• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 成蹊大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 文学部

成蹊大学 文学部

定員数:
420人

柔軟な知性で「人間の本質」を見抜く自立的人間、国際教養人となる

学べる学問
  • 歴史学

    日本や世界各国の歴史と文化を研究する

    人間の文化、政治、経済などの歴史上のテーマを、それがどのように起こり、どんな意味をもつのか、資料や原典にあたり、実証的に研究、現代に生かしていく学問。

  • 文化人類学

    世界の文化から、特性や相互関係を調査する

    さまざまな民族や文化圏の衣・食・住・家族などを対象に未開と文明を比較し、フィールドワークなどを通じて、人類の文化の共通性、異質性、多様性を知る学問。

  • 日本文化学

    日本独自の文化について研究する

    文学、芸術、民族、思想、日本語など、日本文化の特色をとらえ、日本の風土、歴史、社会などとの関連性を研究。異文化との比較研究も行う。

  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • 国際文化学

    歴史、文学、芸術などの観点で、世界の文化を比較する

    文化を共有する集団を民族、言語、国家、宗教、小集団や大衆などさまざまな側面で捉え、学際的・実証的に分析する学問。国際的視点や比較文化的視点を重視している。

  • 語学(英語)

    実践的な英語力を磨くとともに英米の文化なども学ぶ

    使える英語能力を身につけるために、「読む・書く・聞く・話す」の4技能を総合的にしっかりと鍛える。同時に、アメリカ、イギリスなど英語圏の国々をはじめとする外国の文化や歴史についても研究する。

  • 語学(日本語)

    日本語によるコミュニケーションについて研究する

    日本語の成り立ちや構造、活用法などを国際的な視点から研究する学問。言語の背景となる文化や思想、社会とのかかわり、外国人向けの日本語教育などが研究分野になる。

  • 日本文学

    古代から現代まで、あらゆる日本の文学作品を学ぶ

    日本文学の作品を読み、テーマや文体などの研究を通して、作品の背景となる歴史や文化、社会、人間そのものを研究する。

  • 外国文学

    海外の文学作品を読み、その国の文化や思想を学ぶ

    外国文学を読み、作家や作品の研究を通して、作品の背景となる歴史や文化、社会や人間そのものを研究する。文学史、作家論のほか、言語や文化の研究も行う。語学学習は必須。

目指せる仕事
  • マーケットリサーチャー

    製品開発に欠かせない調査員

    モノ余りの時代には、ヒット商品を生み出すために、どんな人たちがモノを欲しがっているか、商品についての需要予測や消費者の嗜好動向、購入層、過去の販売実績、販売方法など市場の動きを正確に把握する必要がある。マーケットリサーチャーはこれら調査の専門家として社会調査やその結果を集計・分析する。

  • 海外営業

    海外の企業などに自社製品を販売する

    自社製品を海外の会社や団体などにアピール、販売する仕事。販売する商品やサービスは国内の営業職と同様さまざまだが、コミュニケーションに必要な英語や現地の言葉などの日常会話力は欠かせない。仕事に必要な専門用語、法律用語などを身につけていると有利。

  • 外資系スタッフ

    外資系企業やその支社で働く

    外国資本の割合が高い企業などが、一般に「外資系」と呼ばれる。社内の公用語が英語の場合も多く、英語でビジネスができる程度の語学力は必要。また、日本の企業に比べ、自分の能力や業績を積極的にアピールする力も重視される。新卒の採用は全般に少なく、専門分野での経験を認められて、中途で雇用されるケースも多い。

  • 国際ボランティア・NGOスタッフ

    民間レベルで、国際協力を行う

    政府間での国際協力とは異なり、NGOと呼ばれる民間の組織で、開発、飢餓、教育、難民、環境、人権など、それぞれの得意分野をもちながら、有償スタッフまたはボランティアとして国際協力を行う。それぞれの団体に直接応募して、主に海外の現地で働く。

  • 通訳

    人と人とをつなぐ、言語のエキスパート

    国際会議やビジネスの場で、同時通訳または遂次通訳を行うなどの専門家。単に同時通訳するだけでなく議題から出席者のプロフィールなどまで詳しく勉強し、その人が発している言葉のニュアンスを正しく伝えることも必要。

