• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 尚美学園大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 芸術情報学部
  • 情報表現学科

私立大学/埼玉

ショウビガクエンダイガク

情報表現学科

定員数:
160人

「クロスオーバー学習制」で、さまざまなテーマからなる6つのコースを学びクリエーターになる

学べる学問
  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶのが情報学です。「コンピュータやプログラミングについて学ぶ、理系の学問」というイメージを抱く人は少なくないかもしれませんが、情報技術の社会への浸透に伴い情報学の扱う領域も広がっており、今や理系だけに限られる学問ではなくなっています。情報学の知識や技術をもった人材へのニーズはさらに高まっていくに違いありません。就職などの将来性は、安定しているといえます。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • 舞台・演劇学

    演劇における表現方法を、理論と実技の両面から研究する

    舞台・演劇文化の理論と歴史をふまえ、創造的な表現を生み出す方法、技術を研究する学問。演技や歌唱、舞踏などの表現方法のほか、演出、衣装、脚本、効果などについても学ぶ。

  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

目指せる仕事
  • 映像プロデューサー

    予算や質的管理など番組全体の制作総括責任者

    テレビ番組などで、番組の企画立案をしたり、スポンサーや出演予定者との交渉、制作予算の管理、質的管理など、番組全体を管理するのが仕事。テレビ局や番組制作会社に入社するとアシスタントから始まり、ディレクター、プロデューサーと役割が徐々に大きくなっていく。

  • CGデザイナー

    コンピュータグラフィックスでイメージを映像に表現

    コンピュータで文字やイラスト(CG)をつくる。建築、都市計画、機械設計、デザイン、アニメーション、科学研究のシミュレーションなどさまざまな分野で活用されるようになってきた。コンピュータ理論やプログラミングに通じ、色彩、デザイン感覚に優れていることが条件。

  • 照明スタッフ

    場面や、構成に合わせてライティングする

    舞台やスタジオなどで照明を操る。たとえば、コンサートの照明スタッフは、プランナー、チーフオペレーター、オペレーター数名で構成される。プランナーは、曲やコンサートの構成に合わせて照明のプランニングを行い、オペレーターはピンスポットなどの使用する照明ごとのライティングを担当する。

  • 音響スタッフ

    いい音を出すためのエンジニア

    舞台や映画、テレビなどで、音声を調節したり、効果的な位置にマイクをセットしたりするのが仕事。特に音楽番組では、音が重要なポイントとなる。いろいろな場所で常にいい音を出すには、熟練した技術とセンスが必要。新しい技術を検討したり、システム作りをすることも。

  • アニメーター

    生き生きとしたアニメの絵を描く

    世界的にも評価の高い日本のアニメーション(アニメ)。アニメ制作には多くの担当者が集まってそれぞれの仕事を行いますが、高いクオリティーの作品を制作するための重要な役割を担うスタッフのひとりが、アニメーターです。アニメーターは、アニメの絵を描き、動きを表現するのが仕事で、絵そのものの魅力、動きのスムーズさを担います。アニメ全体のクオリティーに深く関係するため、アニメ制作に欠かせない仕事です。アニメーターになるのに必須の試験・資格はありません。制作会社の採用時にはいかに絵がうまく描けるかがポイントとなるため、大学や専門学校などで絵の描き方や表現方法などについて学ぶとよいでしょう。

  • WEBデザイナー・クリエイター

    使いやすいウェブサイトをデザインする

    インターネットのページをデザインするウェブデザイナーは、誌面のデザインとちがいナビゲーションのためのボタンの位置や、そのページに盛り込む情報の取捨選択など、画面になった時に利用者が、その画面を見て次の画面をわかりやすく選択できるような情報デザインの視点が求められる

  • キャラクターデザイナー

    キャラクター、背景、アイテムのデザイン

    自分の持ち味を出した新しいゲーム・キャラクターを生み出す。グラフィッカー(CGデザイナー)が行うケースも多く、ディレクターと「検討会議」を行い、採用されたキャラクターや背景コンテを基に、パソコン上でグラフィックを描く。背景、キャラクター、アイテムなどの担当に分かれ、それぞれ複数パターンを作成する。

  • イラストレーター

    雑誌や広告などに使われる個性的な作品を描く

    雑誌、書籍、広告などの印刷メディアにイラストを描く。独自の作風を持っていること、クライアントの要望に応じた作品を作り上げる器用さも要求される。イメージをイラストに置き換える能力や感性、作品を想像する力も必要。

