• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 語学(英語・その他)
  • 翻訳家
  • 学校の選び方
翻訳家の学校の選び方

翻訳家の学校の選び方


翻訳家を目指すには、外国語学部のある大学や、語学教育に強い短大、外国語大学のほか、翻訳専門学校や翻訳スクールといった進路があげられます。大学や短大の場合、留学制度があるなら、ぜひ利用したいものです。なぜなら、翻訳するにはその国の文化や歴史までも知っておくべきであり、実際にその国に身を置くことで深く知ることができるのです。

英文科、外国語学部のある大学・短大

英文科、または外国語大学など多種多様な言語を扱っている大学で、専門的に学べる環境が必要です。大学院などで語学研究をして、翻訳家になる人も多いようです。
また、海外に留学経験があり、その国の文化や事情に詳しいと就職の際にも有利です。しかし語学だけが優秀であればいいということはありません。外国語以上に、日本語の表現力が求められるので、日本語能力を高める勉強も行える大学を選ぶとよいでしょう。

専門学校、翻訳スクール

翻訳家を目指す人のための専門的な学校の多くは、翻訳会社が経営していたり、現役の翻訳家から教わることができます。また、実務翻訳コース、文芸翻訳コースなどに分かれていて、より専門的な知識を学ぶことができます。実践力を鍛えるならこちらのほうが有効かもしれません。
また、そういう学校は、翻訳業界と直接的にかかわっていることも多いことから、仕事の紹介やネットワークを広げることもできます。仕事の紹介実績や人脈の広さ、そして課程修了後には仕事につながる実績がある学校を選ぶようにしましょう。

全国のオススメの学校

関連する仕事の学校の選び方もチェックしよう

翻訳家を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路