• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 湘央生命科学技術専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 救急救命学科

神奈川県認可/専修学校/神奈川

ショウオウセイメイカガクギジュツセンモンガッコウ

救急救命学科

定員数:
40人

救急医療の最前線でいのちの灯を守るために、全身全霊をかたむける「救急救命士」を育てます

学べる学問
  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 医学

    理論と実践を通して病気の予防・治療法を研究する

    人間の命と健康を守るため、基礎医学、臨床医学、病院実習などを通してその知識と技術を学ぶ。

  • 歯学

    食べる機能をテーマに健康増進に取り組む

    歯と口腔の病気治療と予防法を学び、歯科医師を養成するための学問。

  • 薬学

    薬の作用について研究し、新治療の実現をめざす

    薬剤の研究や新薬の開発、効果的な使用法など、医薬品から化学物質まで薬全般について研究する。薬の作り方を学ぶ製薬学、病気予防のノウハウを学ぶ衛生薬学、薬の用い方を学ぶ医療薬学がある。

  • 看護学

    患者のケアを通して、よりよい生き方について学ぶ

    医療現場で診療・治療以外の手助けをし、患者の健康維持・回復を促す看護を学ぶ実践的な学問。理論と実習を通して看護技術を習得する。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 消防士

    火災や災害の現場で人命を守り、防災にも努める

    火災から人命、財産を守るとともに火災、水難、地震などの災害による被害を極力軽減し、予防にも力を注ぐ。建設物の防災上の安全確保の検査、ガソリンスタンドなどの危険物施設の許可行政、危険物取扱者に対する指導などもその仕事の一つ。

  • 海上保安官

    海の安全維持から、事故対応、救助作業まで。

    海を守る海上保安官の仕事はとても幅広いものです。密輸や密航など海の上で行われる犯罪の取り締まり、災害や事故が起こったときの救助活動、海洋調査、海図の作成、海の交通を整理することなど、多岐にわたります。海上保安官は、海上保安大学校、または海上保安学校を卒業して就くことができますが、これらの学校に入学したときから、国土交通省を上部組織とする海上保安庁の職員として採用されることになるため、国家公務員の待遇を受けます。

  • 自衛官

    日本の領土と国民を守り、国際社会の平和を担うプロ集団

    自衛官は、日本の領土、領海、領空を守ることを使命とした職業です。外部勢力から国を守る防衛、大規模災害などの事態への対処、国連平和協力活動(PKO)に代表される国際貢献がおもな任務です。防衛省の実動組織としての自衛隊には、陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊の3つの組織があり、自衛官を志す人は、いずれかを志望先として選択することになります。高校卒業後の進路には、自衛隊の中核となる一般曹候補生、2年または3年の期間限定で勤務する自衛官候補生があります。さらに防衛省には、幹部自衛官を養成する機関があり、国家公務員の業務として学業に臨むコースもあります。

  • 救急救命士

    救急車の中や救急現場で救急救命処置を行うスペシャリスト

    心肺機能が停止状態になった重症患者に対する救急処置を、救急車の中などで、医師と連絡をとりながら行う仕事。従来は医師でなければ行えなかった処置が、平成3年の救急救命士法によって、救急隊員が行えるようになった。現在のところ、各地の消防本部に消防官に採用されることが条件。

  • 救急隊員

    一刻を争う状態の患者を、冷静、的確な処置をとりつつ、病院に搬送する

    消防署員のうち救急隊に属する隊員のこと。119番通報により急病人や怪我人を緊急に病院に搬送しながら、症状が悪化しないように救急車内で応急措置を施す。施せる応急措置はそれぞれの救急隊員の消防学校課程修了段階により変わってくる。また、救急隊員であれば5年以上の実務経験を経て、「救急救命士養成所」で1年以上「救急救命士」の知識及び技能を習得することで「救急救命士」国家試験の受験資格を得ることができる。

