• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 広告・新聞・雑誌・本
  • 新聞記者
  • 気になる?年収・給料・収入
新聞記者の気になる?年収・給料・収入

新聞記者の気になる?年収・給料・収入

全国のオススメの学校

新聞記者の平均年収は800万円ほどだと言われています。ただし、大手新聞社が900万円ほどなのに対して、地方の新聞社は700万円ほどと、会社の規模によって大きな開きがあるようです。また、役職によっても金額に開きがでます。

新聞業界の平均年収

一般的に20代の新聞記者は年収400万円ほどで、30代になると700万円ほど、40代を超えると800万円以上になるようです。ただし、これらは新聞業界の平均です。また、ブロック紙と地方紙でも違いがあるようです。

大手新聞社の若手記者

大手新聞社の給与は、業界の平均よりも高いようです。若手記者でも500万円を超えるといわれています。ただし、支給されたカメラに飽き足らず自分で追加のレンズを購入したり、取材の意味合いもある会食で食事代を払ったりと、いい仕事をしようとすれば出費もそれなりに多いようです。

大手新聞社のキャップ

現場にいる記者のリーダーです。スクープ記者を任されたり、部下の記者を使って取材を進めたりと、記者の中でも一目置かれる存在です。30代後半でサブキャップに、40代前後でキャップになる人が多いようです。年収は1000万円を超えます。

大手新聞社のデスク

記者の上司にあたります。現場で取材をすることはなく、記者が書いた原稿をチェックすることが仕事です。年収は1300万円を超えます。

大手新聞社の部長クラス以上

仕事内容は多岐に渡るので一概には言えませんが、会社のリスク管理や広報の仕事に携わります。年収は1500万円を超えます。

フリージャーナリスト

新聞社から独立して活動する記者をフリージャーナリストと呼びます。組織内で活動していた時から専門分野を磨いたり、人脈を構築したりすることで、フリーになってからますます活躍することができます。実力主義のため、年収200万円の人もいれば、数千万円を稼ぐ人もいます。
(上記で記された年収は、編集部が独自に調べたもので、あくまでも目安の金額です)

関連する仕事の年収・給料・収入もチェックしよう

新聞記者を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路