• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 一橋大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 商学部

国立大学/東京

ヒトツバシダイガク

[学校トップ][学部・学科コース]は旺文社「大学受験パスナビ」の内容に基づいています(2018年8月時点)

商学部

定員数:
275人

商学部

学べる学問
  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 商学

    企業活動を客観的に評価するための理論と実践を学ぶ

    商学は、物を売り買いする、いわゆる商売(ビジネス)や企業の経営について学ぶ学問です。この学問に固有の理論や分析方法はなく、経済学や心理学、社会学といった学問分野の理論を応用して研究を進めます。いわば、さまざまな学問の詰め合わせ的な性質を持った学問といえるでしょう。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 経営コンサルタント

    経営の専門アドバイザー

    企業の経営に関するトータルコンサルティングを行う。主に、賃借対照表・損益計算書などの財務諸表を材料として、会社の収益や資産内容などの経営状態を判断し、アドバイスをする仕事。経営者の心強いパートナーともいうべき存在だ。

  • 営業

    商品や企画を売るため、企業の最前線で活躍する

    取引先の開拓と、営業活動を行う。取り扱う商品により営業方法も異なり、店舗営業型、ルート営業型、窓口営業型、新規開拓型営業などさまざま。どちらにしても会社の利益をあげるための重要な仕事。売り上げを伸ばすためには、自分の提案内容や、お客様との人間関係が大きなポイントとなる。

  • 商学・経営学研究者

    大学・大学院、公的研究機関・民間研究所などで専門分野を研究し論文を書く

    商学または経営学に関する専門的な研究を、大学・大学院、公的研究機関・民間研究所などで続け学会などに論文を発表する。大学・大学院の場合は、教授・准教授または助教として、学生の指導も行う

  • 証券アナリスト

    投資価値調査や未来予測の専門家

    企業の財務状況や業績の見通し、あるいは広く、産業全般や経済、金融の動向を調査・分析し、個人や金融機関投資家の資産運用について、アドバイスをする。データを集め、膨大な数字から投資価値の評価やいま何に投資すればいいのかを予測するためには、一般企業の動向から為替や原油価格、金利の動向などさまざまな情報を分析しなければならない。

  • 銀行員

    融資や預金、為替などの業務などを通して社会のお金の流れを支える

    メガバンクや地方銀行、信用金庫・信用組合、ネット銀行などで働き、社会のお金の流れを支える仕事。銀行の主な業務は、顧客のお金を預かる預金業務、利息をつけてお金を貸し付ける貸付業務、振り込みや手形の発行などの為替業務、国債などの債券の売買、投資信託などの金融商品の販売など。なかでも代表的な仕事の一つが融資担当。顧客からの融資の依頼を受け、顧客の返済能力などを分析しながら融資が可能かどうかの判断をし、融資額や融資内容を判断する。顧客が企業の場合は経営のアドバイスなどをすることも。

  • 公認会計士

    企業の財政状況を、第三者の立場で公正に監査する

    売上げや利益、財政状況を公表するために企業が毎年行わなければならない決算の際、社内の経理・会計部門が作成した財務諸表や税額などを、第三者の立場で公正にチェックし、内容を証明する仕事。

bug fix
初年度納入金:2018年度納入金(参考) 81万7800円  (文部科学省令で定める2018年度の「標準額」。詳細はお問い合わせください。)
bug fix

募集学科・コース

経営学科

商学科

学部の特長

学ぶ内容

商学部
 現代の産業社会を構成する企業と市場に関連した現実の諸現象について、経営学・会計学・マーケティング・金融の主要4分野のみならず、経済学・歴史学・社会学・心理学・政治学といった幅広い隣接社会科学の知見を利用して、社会科学的な思考・理論と現実の往復運動の繰り返しから、産業社会を動かしているメカニズムの解明および、よりよい社会の実現に向けた実践的提言を可能とする能力の育成を目指した教育研究を行う。企業は現代経済において基本となる活動単位であり、市場とは、企業がほかの企業や消費者との間で取引を行う「場」である。商学部では、企業と市場に関する教育研究を通じて、高度な専門知識と研ぎ澄まされた思考力を持ち、産業・経済をリードする人材の育成を目指している。
 専門教育は主として、経営学・会計学・マーケティング・金融の4つの分野で構成している。
 経営学分野では、「経営戦略論」「経営組織論」「企業と倫理・社会」などの履修を通じて、企業が行うヒト・モノ・カネに関する意志決定の理論と実践を学ぶ。
 会計学分野では、「財務会計論」「原価計算」「財務諸表分析」などの履修を通じて、企業活動の成果に関する情報の作成、利用およびその経済的帰結を学ぶ。
 マーケティング分野では、「流通システム」「消費者行動論」「ロジスティクス」などの科目履修を通じて、顧客ニーズにあった製品を作り、その魅力を知らせ、顧客へ届けるプロセスについて学ぶ。
 金融分野では、「マクロ金融論」「ミクロ金融論」「資本市場論」などの科目履修を通じて、資金調達・投資・利益還元といった企業による財務的意思決定のあり方および企業を取り巻く金融的諸課題について学ぶ。
 カリキュラムは、学部4年間で必要とされるビジネス教育の科目を体系的に配置し、大学院修士課程のMBA(経営学修士)コースとのスムーズな接合を念頭に置いている。
 1年次から4年次までゼミナールを必修とし、学生全員が少人数できめ細やかな教育を受けられる体制を整備している。1年次の導入ゼミナールでは、社会科学への入門をかねて、学問へ取り組む姿勢を修得することを目指す。2年次の前期ゼミナールでは、外国語専門書の講読を行い、専門教育に向けた基礎を固める。3・4年次の後期ゼミナールでは、自ら選択した専門領域で本格的な学習・研究に取り組み、卒業論文を作成する。
 また、グローバル化を強調し、日本語による教育を通じた深い思考力の養成に加え、英語による専門教育および海外留学を組み合わせてグローバル人材の育成を目指す、渋沢スカラープログラムを実施している。

入試・出願

実施入試一覧

合格難易度

学べる学問

就職率・卒業後の進路 

みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJ銀行各7、伊藤忠商事、監査法人トーマツ各5、アクセンチュア、サントリーホールディングス、ベイカレント・コンサルティング、丸紅、三井住友銀行、三井不動産各4など。

問い合わせ先・所在地

〒186-8601  東京都国立市中2丁目1 
TEL (042)580-8150 (入試課直通)

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都国立市中2-1 JR中央線「国立」駅下車、南へ徒歩約10分

地図

 

路線案内

※こちらのページは旺文社「大学受験パスナビ」の内容に基づいています(2018年8月時点)

他の学部・学科・コース

一橋大学(国立大学/東京)