• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 公務員・法律・政治
  • 行政書士
  • 学校の選び方
行政書士の学校の選び方

行政書士の学校の選び方

行政書士試験受験資格に学歴という項目がないように、行政書士になるために必ず通わなければならない学校はありません。学校に通わず、まったくの独学で行政書士試験合格を果たす人もいます。ただし、行政書士として働くには、行政法、民法、商法など各種法律の専門知識が不可欠です。幅広い法律知識を体系的に、効率的に学ぶ場として、短大・大学や専門学校があります。

短大・大学

行政書士を養成するための専門の学部・学科はありません。行政書士として働く際に必要な、広範な法律知識を得られる学部として、法学部や法律関連の学部・学科で学ぶのが一般的です。学部・学科内の授業科目に行政書士に特化したものはなくても、課外講座などとして行政書士試験に対応する内容の学ぶ場が設けられている場合もあります。

専門学校

法律系の専門学校や法律科のある専門学校で、法律全般の知識を学べます。また、行政書士コースという、ピンポイントで行政書士を目指す人向けのコースを設けている専門学校もあります。行政書士コースには、授業のコマ数により立ち上がりから修了までの開講期間に長短があります。9・10月に開講し、翌年11月の行政書士試験合格を1年と少しかけて目指すものが、スタンダードなコース。4月に始まりその年11月の行政書士試験合格を目指す、半年ほどの速修コースと呼ばれるものなどもあります。また、通学せずに通信講座やウェブで学べるコースのある専門学校もあります。自分のライフスタイルに合わせて、最も学びやすいコースを選べるのがメリットです。

取材協力
日本行政書士会連合会

全国のオススメの学校

関連する仕事の学校の選び方もチェックしよう

行政書士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路