  • ゲームプランナー(ディレクター)

    新しいゲームの企画や仕掛けを考え出す

    「次にヒットするのはどんなゲームか」ということを、様々な観点から分析して新しいゲームの企画を立てたり、ロールプレイングゲームなど、ストーリー展開や複雑な設定や仕掛けが必要な場合に、全体のシナリオ作成から、新しいアイディア出しまで、プランをまとめあげる。

  • プログラマー

    コンピュータを動かすプログラムの開発・作成

    コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。

初年度納入金:2019年度納入金 164万4140円 
年限:4年制

学科の特長

学ぶ内容

6つのコースを一つに絞ることなく、『好き』や『興味』にそって自由に学べる
「音響・映像・照明」「CG・イラスト・アニメ」「美術・デザイン」「ゲーム・ゲームサウンド」「情報・アプリ」「SNS」の6コースを、一つのコースに絞ることなく自由自在に学べるのが情報表現学科の特長です。コースの中に『好き』や『興味がある』というテーマがあれば、クリエーターとして活躍できる道がひらけています。
好きなテーマをゼロから学び、目覚め、クリエーターになる
設置されているコースは、高校卒業後に本格的な勉強を始めるテーマばかり。世界で活躍しているクリエーターの多くも、最初は興味を持ち、ゼロから学ぶことで目覚め、クリエーターとして活躍することができているのです。好きなことを仕事に直結できる情報表現学科の学びで、自分自身の可能性にチャレンジしてください。

実習

プロ仕様の機材が揃う、映像スタジオや録音スタジオで本格的に学べる
4台のハイビジョンカメラをはじめ、放送局で使用されている映像、音響、照明機材を完備した映像スタジオ、ミキシングコンソールを備えた録音スタジオなど恵まれた環境が用意されています。これらの機材を使って他学科の学生とコラボして、実際にレコーディングやステージを創り上げるなど実践的に学ぶことができます。
学内外の多彩なコンクールに学生作品を積極的に出展し、さらなる技術の向上を目指す
学生のアイデアをカタチにし、学外に発信する機会があります。学生作品を展示している「東京ゲームショウ」ではこれまで数多く入賞。様々なコンクールに作品を出展することで、技術の向上に努めています。また、東京芸術劇場で開催される「卒業制作展」では、独創性とパワーにあふれた作品が来場者に感動を与えています。

学生

  • point キャンパスライフレポート

    “音”を入れて映像に息を吹き込むMAの魅力は、自分の感性を自由に表現できること!

    高校生の時に見たミュージカルに衝撃を受け、そこで興味をもった音響の勉強ができる尚美学園大学へ。音響や舞台、照明やカメラ、PAやMAのことも学べるこの大学は、業界の多彩な職種を見たかった私に最適でした。

    尚美学園大学の学生

卒業後

クリエーターとしてあらゆる分野へ活躍の場は広がる
6コースを自由自在に学ぶことで好きなことや得意なことをさらに伸ばし、将来の可能性を広げることができます。想定される職種は、PAエンジニア、CGクリエーターやイラストレーター、アニメーター、美術やデザインに携わる仕事、ゲームクリエーター、サウンドクリエーター、アプリの開発者、マーケターなどがあります。

制度

さまざまなテーマからなる6コースを、自由自在に学べる「クロスオーバー学習制」
学びたいコースを「セレクト」して、高い専門性を身につける学び方。複数コースを「ミックス」して学び、新しいクリエーションに取り組む学び方。興味や関心の変化に従ってコースを「シフト」することでスキルを発展させ、可能性を探る学び方。セレクト、ミックス、シフトしながら学べるのが「クロスオーバー学習制」です。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【情報】<国> (一種)

目標とする資格

    • IT パスポート試験<国> 、
    • 映像音響処理技術者資格認定試験 (ポスプロ検定) 、
    • CGエンジニア検定 (2級・3級) 、
    • CGクリエイター検定 (2級・3級) 、
    • 基本情報技術者試験<国> 、
    • マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS) 、
    • 文部科学省後援 ビジネス能力検定(B検)ジョブパス (2級・3級)

    舞台機構調整技能士2級・3級

入試・出願

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒350-1110 埼玉県川越市豊田町1-1-1
フリーダイヤル:0120-80-0082(入試・広報課)
e-mail:info@s.shobi-u.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
埼玉県川越市豊田町1-1-1 「川越」駅から無料スクールバス 7分
「本川越」駅から無料スクールバス 10分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

尚美学園大学(私立大学/埼玉)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る