• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 国士舘大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 理工学部
  • まちづくり学系

私立大学/東京

コクシカンダイガク

国士舘大学 まちづくり学系

まちづくり学系

安全・安心で誰もが生き生きと暮らせる「まち」の創造をめざす

学べる学問
  • 生活科学

    人々の生活の合理化や充実を、学術的アプローチで研究する

    衣・食・住から人間関係、健康、環境、文化など生活者の視点を基盤にしてライフスタイル全般を学ぶ学問。家庭生活の向上や快適な生活環境を創ることを目指す。

  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    環境科学の「環境」とは、地球や自然そのものだけでなく、社会や都市環境など、私たちを取り巻くあらゆる環境を指します。従って環境科学では、工学、化学、経済や法といったあらゆる観点から環境を検討し、快適で持続可能な社会の構築を目指してさまざまな問題の解決に取り組みます。大学によって、ある程度専門分野がしぼられているところと、幅広く環境科学について学ぶところとに分かれます。1年次には環境科学の概要をつかみ、2年次以降は、フィールドワークなどもしながら、実践的に研究手法を学び、環境に関する知識を養っていきます。

  • エネルギー・資源工学

    エネルギーを効率的に利用するための技術や新エネルギーの開発・研究

    従来からある化石燃料(石油や天然ガスなど)を、実験、実習を多用して研究し、原子力発電の改良、新エネルギーの開発などに役立てる学問。

  • 土木工学

    建物や道路など、社会を支える生活基盤を作る技術を学ぶ

    自然要因や社会的要因を考慮に入れながら、道路・鉄道・電気など、生活の根幹となるものの構築の方法と技術を、実験やフィールドワークを通して学ぶ学問。

  • 環境工学

    環境問題の原因究明と解決を目指す

    地球温暖化や酸性雨、熱帯林の減少などの地球環境問題や、大気汚染など環境汚染の原因を究明し、地球と地球上の生命を守りながら人間社会の発展を実現するための研究を行う。

  • 応用化学

    化学を用いて、我々の生活をよりよくしていくための研究をする

    化学を用いて、我々の生活をよりよくしていく方法を追及する学問。新しい素材の開発や、医薬品の開発まで、その範囲は多岐にわたる。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 土地家屋調査士

    土地・家屋の登記の手続きを行う

    土地を売買したり、建物を新築したときに、調査・測量をして登記の手続きをする。実際の物件のある場所に出向いて境界を確かめて測量したり、登記に必要な資料や情報を収集する仕事。調査・測量をするので野外の仕事が多い。

  • 測量士

    建造物を造るための最初の仕事

    住宅をはじめとする身近な建物から道路や橋といった巨大な建造物まで、あらゆる建設工事において最初に行う作業が測量です。測量士は、工事予定地の正確な位置や高さ、長さ、面積などを専門的な機器と技術を駆使して測定し、そこで得た数値を基に図面などを作成します。測量の結果によって開発計画を決定したり、建造物の建設条件を変更したりします。測量にミスがあると、工事の進行が遅れるだけでなく、完成した建物の安全性に問題が生じることがあります。測量士には誤差のない正確な仕事が要求されるため、社会的に重要で責任も大きな仕事といえます。

  • 土木施工管理技士

    工事全体の計画、監督者

    トンネルやダム、橋梁建設工事前などに、土地の土質を調査して、工事に適した土木材料を選定し、地盤の強度を決める。さらに工事全体の計画を立て、監督業務や指導をする仕事。大きなプロジェクトでは、複数の管理技士が分担してあたることもある。

  • 住宅メーカー営業

    自社で開発した住宅を販売する。すでにある住宅を販売することもあれば注文に応じてアレンジすることも。

    住宅専門のメーカーでは、自社で開発した住宅や注文住宅などを請け負い、建設する。ショールームや見本住宅などで接客をし、営業をするケースが多いが、担当地域を回って、リフォームや建て替えなどの営業を行うこともある。営業が顧客の希望や思い、予算をしっかり聞き出し、それに沿ったプランを設計に依頼。受注した後は、建築のスケジュール管理を行い、引渡しまで責任を持つ。営業によっては、簡単な設計図は自ら引くこともできる知識を持っている人もいれば、まったく建築とは関係ない勉強をしてきて、営業を行っている場合もある。

  • 土木・建築工学技術者・研究者

    建造物の基本となる土木工事や建築工事などの安全性や効率などを考えた新しい施工技術の開発、研究を行う。

    さまざまな建造物の土台となるのが土木工事。また、道路建設のような建造物のない工事は、土木の仕事。それらの土木工事の計画から設計、施工、管理などのリーダーとして全体を把握し、現場がスムーズに動くように采配をふるうのが、土木工学技術者。一方、建築物の強度や耐震性など、安全面を重視した工法や建築工学に基づいた施工技術を考え、建築現場の管理をするのが建築工学技術者。これらの技術や工法などの研究を、大学や関連研究施設で行うのが土木・建築工学研究者だ。

  • 環境コンサルタント

    環境保全活動などへの助言・指導を行う

    環境保全に関する専門的知識や豊富な経験を持ち、その知識や経験に基づき市民やNGO、事業者など様々な立場の環境保全活動に対する助言や指導を行う。また、自治体の環境政策、企業の環境アセスメントなどをどうすすめればいいか考え、企画、調査、事業の管理を行うこともある。

