• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 北海道
  • 北海道科学大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 工学部

北海道科学大学 工学部

自分の専門性とキャリアを結び付け、夢や目標を見いだす!地域社会の未来に貢献できる次世代の専門技術者や研究者に

学べる学問
  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    情報学とは、社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問です。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶのが情報学です。「コンピュータやプログラミングについて学ぶ、理系の学問」というイメージを抱く人は少なくないかもしれませんが、情報技術の社会への浸透に伴い情報学の扱う領域も広がっており、今や理系だけに限られる学問ではなくなっています。

  • 数学

    数字という世界共通の言語を使って、数、量、図形などの性質や関係を研究

    数学は、理工系の全ての学問の基本であり、コンピュータ、機械全般、医療、経済などの根底を支える学問。講義や演習を通して数が持つ理論と可能性を幅広く学ぶ。

  • 物理学

    ミクロからマクロまで、自然界の現象を観察し、真理を探る

    元素の成り立ちから宇宙まで、自然界の現象を観察し、法則を見出す。理論物理学、実験物理学、超高性能コンピュータを使った計算物理学などの分野がある。

  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    機械工学は、生産機械や自動車、医療機器といった機械やその部品などについて、設計から材料の加工、実際の使用方法までと、実に広大な領域を扱う学問です。試行と分析を繰り返す地道な研究を通じて、よりよいものを作り出すことを目指します。まずは基礎となる力学や数学、設計に使うソフトウエアの使い方や関連する各学問について学ぶことで基礎を固め、徐々に専門的な学びへと進んでいきます。多くの授業では実習や実験が行われ、実際に手を動かしながら、知識や技術、機械工学研究の手法などを身につけていきます。ものづくりをしたい、なかでも目に見えるものを作りたいという人に向いています。卒業後の進路は、機械系はもちろん、材料系や、電気・電子関連にも広がります。また、機械でものを作っている企業では必ずそれを扱う人が求められるため、こうした職種で活躍することもできます。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 電気工学

    新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う

    電気工学とは、電気にかかわるありとあらゆることを研究する学問です。エネルギーとしての電気の効率的な活用方法を考える分野、電気回路や半導体について研究する分野のほか、情報・通信や光など、その研究領域は多岐にわたります。まずは高校範囲の物理や数学を復習し、電気工学を学ぶ基盤を固めます。さらに、電磁気学や電子回路といった基礎科目を学び、各専門領域の基本を学びながら電気について理解を深め、専門の研究を進めていくことになります。私たちの生活に欠かせない電気は、あらゆるものづくりの基礎となるものです。知識と技術を生かせる場は非常に多く、卒業後の進路も、電気、機械、IT、建設などさまざまです。

  • 建築学

    より高度に安全で快適な空間をさまざまな理論を使って作る

    安全・快適で、経済的な建築物の生産を研究。設計の他、建築構造、建築防災、環境工学などを学ぶ。室内設備から都市計画まで研究領域は広い。

  • 土木工学

    建物や道路など、社会を支える生活基盤を作る技術を学ぶ

    自然要因や社会的要因を考慮に入れながら、道路・鉄道・電気など、生活の根幹となるものの構築の方法と技術を、実験やフィールドワークを通して学ぶ学問。

目指せる仕事
  • プログラマー

    コンピュータを動かすプログラムの開発・作成

    コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • 情報工学研究者

    大学や専門の研究機関で、コンピュータや情報機器などに関する専門的な研究・開発を行う。

    コンピュータやさまざまな情報機器の現状を踏まえ、さらに将来的にどのように進化していくか、科学的に研究する。テーマはそれぞれの研究者が専門にこだわった研究を行っている。例えば「情報」をどのように解析させていけばいいか、その手順についての研究を行う人もいる一方で、ロボットと人とのコミュニケーションに注目して「情報」をどのように捉えていくかを研究している人もいる。また、あらゆる場面でコンピュータが使われている社会がどのような変貌を遂げていくか、人にどのような影響をもたらすかを考察している研究者もいる。

