• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 日本デザイナー学院
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • Ⅱ部(夜間部)マンガ科

東京都認可/専修学校/東京

ニッポンデザイナーガクイン

Ⅱ部(夜間部)マンガ科

募集人数:
80人 (※II部2年制学科合計)

初心者でも安心の徹底個別指導。集中型のカリキュラムと本校独自のバックアップ体制でデビューも就職も目指せます!

学べる学問
  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

目指せる仕事
  • CGデザイナー

    コンピュータグラフィックスでイメージを映像に表現

    コンピュータで文字やイラスト(CG)をつくる。建築、都市計画、機械設計、デザイン、アニメーション、科学研究のシミュレーションなどさまざまな分野で活用されるようになってきた。コンピュータ理論やプログラミングに通じ、色彩、デザイン感覚に優れていることが条件。

  • 絵本作家

    子どもから大人までに愛される絵本を作る

    絵本作家にも絵だけを描く人、ストーリーだけを考える人、ストーリーと絵の両方を手がける人などいろいろなタイプがいる。またイラストレーターが作品を発表する場合も。子ども向けから大人向けまで作品もさまざま。独自の手法や豊かなイメージが要求される。

  • グラフィックデザイナー

    雑誌や広告で“伝えたいこと”をデザインして表現する

    雑誌や広告、宣伝媒体、商品のパッケージなど、印刷物の紙面をデザインし、ビジュアル的効果を高めるのが仕事。アート面でのセンスが問われるのと同時に、流行を読み取る洞察力と、時代にマッチした感性も欠かせない。

  • 漫画原作者

    登場人物から、場面設定までまんがのストーリーを考える

    まんがにはストーリーが必要だ。そのストーリーを考えるのが原作者。まんがの原作だけを書いて仕事をしている人はまれ。小説家や脚本家など、他にも仕事を持っているケースが多い。まんがの原作の仕事は取材に行くなど、通常ライターの仕事に似ているが、表現段階になると会話のセリフや、より短い言葉でまとめる等、絵柄とのバランスはもちろん、構成力や描写力が求められる。

  • キャラクターデザイナー

    キャラクター、背景、アイテムのデザイン

    自分の持ち味を出した新しいゲーム・キャラクターを生み出す。グラフィッカー(CGデザイナー)が行うケースも多く、ディレクターと「検討会議」を行い、採用されたキャラクターや背景コンテを基に、パソコン上でグラフィックを描く。背景、キャラクター、アイテムなどの担当に分かれ、それぞれ複数パターンを作成する。

  • イラストレーター

    雑誌や広告などに使われる個性的な作品を描く

    雑誌、書籍、広告などの印刷メディアにイラストを描く。独自の作風を持っていること、クライアントの要望に応じた作品を作り上げる器用さも要求される。イメージをイラストに置き換える能力や感性、作品を想像する力も必要。

初年度納入金:2018年度納入金 60万円  (希望者のみ学費分納可)
年限:2年制(夜)

学科の特長

学ぶ内容

全くの初心者の方でも安心して学べる授業!
全くの初歩から一歩ずつ学ぶカリキュラム。道具の使い方、背景、効果線、ストーリーの作り方から学ぶ
ことができます。マンガ制作はストーリーのあるものの作画、次いでオリジナルマンガと進んでいきます。

カリキュラム

マンガI
「マンガI」では、ストーリーマンガに的を絞り、主題の設定、個性あるマンガの主人公(キャラクター)を作ることを考え、パース(遠近)とデッサンの理解、コマ割りの実習や下描きからペンを使って描く仕上げまでを基礎から学習していきます。
ストーリー構成
ストーリーマンガの組み立て方やアイデアの出し方、プロット作りのパターン、読者に認められる作品の作り方を習得し、作品完成の達成感を感じてもらいます。また、ストーリーの流行についても考え、おもしろいマンガの作り方や賞を取るためのテクニックも学びます。
マンガ制作の重要な要素として、“デジタル”も学ぶ
コンピュータを使いデジタルならではのマンガ制作を学ぶ「デジタルマンガ」を通じ、現代のマンガ制作において重要な要素であるコンピュータ技術などを習得します。

授業

編集者による「作品講評会」を学内で定期的に実施。在学中のデビューを目指す!
出版社の編集長が常に欲しているのが、新人作家の情報。本校は大手出版社編集部などの編集者が新人作家発掘のために定期的に来校し、学校が持ち込み現場になる恵まれた環境が整っています。

学生

新聞奨学生も通学が可能
夜間部の授業時間は、18時30分から20時50分までの2時間20分。この時間設定なら、働いている人でも仕事が終わってからの通学が可能になります。JR、東京メトロ、東急線など多くの路線が乗り入れるターミナルステーション渋谷は、通学の便もよい最適な環境です。

学べる学問

目指せる仕事

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    週刊少年ジャンプ 、 週刊少年マガジン 、 週刊少年サンデー 、 週刊少年チャンピオン 、 月刊コロコロコミック 、 月刊りぼん 、 月刊ジャンプS.Q 、 月刊なかよし 、 月刊少年ガンガン 、 月刊Gファンタジー ほか

※ 2016年3月卒業生実績

(掲載誌一覧)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町4-16
TEL 03-3770-5581
info@ndg.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都渋谷区桜丘町4-16 JR「渋谷」駅南改札西口を出て、左手歩道橋を渡り、線路沿い恵比寿方向 徒歩5分

地図

 

路線案内


日本デザイナー学院(専修学校/東京)