• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 皇學館大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 現代日本社会学部
  • 政治経済分野

私立大学/三重

コウガッカンダイガク

政治経済分野

現代日本の課題を解決し、よりよい日本を創造するために、政治・経済・マスコミの分野で活躍できる人材を育てます。

学べる学問
  • 歴史学

    日本や世界各国の歴史と文化を研究する

    人間の文化、政治、経済などの歴史上のテーマを、それがどのように起こり、どんな意味をもつのか、資料や原典にあたり、実証的に研究、現代に生かしていく学問。

  • 日本文化学

    日本独自の文化について研究する

    文学、芸術、民族、思想、日本語など、日本文化の特色をとらえ、日本の風土、歴史、社会などとの関連性を研究。異文化との比較研究も行う。

  • 法学

    法律の解釈や運用のしかたを学ぶ

    国家と国家、個人と個人の利害の対立や意見の不一致を調整するためのルールである法の精神を体系的に学び、法の役立て方を追求する。

  • 政治・政策学

    行政・都市・民族・外交・産業など多方面から政治のあり方を考える

    政治学では、理論と実例研究を通して国際社会や国家、地域社会などの政治現象を研究する。政策学は、フィールドワークを基礎にした問題発見・解決型の社会科学。

  • 総合政策学

    学問分野の枠を超え、現代の社会問題解決に向けて研究する

    複雑化・国際化した現代社会の課題を解決するための政策立案・遂行に向けて、学問の枠を超えて研究し、問題の解決手法を探る。

  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶ。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 警察官

    日々の防犯活動と、事件・事故の迅速な解決が要。人々の生活と安全を守る

    社会の治安を守るために、個人の生命や身体、財産を保護し、犯罪の予防や鎮圧、捜査、被疑者の逮捕、交通の取り締まりなどを行う。警察官には、巡査、巡査長、巡査部長、警部補、警部、警視、警視正、警視長、警視監、警視総監といった階級がある。

  • 消防士

    火災や災害の現場で人命を守り、防災にも努める

    火災から人命、財産を守るとともに火災、水難、地震などの災害による被害を極力軽減し、予防にも力を注ぐ。建設物の防災上の安全確保の検査、ガソリンスタンドなどの危険物施設の許可行政、危険物取扱者に対する指導などもその仕事の一つ。

  • 自衛官

    国の安全や災害時の治安活動に貢献

    防衛庁が管理運営している陸・海・空の自衛隊で働く。外部からの武力対撃に対しての防衛活動、災害など緊急事態が起きたときの救助活動や治安活動、海上における警備活動など、国の安全や平和を守るために貢献する。その他海外での平和維持活動などにも協力していく。

  • 政治家

    国や自治体を動かす行政のリーダー

    国会で重要な議案を決めたり、県・市・区議会などや、各種委員会に出席し、さまざまな案件について議論し、方向性を見つけていくことが仕事の中心。さまざまな人物と交流して案件を吸い上げたり、他の議員と情報交換したりすることも。先見性、情報収集力、分析力、決断力なども必要となる。

  • 会社経営者

    会社の業績、戦略判断、すべてに関して最終判断と責任を負う

    会社が活動を行う上での、事業戦略、資金対策、取引先対応、社員管理などあらゆる問題について、次の方向を示したり難しい決断を下したりする最高責任者。大企業以外では営業活動の第一線で活躍していることも少なくない。

  • 編集者

    本や雑誌の企画・編集から取材まで

    書籍や雑誌などの本づくりのプロフェッショナル。企画を立て、執筆者やカメラマン、デザイナーに仕事を依頼し、それをまとめるのはもちろん、印刷所との折衝など、本が完成するまでの全工程に携わる。

  • 新聞記者

    社会の動きをとらえて伝える

    新聞社に勤めて、記事を書くのが仕事。その中でも取材記者、原稿の誤りを正す校閲記者、整理記者と、仕事が分担されている。取材記者は事件や事故が起これば、現場に急行し、独自ネタを拾い出して記事にする。社会を見る自分なりの視点やフットワークが必要。