  • 機械技術者・研究者

    機械製品や部品の設計から開発まで

    家電製品、通信機器、OA機器など、様々な機械製品の設計・開発をはじめ、製品に必要なパーツとなる部品の製作も手がける。設計用の製図を描いたり、部品の構造や形状・寸法、使用材料など全体の製作工程に関する知識や技術が必要となる。製造後も、改良ポイントの整備をはじめ、新しい技術の導入など常に進歩が求められる。

  • CAD技術者

    CADを使って正確な図面を作成する

    建築会社、自動車、家具など製図が必要な各種のメーカーで、CADを使った図面製作を担当する。設計者が描いたラフスケッチを正確な図面におこしたり、指示に従い図面の訂正をするなどの仕事が中心。

  • 電気工事士

    電気配線工事を一手に引き受ける

    電気工事士には第1種と第2種があり、それぞれ工事範囲が決められている。第2種は、一般家屋の屋内配線や電気照明の設備取りつけが主な仕事。第1種は、大規模な工事や工場やデパートなどの構内配線、変電室の配電など変電電力の大きい設備の工事を手がけることができる。第1種、2種ともに学歴、年齢、経験などの受験制限はない。

  • 通信技術者

    新しい通信技術や通信ネットワークの開発者

    携帯電話をはじめ、身のまわりの通信機器をみるだけでも日々新しい技術が導入され進歩を続けている。そんな通信の世界で、より進んだ技術を生み出し、高度で便利なネットワークを生み出していく。

  • 建築士

    建築物の設計・デザインから施工監理まで

    一般住宅や店舗やオフィスなどの建築物の企画、設計、見積もり、施工監理などに携わる仕事。建築予定地の調査をし、顧客の要望に沿う建築の設計と積算を行う。また、建築工事の管理、建築許可や道路の使用許可などの法規に基づく官庁への申請手続きや届け出もする。

  • 土木施工管理技士

    工事全体の計画、監督者

    トンネルやダム、橋梁建設工事前などに、土地の土質を調査して、工事に適した土木材料を選定し、地盤の強度を決める。さらに工事全体の計画を立て、監督業務や指導をする仕事。大きなプロジェクトでは、複数の管理技士が分担してあたることもある。

  • 建築施工管理技士

    建築現場のディレクター

    ビルや家など、さまざまな建築工事現場で、建築物の品質、資材や人員の管理、費用の管理、工期の管理、周辺の一般人の保護などすべてを管理し、コントロールする人。一般・特殊建設業の営業所が必ず置く人材の一つ。

bug fix
初年度納入金:2023年度納入金(予定) 156万2300円  (その他の経費は、変更となる場合があります)
bug fix

北海道科学大学 工学部の募集学科・コース

産業機械、農業機械、輸送機械、建設機械、医療機械、ロボットなど様々な分野で活躍できるエンジニアを目指します

スマートフォン、電子マネー、人工知能等の最新技術を学び、情報化社会で活躍する優れたIT技術を持ったエンジニアへ

「新エネルギーシステムの開発」と「最新の電子機器デザイン」の両方を一挙に楽しめるエンジニアを育成

建物のデザインや設備システム、安全性を追究し高度な技術を持ったエンジニアを目指します

自然との共存を目指し、人にやさしく、災害に強い安心・安全な都市空間を創造するエンジニアを目指します

北海道科学大学 工学部のキャンパスライフShot

北海道科学大学 機械工作工場には、旋盤や5軸マシニングセンタ、巨大定盤などを完備
機械工作工場には、旋盤や5軸マシニングセンタ、巨大定盤などを完備
北海道科学大学 大学構内にある「太陽光追尾型両面太陽光発電システム」
大学構内にある「太陽光追尾型両面太陽光発電システム」
北海道科学大学 雪対策技術の研究・開発装置「自然雪風洞実験装置」
雪対策技術の研究・開発装置「自然雪風洞実験装置」

