• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 大阪商業大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 公共学部

私立大学/大阪

オオサカショウギョウダイガク

公共学部

定員数:
250人

国や地方自治体、企業などの運営方法を学修し、地域社会や地域間交流に貢献できる人材へ

学べる学問
  • 教養学

    人文科学、社会科学、自然科学を幅広く学び、人間や社会を理解する

    学問の枠にとらわれずに幅広い知識を身につけることで、1つの学問からだけでは見えにくい、人間や社会についての特質や問題点を明らかにする

  • 総合政策学

    学問分野の枠を超え、現代の社会問題解決に向けて研究する

    複雑化・国際化した現代社会の課題を解決するための政策立案・遂行に向けて、学問の枠を超えて研究し、問題の解決手法を探る。

  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶのが情報学です。「コンピュータやプログラミングについて学ぶ、理系の学問」というイメージを抱く人は少なくないかもしれませんが、情報技術の社会への浸透に伴い情報学の扱う領域も広がっており、今や理系だけに限られる学問ではなくなっています。情報学の知識や技術をもった人材へのニーズはさらに高まっていくに違いありません。就職などの将来性は、安定しているといえます。

  • 人間科学

    「人間とは何か」について幅広い視点で研究する

    人間科学は、「人間とは何か」という問いに対し、人文科学、社会科学、自然科学のあらゆる領域からアプローチしていく学問です。人間に関することならなんでも研究テーマになり得るため、自分や身の回りの人をもっと深く理解したい、人の行動心理が知りたいなど、人に対してなんらかの興味がある人に向いています。卒業後の進路としては、専門分野によっても異なりますが、教育、マスコミ、心理士やカウンセラーといった道が代表的です。

  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 会社経営者

    会社の業績、戦略判断、すべてに関して最終判断と責任を負う

    会社が活動を行う上での、事業戦略、資金対策、取引先対応、社員管理などあらゆる問題について、次の方向を示したり難しい決断を下したりする最高責任者。大企業以外では営業活動の第一線で活躍していることも少なくない。

  • 中小企業診断士

    中小企業の経営全般を調査・管理

    中小企業の経営者の依頼により、会社経営全般の調査・診断をし、生産管理、経営指導などを通して、経営改善をはかる、いわゆるマネジメント・コンサルティングをする。また、個々の企業を当たるだけでなく、数人でチームを作り、商店街全体の再開発診断にあたるケースもある。

  • 海外営業

    海外の企業などに自社製品を販売する

    自社製品を海外の会社や団体などにアピール、販売する仕事。販売する商品やサービスは国内の営業職と同様さまざまだが、コミュニケーションに必要な英語や現地の言葉などの日常会話力は欠かせない。仕事に必要な専門用語、法律用語などを身につけていると有利。

  • 観光局スタッフ・地域コーディネーター

    各国の観光局で観光案内を行う

    観光局スタッフは、各国の窓口となり、政府に代わって観光案内を行う。情報収集や本国とのやり取りがあるため、その国の語学が堪能であることは必須。メディアに対してPRすることも重要な仕事だ。地域コーディネーターは、まちづくりのキーパーソンとして、地域の課題を探り出し、地元のヒトやモノを結びつける新たな事業を生み出していく仕事。たとえば、地元の若者と企業をつなぐインターンシップ事業や地域独自の観光資源を生かした新たなツアーの企画など、さまざまな取り組みが実践されている。

  • 旅行代理店販売・営業

    行く先の相談から出発の手続きまで、旅のお手伝いをする営業職

    旅行会社の窓口スタッフや営業担当として、個人や企業・学校などの顧客に対し、旅行プランの提案・販売を行う。単なる販売職ではなく、顧客の目的や要望、嗜好、予算などをしっかりと聞いて、ニーズに合ったプランを提案するコンサルタント的な役割も担う。そのほか、宿泊施設や乗物の予約、保険手続きなど、安全で快適な旅に向けた準備のお手伝いも大切な仕事。国内外の観光地に関する幅広い知識や旅行・交通に関する専門的な知識が求められる。

  • ジャーナリスト

    報道を通して、社会のできごとを広く伝える

    ジャーナリストの定義は確立されていませんが、広い意味で「新聞や雑誌、テレビ、インターネットなどのメディアで報道する人や寄稿する人」とする場合、新聞記者や放送記者、雑誌記者、編集者、ルポライター、フリーライター、キャスター、報道写真家などを総称名しているといえます。なかには自分でジャーナリストと名乗ればいい、という人もありますが、少なくとも多くの第三者や社会からジャーナリストとして認められることが必要でしょう。また、会社や組織に所属するのではなく、自らの信念に従いフリーランスで取材活動や執筆を行う人を、狭い意味でジャーナリストと呼ぶ場合もあります。ジャーナリズムの影響力は大きく、報道(発信)の仕方や内容によっては、ひとつの業界のみならず、国民意識や政治まで変えることもあります。