  • ビオトープ管理士

    地域の生態系を守り、復元・創出

    ビオトープとは「地域の野生生物が生息・育成する空間」の意味。ビオトープ事業は、地域の自然生態系を守り、本来その地域にあった多様な自然を復元・創出する事業のこと。この考えに基づき行政、環境コンサルタントや土木、造園会社等で、知識、評価能力、技術を持って活躍する人をビオトープ管理士という。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、高等学校教諭免許状(一種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

初年度納入金:2019年度納入金 161万5940円 

学科の特長

学ぶ内容

フィールド実習科目が充実。少人数制による密な教育。設計コンペティションにも参画
実際のまちづくりの事例にふれるフィールドワークや、アイデアを具体的に空間デザインとしてまとめる演習も豊富。頭だけでなく手や体で考える。1年次の基礎演習から3・4年次のゼミまで教員1名に対し学生8名程度という少人数を実現。卒業後も交流が続く密な環境である。各種設計コンペティションにも積極的に応募
地域や市町村の将来を担えるまちづくりの専門家の育成
「住みたいまち・住み続けたいまちをつくること」を大きなテーマに、「空間デザイン」「防災」「河川環境」「維持管理システム」「都市・交通計画」などのまちづくりに関連する分野について学ぶ

カリキュラム

国士舘大学のカリキュラム1
右へ
左へ
1年次に専門分野への導入、2年次では、専門分野の基礎知識や技術を習得する
1年次には、優れたまちづくりの事例を通してまちづくりの魅力を理解すると同時に、空間デザインの基礎知識や技術、まちづくりに関わる工学の基礎技術やコンピュータなどの技術を学ぶ。2年次では都市計画やランドスケープ、景観工学や交通システム、力学など、まちづくりに関わる専門分野の基礎知識や技術を習得する
3~4年次では、実践的な応用力を養う
3~4年次では、まちづくりにとって重要な観点である「防災」、「福祉」、「環境」、「社会基礎工学」に関する、より専門的な知識や技術を習得するとともに、実際の空間を対象とする演習科目群を通じて、プランニング技術やデザイン技術、コミュニケーション技術やプレゼンテーション技術といった実践的な応用力を養う

授業

「まちづくりとは何か?」を知る【まちづくり概論】。災害について考える【防災まちづくり】
【まちづくり概論】は日本各地にある、優れたまちづくりを実践する地域を取り上げるほか、実際にまちを訪れるフィールドワークを複数回実施する点も特徴。【防災まちづくり】は各地の被害状況をケーススタディとしながら「地盤工学」の知識をもとに、構造物の耐震設計に必要な基礎知識や振動理論などの専門技術を学ぶ

学生

  • point キャンパスライフレポート

    広場がテーマのまちづくり。心地よい空間づくりがしたい。

    本格的に模型づくりを学べるのが良い点です。学外コンペに参加できるのも勉強になります。去年は、研究室の仲間と萩市を舞台にした作品でコンペに参加し、最終選考まで進み佳作を受賞しました。目に見える形での評価は励みになります。

    国士舘大学の学生

卒業後

まちに関するさまざまな分野で活躍
まちの将来構想から運営を担う公務員、魅力ある環境や空間の計画・デザインをおこなう設計会社、地域の賑わいやコミュニティづくりを担うNPO、実際の空間づくりを担う建設会社など、まちづくりの幅広い分野で活躍する場が開かれている

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【数学】<国> (1種) 、
  • 中学校教諭免許状【技術】<国> (1種) 、
  • 中学校教諭免許状【理科】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【数学】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【情報】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【理科】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【工業】<国> (1種) 、
  • 司書教諭<国>

※本学が設置している教職課程は、教育職員免許法改正に併う再課程認定申請中です。文部科学省の審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

目標とする資格

    • 技術士<国> (第一次試験(修習技術者)) 、
    • ビオトープ管理士 、
    • 造園施工管理技士<国> 、
    • 土地家屋調査士<国> 、
    • 土木施工管理技士<国> 、
    • 測量士補<国>

    ・環境管理士
    ・ランドスケープアーキテクト(RLA)
    ・土地区画整理士<国>
    ・コンクリート技士

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職希望者数25名、就職者数25名 ※まちづくり学系 )

主な就職先/内定先

    関電工 、 清水建設 、 積水ハウス 、 東日本旅客鉄道 、 日立ソリューションズ 、 スズキ 、 富士電機 、 都道府県市区町村職員 、 警視庁ほか警察 、 公立私立学校教員 ほか

※ 2018年3月卒業生実績

※主な就職先/内定先は理工学部全体の実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒154-8515 東京都世田谷区世田谷4-28-1
TEL 03-5481-3211(入試部)
ad1@kokushikan.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
世田谷キャンパス : 東京都世田谷区世田谷4-28-1 「梅ケ丘」駅から徒歩 9分
「松陰神社前」駅から徒歩 6分
「世田谷」駅から徒歩 6分

地図

 

路線案内


国士舘大学(私立大学/東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る