北海道科学大学 工学部の学部の特長

工学部の学ぶ内容

【機械工学科】AIや5Gなどの最先端技術を支える機械工学を学ぶ
自動車や航空機、ロボットなど、人の暮らしを支える様々な機械を設計・開発できる専門知識・技術を備えた高度なエンジニアを育成します。
また、これからはAIや5Gなど最先端技術をハードウェアに適用するために、機械工学の知識を持ったエンジニアが必要とされています。機械工学科では、必修科目の3割以上が実験・実習系の実践科目。CADや機械設計技術者などの資格取得に向けた実践的授業もあります。民間企業経験のある教授陣も多く、+Professionalのエンジニアを養成します。
【情報工学科】AI、IoT、VR、ARなどの最新技術を操るITエンジニアを目指す
情報システムの開発やネットワークの構築・運用、これらを利用した様々な新しいサービスの開発に必要な知識や技術を備えた高度情報化社会を担うIT技術者を育成します。
例えばキャッシュレス決済の仕組みはどうなっているのか。生活の中にとけ込む技術から学びを深め、1年次からアプリを作る実験・演習を行います。ほかにもAIスピーカーの実験など、最新あるいは近い将来実用化される技術を用いた演習の多さが学科の特長。座学だけではなく、実際に手を動かしながら理解していく経験は社会でも活かすことができます。
【電気電子工学科】基礎から最新機器への応用や資格取得まで、電気電子のすべてを学ぶ
環境に優しい新エネルギーシステムの開発やあらゆる電子情報機器を作り出せるエンジニアを育成します。
道内でも珍しい電気を専門とする学科で、エネルギー系とエレクトロニクス系の2つの領域を学べます。電気電子と情報を応用したハイブリッド型の技術も学ぶことができ、電気自動車やAI、IoTなどの情報分野を融合して最新機器に活用します。
卒業後は、電気電子分野・情報分野で活躍するため、免許・資格取得に力を入れており、対策講座やカリキュラムで試験対策をしっかり行っています。
【建築学科】1年次からの実践的な演習で、積雪寒冷地に安全快適な生活を実現する建築を学ぶ
建築の設計から施工までに必要な、高度な知識と技術を身につけた建築デザイナーと建築エンジニアを育成します。
美しく、快適で、安全な建築を実現するために1年次から建築製図、2年次から設計演習やCAD演習など実践的な演習を行うことで、基礎から応用まで幅広い専門知識と設計力を身につけることができます。北海道という地域に根ざした大学として、積雪寒冷地に対応する建築の設計に必要な講義・演習が充実していることが特徴になっています。
【都市環境学科】道路、橋、新幹線、港湾など大規模工事を指揮し、地域基盤構築に携わる
自然と共存し、災害に強い都市空間の創造を目指し、社会基盤施設の計画・設計から施工までの専門性の高い技術を身につけます。
現在、災害に強いまちづくりや自動運転車に対応した道路整備など、より安全で便利な環境が求められています。必要なのは、アイデアと現場の課題を読み解く力。学科で学んだ知識を活かして、人と環境を考えた公共財で街の土台を作ることで、未来のまちづくりに関わることができます。