  • 翻訳家

    さまざまなジャンルの外国語を日本語で表現して広めるプロ

    翻訳家の仕事を一言で言うと、英語をはじめ、さまざまな国の文章を日本語に訳すことです。翻訳者とも呼ばれます。翻訳には大きく分けて3つのジャンルがあります。小説や雑誌、歌詞などの文芸作品を翻訳する「文芸翻訳」、ビジネス用の学術書やマニュアル、契約書など、企業や研究者が利用する文書を翻訳する「実務翻訳」、そして、映画やドラマ、ドキュメンタリー番組などを翻訳して字幕をつける「映像翻訳」です。これらの仕事に携わるには特別な資格は必要ありませんが、語学力が求められるため、4年制大学の外国語学部や語学に強い短大、または翻訳の専門学校で学ぶ人が多くを占めます。また、英検1級やTOEIC900点以上の高い英語能力は身につけておいたほうが有利になります。仕事をするには翻訳会社に就職するか、翻訳会社に登録してフリーランスとして働くことが多いようです。最近では、ITや金融、環境などに関する専門知識を必要とする翻訳の需要が増加していることと、2020年に「東京オリンピック・パラリンピック」が開催されることもあり、活躍の場は広がると同時に、競争も激しくなることが予想されます。

  • 語学教師

    児童から社会人まで教える相手はさまざま

    教える国の語学が堪能なことはもちろんのこと、根気よく相手に教えるテクニックも必要。その国の文化や風習、政治や環境についても常にアンテナを張っておく必要がある。同じ言葉でもニュアンスが違うこともあるため、現状を知っていることが大事だ。

  • 日本語教師

    国内や海外で、日本語と日本文化を教える専門教師

    日本語教師は、外国人に日本語を教える専門教師です。日本はもちろん、世界各国で活躍しており、単に日本語を教えるだけではなく、日本の文化や歴史、一般教養や現代社会に関する知識を伝える役割も担っています。日本語教師として働くために必須となる資格はありません。しかし、人に言語を教えるためには専門的な知識と技術が必要になるため、主な就職先となる日本語学校などでは4年制大学で日本語教育関連の科目を履修していること、日本語教育能力検定試験に合格していること、日本語教師養成講座を受けていることのいずれかを採用条件にしていることが多いです。さまざまな国籍の生徒とかかわるため、それぞれの国の事情や宗教についての知識が求められるほか、言語感覚の鋭さ、柔軟性のあるコミュニケーション能力も大切です。

  • 作家・小説家

    文章表現で、人を感動させる作品をつくる

    大きくは、純文学系とエンターテイメント系に分かれる。作品を書き下ろし単行本になる場合と、新聞や週刊誌、月刊誌などに連載されたものがあとから本にまとめられる場合がある。いずれにせよ、書き続ける意欲と情熱は欠かせない。

  • 編集者

    書籍や雑誌、Webコンテンツの企画・編集から取材、進行管理まで

    小説や絵本などの書籍、コミック誌、ファッション雑誌などの中身を企画し、本になるまでの過程すべてに携わるのが編集者の仕事です。最近ではWebサイトの記事やメールマガジン、電子書籍など、紙媒体だけでなくWeb媒体においても編集者が多数活躍しています。編集者になるのに必要な資格は特になく、出版社、新聞社の出版局、編集プロダクションに入社し、まずは編集アシスタントとして経験を積むことが一番の近道となります。ただし、大手出版社や新聞社の出版局の場合は、入社試験の受験資格を4年制大学卒業者(卒業見込み者)としているところがほとんどです。中小規模の出版社や編集プロダクションでは学歴を問わない場合が多いですが、未経験者の新卒採用ではなく経験者の中途採用がメインになっています。また、会社で実績を作ってから独立し、フリーの編集者として働く人もいます。

