• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 岡山理科大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 経営学部

私立大学/岡山・愛媛

オカヤマリカダイガク

経営学部

マーケティングとデータサイエンスで、新しい価値を創造する人材を育てる経営学部

学べる学問
  • 歴史学

    日本や世界各国の歴史と文化を研究する

    人間の文化、政治、経済などの歴史上のテーマを、それがどのように起こり、どんな意味をもつのか、資料や原典にあたり、実証的に研究、現代に生かしていく学問。

  • 法学

    法律の解釈や運用のしかたを学ぶ

    国家と国家、個人と個人の利害の対立や意見の不一致を調整するためのルールである法の精神を体系的に学び、法の役立て方を追求する。

  • 政治・政策学

    行政・都市・民族・外交・産業など多方面から政治のあり方を考える

    政治学では、理論と実例研究を通して国際社会や国家、地域社会などの政治現象を研究する。政策学は、フィールドワークを基礎にした問題発見・解決型の社会科学。

  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 商学

    企業活動を客観的に評価するための理論と実践を学ぶ

    商学は、物を売り買いする、いわゆる商売(ビジネス)や企業の経営について学ぶ学問です。この学問に固有の理論や分析方法はなく、経済学や心理学、社会学といった学問分野の理論を応用して研究を進めます。いわば、さまざまな学問の詰め合わせ的な性質を持った学問といえるでしょう。

  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 国際関係学

    世界各国の関係を知り、国際社会の問題を研究する

    国際社会に存在するさまざまな問題解決に向けて、国家地域間の比較やその地域の政治、経済、文化などを、調査や現地研修などを通して分析研究する。

  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 警察官

    日々の防犯活動と、事件・事故の迅速な解決が要。人々の生活と安全を守る

    社会の治安を守るために、個人の生命や身体、財産を保護し、犯罪の予防や鎮圧、捜査、被疑者の逮捕、交通の取り締まりなどを行う。警察官には、巡査、巡査長、巡査部長、警部補、警部、警視、警視正、警視長、警視監、警視総監といった階級がある。

  • 会社経営者

    会社の業績、戦略判断、すべてに関して最終判断と責任を負う

    会社が活動を行う上での、事業戦略、資金対策、取引先対応、社員管理などあらゆる問題について、次の方向を示したり難しい決断を下したりする最高責任者。大企業以外では営業活動の第一線で活躍していることも少なくない。

  • 営業

    商品や企画を売るため、企業の最前線で活躍する

    取引先の開拓と、営業活動を行う。取り扱う商品により営業方法も異なり、店舗営業型、ルート営業型、窓口営業型、新規開拓型営業などさまざま。どちらにしても会社の利益をあげるための重要な仕事。売り上げを伸ばすためには、自分の提案内容や、お客様との人間関係が大きなポイントとなる。

  • 販売・接客・サービス

    お客様が快適なひとときを過ごしたり、買い物を楽しんだりできるようサービスを提供

    ショップやレストラン、ホテルなどでお客さまに応対する仕事。お客さまが快適なひとときを過ごしたり、不便なく買い物を楽しんだりできるよう最適なサービスを提供する。販売では、商品に対する質問に答え、適切な助言を与える。お客さまの買い物アドバイス以外に、販売事務、商品管理、レジスター、苦情処理、顧客情報の収集などの仕事にもあたる。相手が何を望んでいるかをくみ取ってコミュニケーションする力が求められる。また、相手に好印象を与える接遇マナーも必須の仕事だ。

  • 企画・調査

    会社の事業戦略のおおもとになるデータを収集・分析し戦略の方向性を示す

    民間企業などで、事業戦略を定める際、その基礎となるさまざまなデータを収集し戦略の方向性を示す仕事。業績の詳細な分析、市場規模や消費者のニーズの調査、予算シミュレーションなど、緻密な作業と分析力が必要とされる。あらゆる業種の企業にあり。

  • 銀行員

    融資や預金、為替などの業務などを通して社会のお金の流れを支える

    メガバンクや地方銀行、信用金庫・信用組合、ネット銀行などで働き、社会のお金の流れを支える仕事。銀行の主な業務は、顧客のお金を預かる預金業務、利息をつけてお金を貸し付ける貸付業務、振り込みや手形の発行などの為替業務、国債などの債券の売買、投資信託などの金融商品の販売など。なかでも代表的な仕事の一つが融資担当。顧客からの融資の依頼を受け、顧客の返済能力などを分析しながら融資が可能かどうかの判断をし、融資額や融資内容を判断する。顧客が企業の場合は経営のアドバイスなどをすることも。

  • 税理士

    納税の手助けをする仕事

    個人や企業の依頼に応じて、所得税、法人税、消費税、事業税、固定資産税など税務署に申告したり納税手続きを取る際の代行。また、会計帳簿の記帳や決算書の作成、その他の会計関係の指導や相談にも携わる。最近では、各社業務の合理化が図られているため、仕事の範囲や経営や財務の相談など税務処理以外にも広がってきている。

