• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 語学(英語・その他)
  • 翻訳家
  • なるには
翻訳家になるには

翻訳家になるには

翻訳家になるには、必須の資格はありませんが、大学の英文科や外国語大学出身の人が多い職業です。また、翻訳専門の学校も数多くあるので、進路先の選択肢は多いといえます。
翻訳家に必須なのは語学力です。語学力を磨き、就職の際のアピールポイントにするためにも、英検やTOEICはもちろんのこと、語学に関するさまざまな資格を取得したほうがよいでしょう。
そのほかにも海外の文化や風習、政治経済についての知識はあったほうが就職にも有利になるため、海外留学の経験があるとよりよいでしょう。

外国語学部のある大学

英文科、または外国語大学で語学を学ぶことが近道になります。中でも語学教育で評判の高い学校を選ぶことが必要です。
英語の翻訳家になる最低条件として、英検1級やTOEICR900点以上は必要です。また、英語以外の語学を身につけておくと就職に有利に働くことがあります。

人脈を作るのに有利な専門学校、翻訳スクール

翻訳家を目指す人のための専門的な学校も充実しています。多くは翻訳会社が経営していたり、現役の翻訳者から教わることができることもあります。翻訳業界と直接的に関わっていることも多いことから、人脈を作ったり、翻訳家を目指す仲間がいるなど、さまざまなチャンスが広がっています。

取っておくべき資格

英語の翻訳をするうえで、英語検定1級、TOEICR900点以上の2つをクリアしていることは必須といえます。そのほか、一般社団法人日本翻訳協会が主催する、「JTA公認翻訳専門職資格試験」、厚生労働省認定の「翻訳技能審査」などを取得しておくと、就職や仕事にも有利になります。
英語以外の言語で翻訳家を目指す場合でも、各種外国語の実用技能検定があるので、チャレンジしてみましょう。

全国のオススメの学校

関連する仕事のなる方法もチェックしよう

翻訳家を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路