初年度納入金:2018年度納入金 134万円  (入学金10万円、授業料78万円、実習費24万円、施設費22万円。授業料・実習費は前後期の分納可)
年限:3年制

学科の特長

カリキュラム

学生一人ひとりの高いモチベーションを維持する優れた教育環境を実現
学生一人ひとりがモチベーションを高く維持できる教育環境を実現しているため、就職や国家試験合格、そして優れた救急救命士誕生へと自然に導きます。また、就職先の中心が消防官になるため、危険物取扱者試験や毒物劇物取扱責任者試験、地方公務員試験対策の授業をカリキュラムに組み込み、eラーニングも導入しています。

先生

病院実習先でもある大学病院付属救命救急センター所属の医師が多くの授業を担当
神奈川県と東京都にある7つの大学病院付属救命救急センター所属の救急医療専門医に、多くの専門科目の講義を担当いただいています。また、神奈川県消防長会のご協力により、県下自治体の消防本部の現役消防官に学内実習の指導をいただいています。

実習

学内でのシミュレーション実習のほか、3年次には大学病院救命救急センターでの臨床実習を実施
入学直後から開始される学内でのシミュレーション実習では、近隣自治体消防本部所属の救急隊員の指導協力も受けています。3年次のハイライトは、近隣にある7大学病院の救命救急センターでの臨床実習。救命技術の習得はもちろんですが、現場での経験は医療人を目指す者としての自覚と意識の向上を促します。

卒業生

  • point 先輩の仕事紹介

    特別高度救助隊員として事故や災害の最前線で活動。救急救命士としての観察力が役立っています

    幼い頃から憧れていた特別高度救助隊員として働いています。特別高度救助隊は東京消防庁や政令指定都市に設置が義務づけられており、災害や事故、閉じこめや転落などの現場で救助活動を行っています。1チーム6名のうち救急救命士は私一人です。資格を取るために身につけた医学の知識が、傷病者の観察…

    湘央生命科学技術専門学校の卒業生

卒業後

進路は各自治体の消防官を中心に展開、病院や患者搬送企業への就職者も
卒業後の進路は、全国各地の自治体の消防官(地方公務員)を中心に展開しています。また、最近では救急救命士を採用する病院やクリニックへ就職する者も増加の傾向にあります。さらに、患者搬送企業で活躍する者も出てきています。

資格

2017年3月卒業生の救急救命士国家試験合格率は96.9%(受験者32名、合格者31名)
「全員進級、全員卒業、全員合格」を合言葉に優れた教育環境にある本学科では、国家試験対策に多くの時間を充てていませんが、2017年3月卒業生は合格率96.9%(全国平均:85.0%)を達成。また2013年~2017年の総計では、卒業者184名中176名が卒業直後に受験した救急救命士国家試験で合格しています(合格率95.7%)。

施設・設備

臨床救急実習室・患者搬送実習用民家型実習棟・患者搬送車両など、最新の設備・機器を完備
臨床救急実習室で基本となる技術を習得し、患者搬送実習用民家型実習棟や患者搬送車両では救急現場の実際を想定した実習で実践力をみがきます。自動体外式除細動器、患者監視装置、心電図電送装置など最新の救急救命用機器も、学生一人ひとりが主役となれるよう、十分に備えられています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 救急救命士<国>

目標とする資格

    • 危険物取扱者<国> 、
    • 毒物劇物取扱責任者<国>

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    東京消防庁 、 横浜市消防局 、 厚木市消防本部 、 綾瀬市消防本部 、 伊勢原市消防本部 、 茅ヶ崎市消防本部 、 二宮町消防本部 、 平塚市消防本部 、 湯河原町消防本部 、 富士市消防本部 ほか

※ 2017年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒252-1121神奈川県綾瀬市小園1424-4
フリーダイヤル0120-77-1975
admission_office@sho-oh.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
神奈川県綾瀬市小園1424-4 JR「海老名」駅東口から4・5番バス5分 望地停留所下車 徒歩 2分
相鉄・小田急「海老名」駅東口から4・5番バス5分 望地停留所下車 徒歩 2分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース
  • 応用生物科学科

湘央生命科学技術専門学校(専修学校/神奈川)