  • 観光局スタッフ・地域コーディネーター

    各国の観光局で観光案内を行う

    観光局スタッフは、各国の窓口となり、政府に代わって観光案内を行う。情報収集や本国とのやり取りがあるため、その国の語学が堪能であることは必須。メディアに対してPRすることも重要な仕事だ。地域コーディネーターは、まちづくりのキーパーソンとして、地域の課題を探り出し、地元のヒトやモノを結びつける新たな事業を生み出していく仕事。たとえば、地元の若者と企業をつなぐインターンシップ事業や地域独自の観光資源を生かした新たなツアーの企画など、さまざまな取り組みが実践されている。

bug fix
初年度納入金:2020年度納入金(予定) 120万円  (入学金22万円を含む)
bug fix

募集学科・コース

経営学科

キャンパスライフShot

岡山理科大学 「マーケティングと戦略」、「データサイエンスと情報活用」、新たな価値を生み出す背景を探る「制度と文化」の3つの領域を学ぶ
「マーケティングと戦略」、「データサイエンスと情報活用」、新たな価値を生み出す背景を探る「制度と文化」の3つの領域を学ぶ
岡山理科大学 マーケティングやデータサイエンスを武器に、企業とのコラボレーションを通じ商品開発や提案を実践する「イノベーション・ラボ」
マーケティングやデータサイエンスを武器に、企業とのコラボレーションを通じ商品開発や提案を実践する「イノベーション・ラボ」
岡山理科大学 「マーケティング」、「消費者行動」、「イノベーション」など約20の専門研究室から関心の高いテーマを選び、卒業研究に取り組む
「マーケティング」、「消費者行動」、「イノベーション」など約20の専門研究室から関心の高いテーマを選び、卒業研究に取り組む

学部の特長

学ぶ内容

サイエンスで経営が変わる。社会が求める「価値を創造し、実行できる」人材を育成
これからの社会の発展に寄与するために、既存の経営学のみならず新しいことを生み出し「モノ」「コト」を進化させる力が求められています。本学部では、顧客へ魅力ある価値を提案する「マーケティングと戦略」、ビッグデータの中から価値を見出す「データサイエンスと情報活用」、新たな価値が生まれる背景を探る「制度と文化」、これら3つの専門領域に加え、価値づくりにつながる実践型フィールドワークを導入。文系や理系の壁を取り払った「サイエンスで経営が変わる」学びをテーマに、企業や地域に新しい価値を創造する人材を育成します。

カリキュラム

顧客へ魅力ある価値を提供する「マーケティングと戦略」
現在の企業活動においては、製品およびサービスそのものの価値だけでは差別化が難しいとされています。“優れた製品やサービス”を創り、販売する、という「交換価値」ではなく、製品やサービスを“顧客が使用する”現場に注目し、魅力的な価値を提案したり、顧客と一緒に価値を創り出したりする理論と実践を学び、研究します。
ビッグデータから新たな価値を見出す「データサイエンスと情報活用」
ビッグデータ(WEB等に蓄積された、事業に役立つ知見を導出するためのデータ)という情報改革によって、ビジネスや市場、社会に至るまで、その在り方が変化しようとしています。企業においては、新しい価値を創出するためのデータ分析力こそが競争において優位に立つための要件。ビッグデータ分析の意義と経営の目線でデータを収集、分析、活用する方法を実践的に学びます。
新たな価値が生まれる背景を探る「制度と文化」
グローバリゼーションが急速に発展した今、サービスを提供するにも、地域社会を発展させるためにも、人々がその地域固有の文化をはじめとする様々な文化の魅力を味わいつつ、制度を理解した上で地域やサービスの価値を世界に向けて発信することが重要です。そのために必要となる法律や文化、心理学等を学びます。

実習

学生が主役となり、企業と本気でコラボレーション。経済的付加価値の創造を狙います
3年次の演習授業「イノベーション・ラボ」では、日本を代表する企業および岡山県内を代表する企業や自治体とコラボレーションし、企業や自治体が抱える問題や課題に挑み、経済的付加価値を創造することを狙いとしています。提携先のパートナー企業から派遣されるリーダーと、担当専任教員の指導のもと、テーマごとに集まったチームメンバーで話し合い、目標設定、進行計画の立案、役割分担などの意思決定を行い、学生自身が主体的に課題解決に取り組みます。

学生

学生が外国人向けの旅行プランを開発。台湾での1000人アンケートで岡山を再発見
経営学科の学生が企業からの依頼で「学生の視点で岡山を再発見する」という目標を掲げ、岡山県の魅力を外国人に伝える旅行商品の開発に取り組みました。台湾・致理科技大学の学生の協力を得て、台湾の駅前や大学で1000人アンケートを実施。参加した学生は「瀬戸大橋やロケ地巡りへの関心が高く、驚きました。江戸時代の宿場町がそのまま残されている矢掛町など、隠れスポットも紹介したい」といいます。この課題解決型学習を導入した山口隆久先生いわく「読売旅行やタイガーエア台湾といった企業の前でプレゼンする貴重なチャンス。著しい成長につながりました」。今回の経験をアピールし、台湾進出に積極的な企業に内定した学生もいるとのことです。

就職率・卒業後の進路 

【想定される主な活躍分野・業界】金融、製造、小売、サービス、商社など各分野の民間企業、国家・地方公務員、中学校・高等学校教員など

問い合わせ先・所在地

〒700-0005 岡山市北区理大町1-1
フリーコール 0800-888-1124(受験生ホットライン/入試広報部)

所在地 アクセス 地図・路線案内
岡山キャンパス : 岡山県岡山市北区理大町1-1 JR岡山駅西口発 岡山理科大学行市内バスで 20分 「岡山理科大学」下車
JR法界院駅から徒歩 20分

地図

 

路線案内


岡山理科大学(私立大学/岡山・愛媛)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る