• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 交通・旅客サービス
  • パイロット
  • 就職先・活躍できる場所は?
パイロットの就職先・活躍できる場所は?

パイロットの就職先・活躍できる場所は?

代表的な就職先はANAやJALなどの航空会社で、その場合は旅客機や貨物機などの操縦を担当します。厳しい訓練や試験を経て、経験も重ねながら副操縦士、機長へとステップアップしていきます。このほか、自衛隊や海上保安庁、警察、消防などの航空機やヘリコプターの操縦士として働く道もあります。その場合の身分は公務員となります。また、物資輸送やチャーター飛行を手がける民間の運行会社などに就職して小型機やヘリコプターの操縦を担当するケースもあります。

エアラインパイロット

一般に定期便の旅客機や貨物機を飛ばすパイロットのことを、エアラインパイロットと言います。日本には定期便を飛ばしている航空会社が大小20社以上あります。エアラインパイロットはこうした会社に就職して、経験を重ねながら副操縦士、機長へとステップアップし、旅客機や貨物機などの操縦を担当します。代表的な会社が全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)です。

官公庁のパイロット

自衛隊は陸・海・空それぞれにパイロットの資格をもつ隊員がおり、養成も航空学生として採用し、各自衛隊で行っています。また、警視庁、海上保安庁、警察航空隊、消防庁、各自治体の消防航空隊で働くパイロットもいます。

航空機使用事業会社のパイロット

軽飛行機やヘリコプターなどの小型機を使って航空活動を行う航空使用事業会社(ジェネラル・アビエーション)で働くパイロットもたくさんいます。業務内容は、遊覧飛行、チャーター飛行、物資輸送、測量飛行、報道取材、農薬散布などさまざまです。そのため、パイロットにも多彩な能力が求められます。中小運航会社では不定期での募集が多いようです。大手では定期的な採用を行っている場合もあります。

全国のオススメの学校

関連する仕事の就職先・活躍できる場所もチェックしよう

パイロットを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路