  • 住宅メーカー営業

    自社で開発した住宅を販売する。すでにある住宅を販売することもあれば注文に応じてアレンジすることも。

    住宅専門のメーカーでは、自社で開発した住宅や注文住宅などを請け負い、建設する。ショールームや見本住宅などで接客をし、営業をするケースが多いが、担当地域を回って、リフォームや建て替えなどの営業を行うこともある。営業が顧客の希望や思い、予算をしっかり聞き出し、それに沿ったプランを設計に依頼。受注した後は、建築のスケジュール管理を行い、引渡しまで責任を持つ。営業によっては、簡単な設計図は自ら引くこともできる知識を持っている人もいれば、まったく建築とは関係ない勉強をしてきて、営業を行っている場合もある。

  • スポーツトレーナー

    怪我の予防・応急処置、疲労回復、成長サポート。選手を第一に考え、最高のパフォーマンスへと導く

    スポーツトレーナーは、スポーツ選手が最高の状態で競技できるようサポートをする、トレーニングとコンディショニングのプロです。プロスポーツチームやスポーツジムなどに所属し、怪我の予防に細心の注意を払いながら、トレーニング方法から生活リズム・メンタルの整え方まで幅広く指導します。また、競技中の応急処置や怪我後のリハビリサポートも、スポーツトレーナーの大事な仕事となります。資格が必須となる職業ではありませんが、選手の体に直接触れて処置をするケースが多いため、柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・理学療法士など医療系の国家資格をもっているスポーツトレーナーがほとんどです。これらの資格をもつことでさまざまな状況に対処することができるようになるほか、幅広い知識をもっている証明にもなり、チームや選手からの信頼を得ることにつながるようです。

bug fix
bug fix

募集学科・コース

国や地方自治体、企業などの運営方法を理解し、地域に貢献できる「経営する力」を身につけた人材へ

スポーツと社会参加コース

地域と社会参加コース

公共とビジネスコース

キャンパスライフShot

大阪商業大学 スポーツで地域を元気にするための知識を幅広く修得できるカリキュラムを用意。
スポーツで地域を元気にするための知識を幅広く修得できるカリキュラムを用意。
大阪商業大学 「まち」を元気にするためには、どうすれば良い?その「こたえ」が見つかります。
「まち」を元気にするためには、どうすれば良い?その「こたえ」が見つかります。
大阪商業大学 最新の設備が整った「re-Act(リアクト)」。学生の更なる成長に寄与します。
最新の設備が整った「re-Act(リアクト)」。学生の更なる成長に寄与します。

学部の特長

学ぶ内容

公共学科
グローバル化や少子・高齢化が進む現代において、地域社会では過疎化などによりその姿が大きく変わりつつあります。また、モノだけでなく心の豊かさも求められる時代となり、人々の考え方・価値観がさらに多様化しています。地域で生きる私たちは、それぞれの考え方や価値観の違いを認め合い、協力して、地域に生じる問題解決に取り組んでいかなければなりません。そして今後は、企業・NPO ・大学などが、国や地方自治体と連携して、地域を活性化させ、「新しい公共」を形成していくことが重要なのです。同学に新たに誕生した公共学部では、「新しい公共」の場で求められている、地域経営を担う能力を持つ「地域マネジメントリーダー」、ビジネスチャンスを生かすことのできる公共マインドを持った「ソーシャルビジネスリーダー」を育成。地域が抱える課題解決のために「経営する力」を発揮し、地域の形成や活性化にチャレンジすることのできる能力を養っていきます。

授業

専門コース制
本学では、学生それぞれが公共分野で描く、夢を実現するためのコースを設置しています。
■スポーツと社会参加コース スポーツには「する」だけでなく、「見る」「支える」という関わり方があります。本学部の前身である、総合経営学部公共経営学科で培ったノウハウを活かしつつ、スポーツをきっかけとする地域の活性化やまちづくりについて学びます。
■地域と社会参加コース 地域の歴史や文化を活かして、また他地域と連携することによって、地域の課題を解決し、地域を活性化することが求められています。このコースでは、明日の地域づくりに向けて、各地の事例や実体験に基づく学習を踏まえて、私たちが果たす役割について学びます。
■公共とビジネスコース 企業が行う地域への貢献活動など、ビジネスの手法を用いて、社会的課題を解決する工夫が行われています。本コースでは、社会に貢献することで企業の価値を高めるビジネス、あるいは地域の課題解決をビジネスとして行うソーシャルビジネスなど、新しいビジネスの手法を学びます。

就職率・卒業後の進路 

■卒業後の進路
修得した公共学の知識を活かし、スポーツ関連企業、国・地方自治体のスポーツ振興部門、環境・福祉関連企業、国家・地方公務員、地域自治体の環境・福祉関連部門、NPO・NGO職員、地域金融機関、協同組合、警察官、消防士などとして、多彩なフィールドでの活躍が期待できます。

問い合わせ先・所在地

〒577-8505 大阪府東大阪市御厨栄町4-1-10
06-6787-2424

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府東大阪市御厨栄町4-1-10 近鉄奈良線「河内小阪」駅から徒歩 約5分
JRおおさか東線「河内永和」駅から徒歩 約12分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

大阪商業大学(私立大学/大阪)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る