• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 語学(英語・その他)
  • 翻訳家
  • 志望動機を教えて!
翻訳家の志望動機を教えて!

翻訳家の志望動機を教えて!

翻訳家となる人の多くが、外国語に触れるのが好きということが前提にあるようです。
翻訳家は、仕事のたびに新しい情報が増えて知的好奇心を刺激してくれる仕事です。それは、文芸翻訳でも実務翻訳でも、映像翻訳でも言えることでしょう。特に自分の好きなジャンルの知らない情報に触れたときは、ワクワクするものです。それがやりがいにつながるので仕事しているのが楽しいという人は多いようです。しかし、新しい情報が得られるということは、仕事のたびにそれらの情報をどのような言葉で伝えようかと悩むことにもつながります。知的好奇心を刺激してくれるのと同時に、それが翻訳の難しい部分でもあることは知っておきましょう。

仕事のたびに新しい知識が増えていくことが楽しい

英会話教室やさまざまな国際交流、洋画が好きなど、外国語に接する機会があったことから翻訳家を目指す人は多いようです。外国語に触れることを楽しく思えることはもちろん、好奇心旺盛で、仕事のたびに新しい知識が増える仕事であることにも魅力を感じ、翻訳家を志望したという声もよく聞かれます。また、洋画が好きだったことから翻訳に興味を持ち、翻訳家を志すという人もいるようです。

英語が好きで没頭できる仕事がしたくて

外国語に触れることが好きで、学んだ英語の知識を生かすことができ、また好きな英語に集中して仕事をすることができる翻訳家に憧れを抱いたという人もいるようです。また、言語を学ぶうちに日本語の美しさに気づいて興味を持ち、英語を美しい日本語で表現できるようになりたいと思う人もいるようです。

働き方の自由度が高い

会社に所属し、専門知識を生かして翻訳することも多いのですが、それと同時に、フリーランスとして働く選択肢もあるのが翻訳家で、翻訳する技術と知識、英語能力があれば、年齢に関係なく始めることもできます。また、自宅で行う人も多いことから、子育て中の女性などにも人気があるほか、副業として行う人もいます。働き方の自由度が高く、自分のスタイルに合った働き方を選択しやすい職業として志望する人もいるようです。

全国のオススメの学校

関連する仕事の志望動機もチェックしよう

翻訳家を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路