• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 札幌市立大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • デザイン学部
  • デザイン学科

公立大学/北海道

サッポロシリツダイガク

デザイン学科

募集人数:
85人

幅広いデザイン能力をもち、新しい視点・技術力・企画力を身につけ、豊かな社会活動の実現に貢献できる人材を育成

学べる学問
  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • 建築学

    より高度に安全で快適な空間をさまざまな理論を使って作る

    安全・快適で、経済的な建築物の生産を研究。設計の他、建築構造、建築防災、環境工学などを学ぶ。室内設備から都市計画まで研究領域は広い。

目指せる仕事
  • 映像プロデューサー

    予算や質的管理など番組全体の制作総括責任者

    テレビ番組などで、番組の企画立案をしたり、スポンサーや出演予定者との交渉、制作予算の管理、質的管理など、番組全体を管理するのが仕事。テレビ局や番組制作会社に入社するとアシスタントから始まり、ディレクター、プロデューサーと役割が徐々に大きくなっていく。

  • 映像ディレクター

    番組制作の監督であり、演出家

    TV番組のコンセプトなどプロデューサーが行った大枠の決定に従って、番組を実質的に制作し、演出するのが仕事。局によっては、取材、構成、台本などまですべて一人で担当する場合もある。アシスタント経験を要するのが現状。

  • CGデザイナー

    コンピュータグラフィックスでイメージを映像に表現

    コンピュータで文字やイラスト(CG)をつくる。建築、都市計画、機械設計、デザイン、アニメーション、科学研究のシミュレーションなどさまざまな分野で活用されるようになってきた。コンピュータ理論やプログラミングに通じ、色彩、デザイン感覚に優れていることが条件。

  • グラフィックデザイナー

    雑誌や広告で“伝えたいこと”をデザインして表現する

    雑誌や広告、宣伝媒体、商品のパッケージなど、印刷物の紙面をデザインし、ビジュアル的効果を高めるのが仕事。アート面でのセンスが問われるのと同時に、流行を読み取る洞察力と、時代にマッチした感性も欠かせない。

  • 広告プランナー

    商品などを売り出すためのアピール方法を企画する

    商品や企業イメージなどをその時代や流行、消費者ニーズを考えながら、どのように広告していけばいいのか企画するのが仕事。イメージ作りはもちろん、デザイナーやコピーライターを集めたり、どの時期にその媒体に広告を打つと効果が高いかなども考えながら仕事を進める。

  • WEBデザイナー・クリエイター

    使いやすいウェブサイトをデザインする

    インターネットのページをデザインするウェブデザイナーは、誌面のデザインとちがいナビゲーションのためのボタンの位置や、そのページに盛り込む情報の取捨選択など、画面になった時に利用者が、その画面を見て次の画面をわかりやすく選択できるような情報デザインの視点が求められる

  • 工業デザイナー

    家電など工業製品を機能的で美しくデザイン

    ボールペンから飛行機まで、さまざまな工業製品の形と機能性をデザインする。新製品の開発の仕事が多く、メーカーの開発担当者と相談しながら、最適なデザインを決め、模型を作り、改善して最終的なデザインを決定していく。

  • インテリアデザイナー

    安全で快適な住空間を設計する

    住宅やオフィス、船舶、航空機などの室内デザインから家具や照明器具などのデザインまで、幅広い分野にわたって携わるデザイナー。建築設計者や施行業者、依頼人と打ち合わせを重ね、デザインを進めていく。専門化が進み、室内空間専門、建築設計に強い人、家具や照明などの専門など、あらゆる分野で活躍している。

  • アートディレクター

    雑誌、広告などのビジュアルイメージをつくる

    広告や雑誌、商品のパッケージなど、印刷物のビジュアルイメージをつくる責任者。例えば広告の場合、広告する商品・サービスのコンセプトをもとに、どんなイメージにするかを考え、それに基づいたアイデアをデザイナーやカメラマンに伝える。時には自らデザインしながら質の高い作品をつくっていく。

初年度納入金:2017年度納入金(参考) 67万6800円  (札幌市内居住者。左記以外の方/81万7800円※他、傷害保険料、教科書代、教材費等の諸経費がかかります)

学科の特長

学ぶ内容

人間空間デザインコース
人々の暮らしを建築設計や地域づくりを通じて支援し、豊かにするデザイン手法を学びます。建築士国家資格取得、ランドスケープ、アート、創造都市におけるメディアプロデュースなどの専門家の教育はもとより、都市・地域コミュニティの役割やビジネスのしくみを理解し、総合的にプロモートできる人材を育成します。
人間情報デザインコース
人々の暮らしをモノづくり、コト(サービス)づくりを通じて支援し、豊かにするデザイン手法を学びます。また、アート、心理学、人間工学、科学技術、映像、コンピュータグラフィクスなどの専門教育や、「ヒトとモノ、ヒトと社会の良質な関係」を総合的にとらえ、具体的なかたちで提案できる人材を育成します。

カリキュラム

卒業後の多様な進路へ対応できる新カリキュラム
2016年度よりコースを再編。従来の4コースを2コースにすることでコースの垣根を低くし、「デザインの専門性」と「デザインの総合的能力」の2つの視点から、横断的に授業を履修できるようになりました。異分野との交流を通じた幅の広いデザイン力も身につきます。

卒業後

多様な進路
卒業後は、建築設計事務所、デザイン事務所、製造・販売関連企業、ソフト・webコンテンツ制作会社、映像・情報関連企業、広告・出版・メディア関連企業、公務員、本学大学院デザイン研究科をはじめとする大学院進学など多彩な進路が開かれています。

資格

専門知識・技術資格の取得もバックアップ
人間空間デザインコースでは、建築分野に必要な「一級建築士<国>」(卒業後、2~3年間の実務経験が必要)、「二級建築士<国>」、「木造建築士<国>」の受験資格を得られます。また、自由科目の必要な単位を取得すると、博物館などで必要な「学芸員<国>」の資格を取得できます。

クチコミ

学んだことを活かせる場があります!
映像コンテスト、デザインコンペへの出品、アートプロジェクトへの参加、地域イベントの企画など、大学で学ぶデザインの知識・技術・創造力を活かした活躍の場が多数あります。また、企業や団体から依頼を請け、出版物やポスターなどの広告物のデザインを提案するなど、学生時代に実績を積むことができます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 学芸員<国>

受験資格が得られる資格

  • 一級建築士<国> (卒業後、2~3年間の実務経験が必要) 、
  • 二級建築士<国> 、
  • 木造建築士<国>

※人間空間デザインコースのみ

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒005-0864 北海道札幌市南区芸術の森1丁目
011-592-2371 学生課入試担当
gakusei@jimu.scu.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
芸術の森キャンパス : 北海道札幌市南区芸術の森1丁目 地下鉄南北線「真駒内」駅から中央バス 12分 「札幌市立大学前」下車 徒歩3分

地図

 

路線案内


札幌市立大学(公立大学/北海道)