工学部のカリキュラム

【機械工学科】ものづくりはすべての基盤。最先端技術に触れる卒業研究に取り組む
3年次後期より研究室に配属し、3Dプリンター、5軸マシニングセンタ、大型風洞、電子顕微鏡などの先端設備を活用し、ロボティクス、エネルギー、マテリアル(材料)、環境など様々な課題に卒業研究で取り組みます。
保健医療学部との医工連携や企業との共同研究も多く、社会でも活躍できる実践技術を養います。
【情報工学科】医工連携で医療現場の課題に立ち向かう
医療現場の人手不足を解消するために、CTスキャンの画像データを高速で読み込み、AIで癌などの病気の発見をサポートする技術を研究しています。
診療放射線学科との医工連携による取り組みは、総合大学ならではの強み。各分野の知見を活かした研究で、医療現場が直面している課題にチャレンジします。
【電気電子工学科】電気電子の可能性を、どこまでも追求。2021年度には超小型衛星が宇宙へ!
電気電子工学科の学生が中心に活動する宇宙開発研究同好会が開発する超小型衛星「HMU-SAT1」が、2021年度に打ち上げられる予定。宇宙開発研究同好会は、小型アンテナと送受信装置を付けたスマートフォンによって衛星を運用する、省電力での衛星通信技術を研究しています。今回の打ち上げによって20文字程度の短文を衛星と地上の間で送受信し、災害時の安否確認や救助要請等において活用することを検討しています。
【建築学科】積雪寒冷地に強く、環境配慮型の建築を学ぶ
国内最大級の自然雪風洞実験装置をはじめ、充実した実験設備を用いて積雪寒冷地に適した建築を学びます。環境の時代と言われる21世紀に即した、環境負荷を低減しつつ、快適な温熱環境を実現するために本学キャンパスを使ったスマートキャンパスの研究も行っています。
【都市環境学科】多岐にわたる地域を支える仕事のため、見て触ることが、知見を深める
1年次からトンネルや高速道路などの工事現場を見学。近年、大規模な工事では「i-Construction」というICTを活用して生産性を上げる取り組みが進められています。ドローン測量やARシミュレーションなど、時代とともに変換する技術を体験できます。

工学部の資格

取得をめざせる資格
【機械工学科】機械設計技術者試験、エネルギー管理士<国>、2次元CAD利用技術者試験、IT パスポート試験<国>、高等学校教諭免許状【工業】<国> ほか
【情報工学科】IT パスポート試験<国>、基本情報技術者試験<国>、応用情報技術者試験<国>、情報処理安全確保支援士試験<国>、ネットワークスペシャリスト試験<国>、データベーススペシャリスト試験<国> ほか
【電気電子工学科】電気主任技術者(一種)<国>、電気工事士(第一種・第二種)<国>、第一級陸上特殊無線技士<国> ほか
【建築学科】建築士<国>、建築施工管理技士<国>、建築設備士<国> ほか
【都市環境学科】技術士(建設部門・環境部門)<国>、土木施工管理技士<国>、測量士・測量士補<国>、管工事施工管理技士<国> ほか

工学部の施設・設備

施設・設備
機械工学科・情報工学科・電気電子工学科が使用する「工学部東棟(F棟)」が2019年1月に完成し、建築学科・都市環境学科が使用する「工学部西棟(D棟)」が2021年1月に完成予定と更に設備が充実。

北海道科学大学 工学部の入試・出願

北海道科学大学 工学部の学べる学問

北海道科学大学 工学部の就職率・卒業後の進路 

■就職率(2021年3月卒業生)
【工学部】99% (就職者308名/就職希望者311名)  【大学全体】99.3% (就職者757名/就職希望者762名)
■就職実績(2021年3月卒業生)
株式会社大林組、鹿島建設株式会社、大和ハウス工業株式会社、株式会社NIPPO、株式会社つうけん、北海道電力株式会社、株式会社NTTデータ北海道、日本アイ・ビー・エムデジタルサービス株式会社、北海道開発局、北海道職員 ほか

北海道科学大学 工学部の問い合わせ先・所在地

〒006-8585 北海道札幌市手稲区前田7条15丁目4-1
0120-248-059 

所在地 アクセス 地図・路線案内
北海道札幌市手稲区前田7条15丁目4-1 「手稲」駅からバス 約9分 北海道科学大学前 下車 すぐ
「手稲」駅から徒歩 約25分
「宮の沢」駅からバス 約25分 北海道科学大学前 下車 すぐ
「手稲」駅からタクシー 約5分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

北海道科学大学(私立大学/北海道)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

RECRUIT