• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 成蹊大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 文学部
  • 日本文学科

私立大学/東京

セイケイダイガク

日本文学科

定員数:
90人

日本を多角的に理解し、日本人のアイデンティティを確立

学べる学問
  • 日本文化学

    日本独自の文化について研究する

    文学、芸術、民族、思想、日本語など、日本文化の特色をとらえ、日本の風土、歴史、社会などとの関連性を研究。異文化との比較研究も行う。

  • 言語学

    あらゆる地域、時代の言語を科学的に研究する

    言語の成り立ちや仕組みを追究し、フィールドワークや実験を通して、言語療法などの医療や自動翻訳など、広く社会に応用していく。

  • 語学(日本語)

    日本語によるコミュニケーションについて研究する

    日本語の成り立ちや構造、活用法などを国際的な視点から研究する学問。言語の背景となる文化や思想、社会とのかかわり、外国人向けの日本語教育などが研究分野になる。

  • 日本文学

    古代から現代まで、あらゆる日本の文学作品を学ぶ

    日本文学の作品を読み、テーマや文体などの研究を通して、作品の背景となる歴史や文化、社会、人間そのものを研究する。

目指せる仕事
  • 日本語教師

    国内や海外で、日本語と日本文化を教える専門教師

    日本語教師は、外国人に日本語を教える専門教師です。日本はもちろん、世界各国で活躍しており、単に日本語を教えるだけではなく、日本の文化や歴史、一般教養や現代社会に関する知識を伝える役割も担っています。日本語教師として働くために必須となる資格はありません。しかし、人に言語を教えるためには専門的な知識と技術が必要になるため、主な就職先となる日本語学校などでは4年制大学で日本語教育関連の科目を履修していること、日本語教育能力検定試験に合格していること、日本語教師養成講座を受けていることのいずれかを採用条件にしていることが多いです。さまざまな国籍の生徒とかかわるため、それぞれの国の事情や宗教についての知識が求められるほか、言語感覚の鋭さ、柔軟性のあるコミュニケーション能力も大切です。

  • 作家・小説家

    文章表現で、人を感動させる作品をつくる

    大きくは、純文学系とエンターテイメント系に分かれる。作品を書き下ろし単行本になる場合と、新聞や週刊誌、月刊誌などに連載されたものがあとから本にまとめられる場合がある。いずれにせよ、書き続ける意欲と情熱は欠かせない。

  • 編集者

    書籍や雑誌、Webコンテンツの企画・編集から取材、進行管理まで

    小説や絵本などの書籍、コミック誌、ファッション雑誌などの中身を企画し、本になるまでの過程すべてに携わるのが編集者の仕事です。最近ではWebサイトの記事やメールマガジン、電子書籍など、紙媒体だけでなくWeb媒体においても編集者が多数活躍しています。編集者になるのに必要な資格は特になく、出版社、新聞社の出版局、編集プロダクションに入社し、まずは編集アシスタントとして経験を積むことが一番の近道となります。ただし、大手出版社や新聞社の出版局の場合は、入社試験の受験資格を4年制大学卒業者(卒業見込み者)としているところがほとんどです。中小規模の出版社や編集プロダクションでは学歴を問わない場合が多いですが、未経験者の新卒採用ではなく経験者の中途採用がメインになっています。また、会社で実績を作ってから独立し、フリーの編集者として働く人もいます。

  • 図書館司書

    「本」と「利用者」の出会いを作る、図書整理&図書紹介のプロフェッショナル

    都道府県や市町村の公共図書館、私立図書館、大学図書館、学校図書館、国立国会図書館、専門図書館に勤務し、本や資料の収集・分類整理・管理、蔵書の貸出、情報提供(レファレンス)、広報などに従事する専門職員を「図書館司書」(=司書)と呼びます。正規職員の場合は「司書」の国家資格をもって働く人がほとんどです。「司書」の資格を取得するためには、「大学・短大で司書養成科目を履修して卒業する」「大学などが開講する司書講習を受講する」などの方法があります。また、学校図書館で子どもに読書指導を行う司書(司書教諭)として働くためには、「司書教諭」の免許が必要になります。「司書教諭」の免許を取得するためには、教員免許が取得でき、かつ司書教諭講習科目が受講できる大学や短大を目指すことになります。

  • 雑誌記者

    フットワークと文章力で勝負

    雑誌の企画内容やテーマに応じて取材を行い、記事を書き上げるのが仕事。企画から関わることも多く、雑誌のターゲットである読者向けの題材や書き方が要求される。出版社の雑誌編集部や制作プロダクションに所属したり、フリーで活躍する場合も。

  • 新聞記者

    社会の動きをとらえて伝える

    新聞社に勤めて、記事を書くのが仕事。その中でも取材記者、原稿の誤りを正す校閲記者、整理記者と、仕事が分担されている。取材記者は事件や事故が起これば、現場に急行し、独自ネタを拾い出して記事にする。社会を見る自分なりの視点やフットワークが必要。

