• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 川崎医療福祉大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 医療福祉学部
  • 子ども医療福祉学科

私立大学/岡山

カワサキイリョウフクシダイガク

子ども医療福祉学科

募集人数:
80人

病児・病後児・発達障がい児を含む、「あらゆる子ども」の支援者を育てる

学べる学問
  • 教育学

    よりよい教育とは何かを様々な角度から研究する

    講義や教育実習を通して、人間が育っていくプロセスのさまざまな問題を研究していく。学校の他、家庭や社会、産業など多方面から人間教育を考え、理論や目的、指導方法などを学ぶ。

  • 保育・児童学

    子供の成長や健康を研究し、保育、教育に役立てる

    子どもの心と体の発達を総合的にとらえ、成長によりよい教育や環境を考える学問。児童心理学、児童保健学、児童福祉学、児童教育学、児童環境学、児童文化学などの研究領域がある。

  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

目指せる仕事
  • 幼稚園教諭

    “子どもが好き”を原点に、一人ひとりの個性を育てる

    毎朝登園した幼児の健康状態をチェックし、音楽、絵画、運動や遊びなどの指導をする。幼児は体調を崩しやすいので、十分な目配りが必要な仕事だ。子どもたちへの直接の教育のほか教室の掃除、カリキュラムの作成、園児の行動記録など仕事の範囲は広い。

  • 児童指導員

    保護者の代わりに子どもを養育し、自立を支援する専門職

    児童指導員とは、何らかの事情で保護者からの養育を受けることが困難になった0から18歳の子どもたちを、公的責任の下で保護者に代わり保護・養育するという、責任ある仕事です。子ども一人ひとりに寄り添いながら成長を24時間体制でサポートし、自立のための援助も行います。社会状況の変化により、子どもたちが抱えている問題が多様化しているため、保育に関する知識はもちろん、心理学や医学的な幅広い知識をもつことが求められています。

  • 保育士

    乳幼児を保育し、成長をサポート。保護者への情報提供も

    食事、排泄、睡眠、遊びなど日常生活を通じて、健やかな心と身体を持った子どもに成長するように援助する仕事。保育所は仕事と育児を両立させる父母を支え、乳幼児を保育する児童福祉施設だが、特に最近では単に子どもを預かるだけでなく、保育情報の提供や相談などが重要な役割となっている。

  • 精神保健福祉士

    精神障がいのある人の生活を援助し、社会復帰をサポートする

    精神病院や社会復帰施設、および保健所などに勤務して、精神障害者に対し、社会復帰のための手助けする。また家族の相談相手になったり、医師や看護師、作業療法士などの治療チームの調整役を務めるなどさまざまな役割を持つ。精神障害者の福祉向上のためにニーズは高まっている。

  • 社会福祉主事

    行政の中で福祉サービスに携わる

    公務員となって福祉関連部署で働く。地方自治体の福祉課の窓口で福祉サービスに関する相談を受け、福祉施設への入所や生活保護の適用手続などを行う他、福祉事務所や児童相談所で相談を受けたら、児童施設の児童指導員や老人福祉施設などの生活指導員として活躍する場合もあり、その仕事内容は多岐にわたる。

初年度納入金:2017年度納入金 135万円 

学科の特長

学ぶ内容

「あらゆる子ども」のために、「医療・保育・ソーシャルワーク」を学ぶ
子どもに対する教育・保育に加え、保護者支援も含めた「子どもの環境」を整えるソーシャルワーク(相談援助)を通じ、子どもの最善の利益を追求できる支援者を育成。学園内の附属病院が隣接した環境を活かした小児ケア(病院)実習をはじめ、妊娠期や乳幼児期の子どものいる家族に焦点を当てた相談業務など幅広く学びます。

カリキュラム

医療・保育・ソーシャルワークを統合した子ども支援者のためのカリキュラム
1年次では、子ども支援のための医療福祉の考え方や子どもの心と体に関する基礎的な学習をします。2年次では、子ども支援の具体的な方法論を中心に学習をします。3年次は、子ども支援に関する学内演習や学外実習等の実践的な学習をします。4年次では、子ども支援に関する学習のまとめを行います。

先生

第一線で活躍する医療人に学び、医療現場に密着した環境で確かな実践力を磨く
大学での授業をはじめ、現場実習を担当する先生の多くは、川崎学園の附属病院で活躍する現役の医療スタッフ。豊富な臨床経験をもとに、実際の医療現場での対応や判断、医療人としての姿勢を伝えています。高度化・複雑化が進むチーム医療の「今」を知る教員によるきめ細かな指導で、現場で活きる知識とスキルを習得します。

実習

川崎学園のネットワークにより、附属病院や関連施設など充実した実習環境を整備
子どもを支援する現場での実習に加え、川崎学園のネットワークをフル活用し、病院、関連施設などでの実習を行います。具体的には、子どものケアと発達支援実習、精神保健福祉援助実習、教育実習、発達障がい児のケアと発達支援実習、小児ケア実習など様々な実習を準備しています。

卒業後

病院や保育所・幼稚園・こども園、児童相談所等への就職、公務員就職をサポート
病児・発達障がい児の保育や保護者に対する相談援助を担う機関(病院・保育所・幼稚園・認定こども園・児童相談所・児童発達支援センター等)への就職をめざします。これらは、県や市などの機関が担う傾向があり、公務員(公立保育園・幼稚園・認定こども園)としての就職を積極的にサポートしています。
地域の子育てニーズに応え、保護者のよき理解者となれる保育者をめざす
本学科の前身である川崎医療短期大学医療保育科は「あらゆる子ども」の保育をめざし、2005年の設立から約600名の卒業生を輩出。うち147名が子どもに関する公務員になりました(2016年3月卒業生は19名が公務員試験に合格)。この医療保育科の理念を継承し、さらに保護者支援教育を強化。保護者のパートナーをめざします。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 保育士<国> 、
  • 幼稚園教諭免許状<国> (一種) 、
  • 第一種衛生管理者<国> 、
  • 社会福祉主事任用資格

BLSヘルスケアプロバイダー(日本救急医学会認定)

受験資格が得られる資格

  • 精神保健福祉士<国>

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    岡山市立緑保育園 、 岡山市立太伯認定こども園 、 倉敷市立大内保育園 、 笠岡市立吉田保育所 、 赤磐市立いわなし幼稚園 、 福山市立中条保育所 、 周南市立川崎保育園 、 国立病院機構岡山医療センター 、 川崎医科大学附属病院 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

2017年4月開設のため、前身となる川崎医療短期大学 医療保育科卒業生の実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒701-0193 岡山県倉敷市松島288
TEL 086-464-1004

所在地 アクセス 地図・路線案内
岡山県倉敷市松島288 「中庄」駅から徒歩 15分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

川崎医療福祉大学(私立大学/岡山)