• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 語学(英語・その他)
  • 翻訳家
  • ズバリ!将来性は?
翻訳家のズバリ!将来性は?

翻訳家のズバリ!将来性は?

ビジネスの国際化、インターネットの普及によって、翻訳家を取り巻く環境は変化しています。従来は専門知識に長けて、語学力が堪能ということから翻訳家が果たす役割は大きなものでしたが、現在はITの発達に伴って個人事業者が増加し、従来よりも翻訳家になりやすい環境のようです。
ただし、国際化により翻訳家のニーズは高まっているので、技量が高く、専門分野を持っていれば、仕事の幅が広がる可能性はあるといえるでしょう。

ネットの普及によるメリットとデメリット

インターネットの普及は翻訳家にとって大きなメリットとデメリットをもたらしました。メリットは、世界中の最新情報やユニークな話題を得る機会が増えたことで、メディア関係からの需要が増えてきたことです。デメリットは、ITの発達によってSOHO(スモールオフィス・ホームオフィス)や個人事業者が増加したように、翻訳家への道も容易になってきたことです。副業で始める人も多くなったため、競争が激しくなり、翻訳単価が下がってきました。
こういう状況のなかでチャンスをつかみとるには、技量や専門知識、センスのある表現力を身につけることが必要です。

英語以外の言語に注目

中国語をはじめとするアジア圏の言語やアフリカ圏の言語はまだ携われる人材が少なく、2020年の「東京オリンピック・パラリンピック」に向けて急速にニーズが高まると予想されます。
現在存在する言語はアジアだけでも2000以上、世界では6000以上が存在するといわれています。専門知識と英語以外の言語を身につけることで仕事の幅は広がるでしょう。

全国のオススメの学校

関連する仕事の将来性もチェックしよう

翻訳家を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路