• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 愛知
  • 人間環境大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 心理学部
  • 犯罪心理学科

< 心理学部 ((仮称)2022年4月設置予定(構想中))

人間環境大学 心理学部 犯罪心理学科((仮称)2022年4月設置予定(構想中))

定員数:
50人

犯罪を取巻く諸問題に対する心理学的アプローチを学び、多様化する現代社会の問題を分析・解決するための実践力を養う

学べる学問
  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

  • 人間科学

    「人間とは何か」について幅広い視点で研究する

    人間科学は、「人間とは何か」という問いに対し、人文科学、社会科学、自然科学のあらゆる領域からアプローチしていく学問です。人間に関することならなんでも研究テーマになり得るため、自分や身の回りの人をもっと深く理解したい、人の行動心理が知りたいなど、人に対してなんらかの興味がある人に向いています。卒業後の進路としては、専門分野によっても異なりますが、教育、マスコミ、心理士やカウンセラーといった道が代表的です。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 警察官

    日々の防犯活動と、事件・事故の迅速な解決が要。人々の生活と安全を守る

    社会の治安を守るために、個人の生命や身体、財産を保護し、犯罪の予防や鎮圧、捜査、被疑者の逮捕、交通の取り締まりなどを行う。警察官には、巡査、巡査長、巡査部長、警部補、警部、警視、警視正、警視長、警視監、警視総監といった階級がある。

  • 法務教官

    少年院などで社会復帰させるための指導をする

    少年院や少年鑑別所に勤務する。非行を犯した少年少女の問題性に着目し、集団活動や、面接、相談、助言などを通して、生活指導したり、教育していくのが仕事。社会に適応できない問題を除去して、社会復帰させることが使命だ。

  • 家庭裁判所調査官

    事件についての調査報告を行う

    家庭裁判所裁判官の命を受けて、社会学、教育学、法律学などの専門知識を活用し、家事事件、少年事件についての調査・報告を行う。審判に立ち会って意見を述べ、裁判官の司法的判断を助けることも任務の一つ。

  • 臨床心理士

    心の問題にアプローチする専門家

    相談者の言動を観察し、心理テストを使って心理や性格判定をする。たとえば、精神病患者の心理検査・判定、不登校や通勤拒否、職場の人間関係や家庭内暴力で悩んでいる人などの援助を行う仕事だ。一般的には、カウンセラー、サイコセラピスト、心理判定員などと呼ばれている。

  • 心理カウンセラー

    心のケアが必要な悩みを抱えた人の精神的自立を助ける

    ストレス社会の現代、さまざまな悩みを抱え、社会的適応不全を起こして苦しんでいる人たちが数多くいる。そんな人たちの心をいやすため、心理学的な知識や技能を用いて、その回復や解決の手助けをする。相談の内容や対象者によってもいろいろなカウンセリングの方法がある。

  • 公認心理師

    心の問題にアプローチする国家資格

    公認心理師とは、「心理に関する支援が必要な方の相談を受け助言を行う」仕事です似ている資格に「臨床心理士」がありますが、「臨床心理士」が民間資格であるのに対し「公認心理師」は国家資格です。「臨床心理士」が指定大学院で修士論文作成をするなどして、研究者としての資質も期待されている一方で、公認心理師は大学(学士課程)で指定カリキュラムを修了後に実務経験を経ての受験ができる点など、若干の違いがあります。

初年度納入金:2022年度納入金(予定) 133万円  (変更となる場合があります)

人間環境大学 心理学部 犯罪心理学科の学科の特長

心理学部 犯罪心理学科の学ぶ内容

「犯罪心理学」を少人数制による実践的な学びを通して深く学びます
専門科目として「法心理学領域」「犯罪科学領域」「犯罪臨床領域」「捜査・防犯心理学領域」の4領域を設置し、犯罪心理学を包括的にかつ深く学ぶことができます。また、少人数教育と演習や事例研究等の実践的な学びを通して、「犯罪」という問題に対する心理学的アプローチについて理解を深めていきます。

心理学部 犯罪心理学科の卒業後

公務員、専門職、一般企業、大学院進学(認知心理学系・社会心理学系・臨床心理学系 等)
犯罪捜査、裁判、矯正、更生、保護、防犯など、犯罪行為や犯罪をとりまく事象に対する関連機関や企業において活躍が期待できます。4年間の学びを通して身につけた調査、統計、データ分析などの知識や能力は、様々な業種の一般企業においても活かすことができます。また、大学院進学の道もあります。

心理学部 犯罪心理学科の資格

公認心理師〈国〉、臨床心理士の資格取得が目指せます
本学は、公認心理師〈国〉、臨床心理士資格のダブル取得に向けた万全のサポート体制が整っています。また、本学の併設大学院は、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会第1種指定大学院に認定されており、大学院開設後16年間の累計合格率は、94.3%(累計合格者100名/2019年度5名合格)。

心理学部 犯罪心理学科の施設・設備

学内・学外での実習
学内には、遊戯療法室、カウンセリング室(兼箱庭療法室)、精神分析室、心理療法室、心理学実習室等の施設が設置されています。また、学外施設での見学や実習も積極的に行い、現場で心理臨床の仕事の厳しさや責任の重さを経験できます。

心理学部 犯罪心理学科の奨学金

特別奨学金制度(入学試験にて選考)※2021年度実績
入学者選抜(入試)の結果により、成績優秀者の授業料等を免除します。
■特別奨学生A:授業料全額相当額免除[最長4年間]
■特別奨学生B:授業料半額相当額免除[最長4年間]
※返還の義務はありません。

心理学部 犯罪心理学科の入試

2022年度も「総合型選抜AO入試(専願型・併願型)」を実施(予定)※ネット出願可
総合型選抜AO入試は、高校の成績にとらわれない、あなたの学びへの意欲・積極性を評価します。2021年度入試の選抜方法は、[1]入学志望理由書 [2]テーマ作文 [3]面接 [4]調査書で[1]~[4]の総合判定で選抜。
※詳細は本学HPをご確認ください。

人間環境大学 心理学部 犯罪心理学科の学べる学問

人間環境大学 心理学部 犯罪心理学科の目指せる仕事

人間環境大学 心理学部 犯罪心理学科の資格 

心理学部 犯罪心理学科の目標とする資格

    • 公認心理師<国> (大学院修了または2~3年の実務経験) 、
    • 臨床心理士 (大学院修了) 、
    • 日本心理学会認定心理士

    メンタルヘルス・マネジメント検定II種

人間環境大学 心理学部 犯罪心理学科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒444-3505 愛知県岡崎市本宿町上三本松6-2
岡崎キャンパス 入試・広報部 TEL:0120-48-7812

所在地 アクセス 地図・路線案内
岡崎キャンパス : 愛知県岡崎市本宿町上三本松6-2 名鉄「本宿(愛知県)」駅から徒歩 8分
名鉄「本宿(愛知県)」駅から無料スクールバス 3分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

人間環境大学(私立大学/愛知・愛媛)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

RECRUIT