• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 常葉大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 法学部
  • 法律学科

私立大学/静岡

トコハダイガク

法律学科

定員数:
160人

法的なものの考え方「リーガルマインド」と知識を身につけ、社会に貢献できる企業人、公務員を育成します。

学べる学問
  • 法学

    法律の解釈や運用のしかたを学ぶ

    国家と国家、個人と個人の利害の対立や意見の不一致を調整するためのルールである法の精神を体系的に学び、法の役立て方を追求する。

  • 政治・政策学

    行政・都市・民族・外交・産業など多方面から政治のあり方を考える

    政治学では、理論と実例研究を通して国際社会や国家、地域社会などの政治現象を研究する。政策学は、フィールドワークを基礎にした問題発見・解決型の社会科学。

  • 総合政策学

    学問分野の枠を超え、現代の社会問題解決に向けて研究する

    複雑化・国際化した現代社会の課題を解決するための政策立案・遂行に向けて、学問の枠を超えて研究し、問題の解決手法を探る。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 警察官

    日々の防犯活動と、事件・事故の迅速な解決が要。人々の生活と安全を守る

    社会の治安を守るために、個人の生命や身体、財産を保護し、犯罪の予防や鎮圧、捜査、被疑者の逮捕、交通の取り締まりなどを行う。警察官には、巡査、巡査長、巡査部長、警部補、警部、警視、警視正、警視長、警視監、警視総監といった階級がある。

  • 消防士

    火災や災害の現場で人命を守り、防災にも努める

    火災から人命、財産を守るとともに火災、水難、地震などの災害による被害を極力軽減し、予防にも力を注ぐ。建設物の防災上の安全確保の検査、ガソリンスタンドなどの危険物施設の許可行政、危険物取扱者に対する指導などもその仕事の一つ。

  • 国税専門官

    調査・指導で適正な納税を促す

    適正な納税額が申告されているか調査・検査を行う国税調査官、納期限までに納付されていない税金の催促や滞納処分を行う国税徴収官、悪質な脱税嫌疑者の家宅捜査など強制捜査を行い告発する国税査察官に分かれる。納税者の正しい申告についての指導も行う。

  • 自衛官

    日本の領土と国民を守り、国際社会の平和を担うプロ集団

    自衛官は、日本の領土、領海、領空を守ることを使命とした職業です。外部勢力から国を守る防衛、大規模災害などの事態への対処、国連平和協力活動(PKO)に代表される国際貢献がおもな任務です。防衛省の実動組織としての自衛隊には、陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊の3つの組織があり、自衛官を志す人は、いずれかを志望先として選択することになります。高校卒業後の進路には、自衛隊の中核となる一般曹候補生、2年または3年の期間限定で勤務する自衛官候補生があります。さらに防衛省には、幹部自衛官を養成する機関があり、国家公務員の業務として学業に臨むコースもあります。

  • 裁判所事務官

    裁判のスムーズな進行と、裁判所の運営を事務面からサポート

    裁判所事務官は、司法にまつわる事務のエキスパートです。裁判所の組織は「裁判部門(裁判部)」と「司法行政部門(事務局)」の2つに分けられ、それぞれの部門で裁判所事務官が活躍しています。裁判部門の裁判所事務官は裁判所書記官のもとで各種裁判事務を担当し、司法行政部門の裁判所事務官は事務局で裁判所の運営に必要な、人事や会計などの事務を担当します。仕事内容はそれぞれ異なりますが、いずれも裁判および裁判所を支える縁の下の力もちと言えるでしょう。裁判所事務官になるには、裁判所が実施する「裁判所職員採用試験」に合格することが必要です。給与水準や待遇面は国家公務員と同等であることから、志望者は多く、採用試験の競争率は非常に高くなっています。

  • 法務

    企業内の法律のスペシャリスト

    企業の法務部などで、法律の専門知識を活かして働く。たとえば商標などの知的所有権を守る、訴訟など法的トラブルが起こった場合の対処などを担当。また、海外との取り引きでは、国際法や、取り引き相手の国の法律の知識を生かして、必要な書類を作ったりする。