bug fix
bug fix

成蹊大学 文学部の募集学科・コース

英語を通じて世界を知ろう。真に創造的な人間になろう

日本語と日本人を多角的に理解し、世界の中の日本を見つめる

世界の多様性を学び、国際社会で活躍する人材へ

社会学とメディア研究の視点から問題解決能力を養成する

成蹊大学 文学部のキャンパスライフShot

成蹊大学 本館大講堂は、かつて講義が行われていました。現在はイベント等に利用されています。
本館大講堂は、かつて講義が行われていました。現在はイベント等に利用されています。
成蹊大学 成蹊学園創立時の賛助員である今村繁三は、積極的に文化芸術の支援活動をしました。
成蹊学園創立時の賛助員である今村繁三は、積極的に文化芸術の支援活動をしました。
成蹊大学 発表や議論を通して相互 に学び合う双方向対話型のゼミで、論理的な考察力や発信力、協働する力を磨きます。
発表や議論を通して相互 に学び合う双方向対話型のゼミで、論理的な考察力や発信力、協働する力を磨きます。

成蹊大学 文学部の学部の特長

文学部の学ぶ内容

英語英米文学科
異文化相互理解の基礎となる実践的な英語力を身につけます。英米の文学作品を通して欧米の文化や歴史を「人種」「ジェンダー」「階級」など様々な角度から学び、国際感覚を持って人間を見つめる視点を養い、自分の考えを正確に表現できる国際人を目指します。
日本文学科
日本文学や日本語を深く考察し、それらを体系的に理解します。多様な国際社会の中で、自らの文化的特性に立脚しつつ自立的に行動できる基礎的な判断力、および自らの思いを積極的に伝えることのできる豊かな表現力を備えた人材を育成します。
国際文化学科
世界の多様性を理解し視野の広い豊かな国際感覚を身につけ、人間の本質に迫ります。「国際関係研究」「文化人類学」「地域文化・歴史」の3つの学問領域を中心に、情報処理能力やコミュニケーション能力など、国際社会で活躍するための実践的スキル向上を目的とした科目にも力を入れています。
現代社会学科
メディア、都市、地域、環境、福祉など、現代社会に存在する問題の分析、研究方法について学びます。社会調査士の資格取得のための科目や、社会とメディアの関係を学ぶ「メディア・リテラシー演習」など、現代のニーズを反映した科目を数多く開講しています。

文学部の授業

少人数ゼミ
少人数のゼミを1年次から必修としています。ゼミの目的は学生の習熟度に応じて年次別に異なり、1・2年次では基礎知識と基本的研究手法を修得。3・4年次は同じ教員に2年間指導を受け、卒業論文をまとめます。
学科横断型の2コース開設
2020年4月より学科横断型の新しい2コース「日本語教員養成コース」と「芸術文化行政コース」を開設しました。
◆日本語教員養成コース 外国人の日本語学習熱が高まる状況を受け、実績のある日本語教員養成課程をさらに強化。日本語を教える高いスキルを習得するとともに、言語を通じて国内外の人・社会・文化への理解を深めます。
◆芸術文化行政コース 官民における芸術文化振興の担い手を育成することを目的に開設。行政やNPOによる芸術文化振興の実務を学ぶとともに、芸術文化を通じて多様な人々が共生できる社会について考えていきます。
トピックセミナー
言語や文化の研究のほか各学科の通常科目には見られない独創的なテーマを用意。学科を問わず履修することができます。

成蹊大学 文学部の入試・出願

成蹊大学 文学部の就職率・卒業後の進路 

■2020年3月卒業生就職実績
みずほFG、三菱UFJ銀行、りそな銀行、あいおいニッセイ同和損害保険、三井住友海上火災保険、MS&AD事務サービス、紀伊國屋書店、三菱マテリアル、キーエンス、全日本空輸、日本航空、ANA成田エアポートサービス、JR東日本、星野リゾート、NTTドコモ、凸版印刷、東京都教育委員会、国家公務員、地方公務員 他

成蹊大学 文学部の問い合わせ先・所在地

〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1 アドミッションセンター
0422-37-3533

所在地 アクセス 地図・路線案内
成蹊大学 : 東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1 「吉祥寺」駅北口より徒歩約15分
「吉祥寺」駅北口バスのりば1・2番より関東バスで約5分
「西武柳沢」駅南口より関東バス(吉祥寺駅行)で約15分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

成蹊大学(私立大学/東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る