  • ジャーナリスト

    報道を通して、現実社会を浮きぼりにする

    ひとことで言うと、報道に携わる仕事をする人。放送記者、新聞記者、ルポライター、フリーライター、雑誌記者、キャスター、フォトジャーナリストなどを指す。「ジャーナリスト」とはその総称ともいえる。ジャーナリズムの影響力は大きく、報道の仕方によっては、国民意識や政治まで変えることもある。

初年度納入金:2017年度納入金 125万円 

学科の特長

学ぶ内容

「授業」で知識を深め、「実習」で経験を積み、「演習」でまとめる。3段階で総合的な実力を養成
1年次では日本文化の特質と現代日本の課題について学び、2年次以降で次第に政治・経済・マスコミについての専門知識を習得していきます。他方で、日本の伝統・文化を身につける実習や産業の現場を体験する実習も行います。それらの学びの中から自分のテーマを選び、解決策を考える中で、将来の進路を決めていきます。

授業

企業人・公務員として活躍できる基本的なマインドとスキルを身に付ける
現代日本社会の課題の一つである地域再生。問題解決に必要なマインドとスキルを、全国の地域活性を支援し、首相主宰の「ふるさとづくり有識者会議」の委員も務める元多気町「まちの宝創造特命監」岸川政之教授が指導。「高校生レストラン」の実例を基に学内で「大学生レストラン」を立ち上げるなどし政策課題を考えます。

実習

「産業社会実習」で問題意識・洞察力・即応力・実践力。「文化継承実習」で感性・品格を磨く
「産業社会実習」では、夏休み中に、官庁・企業・メディアなどでの現場実習を行い、日本の政治・経済の現場を体験することで、問題意識・洞察力・即応力・実践力などを養います。その他にも、合気道・薙刀・茶道・礼法の中から一つを選び稽古し、感性・品格・忍耐力を磨きます。

研究テーマ

現代日本の課題の中から、取り組みたいテーマを選び、解決策を考える中で、将来の進路を決定
「現代日本演習I」(2年次)、「現代日本演習II」(3年次)、「課題研究演習(卒業研究)」(4年次)という流れの中で、担当教員の指導の下に、自らの課題を選び、科学的な調査・分析能力を身につけ、解決策を考え、まとめあげます。この過程の中で、自らの進路を定めていきます。

卒業後

組織の中で活躍できるリーダーシップ力・マネジメント力を養って、希望の就職を実現!
「リーダーシップ・セミナー」「経営学概論」「マネジメント論」「イノベーション論」「マーケティング論」「公共政策論」「地域再生論」などの科目を通じて、将来、組織社会の中で活躍できる力を身につけます。その力を活かして、公務員、公共企業、メディア、地域産業の分野で卒業生が活躍しています。

教育目標

現代日本の課題を解決できる「乗り越える力」を備えた若者を社会に送り出します
現代日本社会は多くの課題を抱えています。社会に出れば困難や挫折にも出くわします。社会で本当に必要とされるのは、組織や自分の課題を的確に把握し乗り超える力です。その力を、授業、行事、課外活動の中で「乗り超える体験」を積み重ねることで養い、政治・経済・メディアなどの分野で活躍できる若者を育てます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【公民】<国> (1種)

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 96.3 %

( 現代日本社会学科全体/就職希望者数81名、就職者数78名 )

主な就職先/内定先

    岡三証券 、 アサヒグローバル 、 ゆうちょ銀行 、 百五コンピュータソフト 、 日本郵便 、 JA 、 松阪地区広域消防組合 、 三重県警 、 三重県厚生事業団 、 三重大学医学部附属病院 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

※現代日本社会学部現代日本社会学科全体

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒516-8555 三重県伊勢市神田久志本町1704
入試担当 TEL 0596-22-6316
E-mail nyusi@kogakkan-u.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
三重県伊勢市神田久志本町1704 「五十鈴川」駅から徒歩 15分
「伊勢市」駅からバス 皇学館大学前下車 14分
「伊勢市」駅から徒歩 25分
「宇治山田」駅からバス 皇学館大学前下車 10分
「宇治山田」駅から徒歩 20分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

皇學館大学(私立大学/三重)