初年度納入金:2019年度納入金(参考) 123万円 

学科の特長

学ぶ内容

全てが社会に役立つ「法」の学び
「法学」を学ぶことは社会の仕組みを知ることです。グローバル社会の中で、これからの日本と地域を担う知識とスキルを身につけ、地域で活躍できる人材、地域を活性化し、地域に貢献できる人材、企業課題に対して企業法務の観点を踏まえて解決を図る人材などの育成をめざします。
キャリアに直結した学びと2年次から選べる2つのコース
1年次では、総合大学ならではの充実した教養科目で興味の幅を広げ、多様な知識を身につけます。2年次から、「公共政策コース」では、世界の中で地域を創る、市民社会の担い手を育て、「法律総合コース」では、新たなビジネスの創出を支える企画立案能力と法的なトラブルの解決能力を身に付けた人材を育てます。

カリキュラム

きめ細やかな指導を大事にする少人数教育
1年次から少人数ゼミナール「法学・政策学基礎演習I」を開講。身近な生活や話題の事件などの事例について教員と学生がディスカッションを行い、問題解決法を学び、論理的思考や政策立案力を身につけ、2年次以降の専門科目につなげていきます。単なる法律知識にとどまらず実践的な法律の活用方法について学びます。
  • point 地域貢献センター

    地域貢献センターから始まる新しい学び

    2018年4月に地域貢献センターを設立しました。地域と学生及び教職員をつなぐ役割を担い、連携・交流の強化を図ることで、今まで以上に地域に寄り添った支援が可能になりました。地域貢献センターでは、地域の課題解決に向けて主体的に活動していく学生を支援しています。

    常葉大学のカリキュラム

授業

就職力を高める課外講座
公務員試験対策に特化した専任教員を置き、課外講座として「公務員試験対策講座」を無料で開講。専任講師が最新の公務員採用試験の傾向を分析し、徹底した試験対策を1年次より行います。その他「ビジネス実務法務検定対策講座」などの課外授業も実施。キャリアイメージに合った専門知識を幅広く学んでいきます。
地域に根差し、貢献する産官学連携活動
公開講座の開催、地域の行政や企業と連携したパネルディスカッションの実施など、地域と密接に連携した活動を行っています。また、地域活性化の政策提言や調査結果の報告など地域貢献を目指した学習を通して、知識習得にとどまらず、企業・行政の中での実践的な法律の活用法について学びます。

実習

自治体や公共団体で行うインターンシップ
行政の現場に赴き、実際に公務員の業務に触れることで行政の仕組みを学ぶとともに地域社会に参画する重要性を理解し、実践する力を養います。また実習活動が地域社会におけるネットワークの形成と活性化につながることを体感。公務員志望の学生は、インターンシップを通して自分の適性やキャリアイメージを明確にできます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 司法書士<国> 、
    • 宅地建物取引士<国> 、
    • 行政書士<国> 、
    • ビジネス実務法務検定試験(R) 、
    • 知的財産管理技能検定<国> 、
    • ファイナンシャル・プランニング技能士<国>

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    静岡県警察 、 静岡県庁(学校事務) 、 静岡市役所 、 藤枝市役所 、 沼津市役所 、 遠州鉄道 、 マイナビ 、 シャンソン化粧品 、 清水銀行 、 静岡市社会福祉協議会 ほか

※ 2018年3月卒業生実績

入試・出願

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒422-8581 静岡市駿河区弥生町6-1
054-263-1126(入学センター)

所在地 アクセス 地図・路線案内
静岡水落キャンパス : 静岡県静岡市葵区水落町1-30 JR「静岡」駅から徒歩約15分
静岡鉄道「日吉町」駅から徒歩約5分

地図

 

路線案内


常葉大学(私立大学/静岡)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る