれのやり方でこのようなツールを構築しているそうです。仕事が増えればそれだけ溜まっていくので、これまで仕事をしてきた証でもあります。いくつものノートを保有して会議や翻訳の仕事に活用することで、高いレベルを保つため、信頼性を得ることができます。すると、次の仕事に結びつくので、とても大切なノートです。
・スマートフォン
最近では、スマートフォンは必須のもち物になっているそうです。調べものをする際はネットをつないでスマートフォンでおこないます。海外ではWi-Fiが繋がるところが多いので、パソコンとスマートフォンがあればWi-Fiでほとんどのことができて便利だということでした。
・電子辞書
X-WORDという電子辞書です。かつては重宝していましたが、スマートフォンをもつようになってからは、スマートフォンが電池切れしたときと、海外などでネット回線がつながらないときに使用するので、予備のためにもっています。
・手帳
写真には写っていませんが、そのほか、スケジュールなどのこまごましたことを書き留めている手帳をもち歩いています。
・化粧ポーチ
翻訳者としては家で仕事をするため、化粧ポーチはここには写っていませんが、同時通訳として人前に出る場合は身だしなみには気をつけているそうです。ビジネスマナーを優先したスタイルで人と会うことを心がけると言います。人と会うのが好きなこともあり、翻訳の仕事よりはどちらかというとライブ感がある同時通訳の方が好きなのだとか。大きな国際会議の通訳になると、ブース通訳といって金魚鉢のようなガラス窓に囲まれたところに入って通訳をするそうです。人に会わずに、音声だけで伝えるのは寂しく感じたため、企業での同時通訳として、同じ会議室のなかで空気をともにして人と接しながら仕事をするほうが楽しく仕事ができると話してくれました。

取材協力

轟 なぎさ

20歳からNHK通訳を経て上智大学と同時通訳者養成学校卒業後、プロ同時通訳者・技術翻訳者になり、PRコミュニケーション&会議通訳エージェント、アンクレアを設立。現在に至る。米国テンプル大学大学院にて教育学修士号及び博士号取得。300社以上の民間企業及び政府関連の同時通訳の就業実績20年以上の現役同時通訳者、技術翻訳者、英語講師、マーケティング&PRコミュニケーション業務にて多数PR企画実施中。

全国のオススメの学校

関連する仕事の持ち物もチェックしよう

翻訳家を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路