  • ライター

    依頼されたテーマについて取材を行い、客観的な視点で文章にまとめる

    出版社や新聞社から依頼されたテーマについて取材をし、原稿を執筆するのがライターの仕事です。政治・経済、社会問題、教育、IT、グルメ、旅行、ファッション、美容、エンターテインメントなど与えられるテーマはさまざまあり、多くのライターは何かしらの得意分野を生かして仕事をしています。執筆した原稿は、本や雑誌、新聞、パンフレットなどに掲載されるほか、最近ではインターネットサイトやメールマガジンなどWeb媒体でのニーズが高まっています。ライターになるために必須の資格などはなく、ライターだと名乗ることは誰にでもできますが、本業として一定の収入を確保するためにはそれ相応の実力や努力が必要です。出版社や編集プロダクションに入社し、編集者もしくはライターとして働いた後、フリーランスのライターとして独立する人が多い傾向にあります。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、中学校教諭免許状(一種、二種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、高等学校教諭免許状(一種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

  • 社会福祉主事

    行政の中で福祉サービスに携わる

    公務員となって福祉関連部署で働く。地方自治体の福祉課の窓口で福祉サービスに関する相談を受け、福祉施設への入所や生活保護の適用手続などを行う他、福祉事務所や児童相談所で相談を受けたら、児童施設の児童指導員や老人福祉施設などの生活指導員として活躍する場合もあり、その仕事内容は多岐にわたる。

初年度納入金:2018年度納入金 123万5000円 

学科の特長

学ぶ内容

日本文学、日本語、日本文化を深く知り、「世界の中の日本」を探究
日本文学と日本語を体系的に理解することによって、日本文化、日本語の特性を検証し、深い専門知識と豊かな思考力を身につけることを目標としています。日本人が育んできた文化や価値観を総合的に学ぶことで日本を再発見し、日本文化の本質に迫りながら、「世界の中の日本」を広く深く探求していきます。

カリキュラム

1年次より専門科目を履修
1年次から専門科目の履修が始まります。文学史、比較文学、日本漢文学、日本美術史など、その後の研究テーマの側面を支えるバラエティ豊かな関連科目が用意されています。また、1年次のゼミにあたる日本文学入門では、文学の概論と研究手法を学びながら基礎的能力を身につけます。
自らのテーマや問題を発見・解決していく研究方法を会得し、コミュニケーション能力を磨くゼミ
2年次には基礎ゼミで古典文学、近・現代文学、日本語学の3分野をすべて学び、3年次以降は専門ゼミを履修し、専門テーマを深く追究していきます。4年間を通して、専門知識の修得と同時に、自らのテーマや問題を発見・解決していく研究手法の会得や、討論・発表などコミュニケーションの表現能力を磨いていきます。

授業

グローバル人材の育成を目的とした学部横断型の「成蹊国際コース」
全学部から選抜されたグローバル人材育成プログラムです。参加者は2年次から英語による発信力を身につけます。授業の課題に取り組みながら異文化への理解を深め、グローバル社会で役立つ知力と対応力を養います。大学在学中に自分の所属する学部の専門性を高めると同時に国際感覚を磨こうとする学生に開かれたコースです。

ゼミ

「作家研究」「作品研究」文学への異なるアプローチ。自由な議論が社会力を育てる
作家研究は関連のある作家を作品から比較研究し、作品研究ではテーマを追究し文学作品の多様性に触れます。興味に応じてどちらかのゼミに所属しますが、両方のゼミで学ぶ学生もいます。ゼミにおける議論では、自分の作品に対する着眼点や価値観を論理的に伝えるための、調査力、想像力、発表力が養われます。

学生

  • point キャンパスライフレポート

    視野や可能性を広げられる学修環境や制度が魅力!企業の課題解決に挑戦するプログラムや専門分野の学びを通して、キャリアビジョンが見えてきました!

    海外の方に日本語を教える「日本語教員」をめざせる大学を探していました。国際系の学部で学ぶ大学が多い中、成蹊は日本文学科でも学べる環境があり、文化や歴史から日本について学修できることに魅力を感じました。また、手厚い少人数指導も選んだ理由です。

    成蹊大学の学生

留学

世界の大学で学べる多彩な留学制度。経済的サポートも充実しています
13カ国28大学の協定校に加え、JSAFを通した約90大学への派遣プログラム、認定留学制度を用意。授業料減免や奨学金制度も整っています。留学・授業以外でも少人数(5~10名)で英語の講師や協定留学生と英語で話す“English Chat Time”なども実施しており、語学力を高め、異文化理解力を深めるサポートを充実させています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【国語】<国> (1種 ) 、
  • 高等学校教諭免許状【国語】<国> (1種 ) 、
  • 司書教諭<国>

日本語教員(養成課程修了証)※本学独自
社会福祉主事任用資格

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    みずほフィナンシャルグループ 、 千葉銀行 、 損害保険ジャパン日本興亜 、 日本生命保険 、 東日本旅客鉄道(JR東日本) 、 バンダイ 、 花王カスタマーマーケティング 、 日本音楽著作権協会 、 東京都教育委員会 ほか

※ 2017年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1
TEL:0422-37-3533 成蹊大学入試センター

所在地 アクセス 地図・路線案内
成蹊大学 : 東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1 「吉祥寺」駅北口より徒歩約15分
「吉祥寺」駅北口バスのりば1・2番より関東バスで約5分
「西武柳沢」駅南口より関東バス(吉祥寺駅行)で約15分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

成蹊大学(私立大学/東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る