• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 調理・栄養・製菓
  • 料理研究家
  • 求められる人物は?適性を知る
料理研究家に求められる人物は?適性を知る

料理研究家に求められる人物は?適性を知る

常に食べ物にまつわる情報にアンテナを張り、「考える」「作る」「食べる」を日々繰り返す料理研究家にとって、最も大事な資質は「食」が大好きであることです。
レシピ作りは答えのない奥深い世界でもあるので、現状に満足せず、自分の腕を磨きながら根気よく努力を重ね続ける姿勢も必要です。
また、これまでにない新しいアイデアを生み出すためには、既存の考え方に囚われない柔軟な発想力も大切になるでしょう。

「食」への興味・関心

365日、明けても暮れても「食」に触れ、「食」について考えているのが料理研究家です。例えばレストランで口にしたメニューについて、「食材は何と何で、味付けはあれとこれ」「この食材にあれを合わせたらおいしそう」とつい想像してしまうような探究心が求められます。
これまでにない新しいレシピを生み出すということは、並大抵のことではありません。1つのレシピが生まれるまでには想像以上の時間がかかりますし、失敗も当たり前です。心から「食」に興味がないと務まらない仕事と言えるでしょう。

創造力と発想力

レシピはさまざまな食材や調味料のコンビネーションです。
料理研究家には「食」への興味に加えて、ものづくりを楽しめる創造力が不可欠です。「次は○○をテーマに、こんな味を楽しめるレシピを開発しよう」とイメージを膨らませて、それを実現するための方法を考えて実践することにおもしろさを考えられる人は、料理研究家の適性があります。
新たな「食」のトレンドを巻き起こしていくためには、ほかの人が考えつかないような斬新なアイデアを思いつける豊かな発想力も必要になるでしょう。

挑戦と根気

新しいレシピを完成させるためには、意外な食材と調味料の組み合わせに挑戦してみることはもちろん、食材の下ごしらえをして、調理をして、試食をして、微調整をして…という作業を何十回、何百回と繰り返す根気強さが必要です。レシピの完成度を高めるためには、妥協は禁物です。チャレンジ精神と向上心をもち、地味な努力を続けることも、料理研究家として大成するためには避けて通れない道であると言えるでしょう。

情報感度の高さ

食材も調味料も日々新しいものが開発されています。海外でブームになったものが日本に上陸して注目を集めるというパターンも多くありますので、国内外問わず「食」に関する情報に敏感であることが求められるでしょう。情報を自身の糧にするためには、まずは自分の舌で味わって、知識かつ経験として蓄積していくことが大切です。誰かの真似をしているだけでは料理研究家として頭角を現すことはできませんので、世の中の動きや人々の心を分析しながら、「これからの時代に受け入れられる料理ってなんだろう?」と自分の頭で考えることを意識しましょう。

アレルギーや衛生面に関する知識

人の口に入るものを手がけるということは、人の命を預かるということです。食物アレルギーや食中毒などの知識を備えておくことは、プロとして果たさなくてはいけない責務と言えます。誰もが安心して「食」を楽しめるように尽力することもまた、「食」の楽しさを万人に広める料理研究家に求められる役割といえるでしょう。

個性とセルフプロデュース力

メディアでよく顔や名前を見かける料理研究家は、おしゃべりや立ち振る舞いが独特だったり、自身の経歴や肩書を生かしたレシピの見せ方をしていたり、ほかの人がこれまで扱っていなかったテーマに切り込んだりと、みんな、それぞれにオリジナリティーをもっています。ただレシピが魅力的であるだけでは、なかなか人の注目を集めることはできません。料理研究家として自分をどう見せるのか、どう世の中に売り出すのかを考え実行できる力も、今の時代に必要な能力だといえるでしょう。SNSやブログなどの自己発信ツールを使いこなすスキルもそのうちの1つです。

取材協力 料理研究家 西岡麻央

全国のオススメの学校

料理研究家を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路