• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 札幌情報未来専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • インフォメーションテクノロジー学科

北海道認可/専修学校/北海道

サッポロジョウホウミライセンモンガッコウ

インフォメーションテクノロジー学科

定員数:
30人

目指す職種に就くために必要なスキルを学び、プログラマ、Web系エンジニアなど自分の夢を実現させます

学べる学問
  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶのが情報学です。「コンピュータやプログラミングについて学ぶ、理系の学問」というイメージを抱く人は少なくないかもしれませんが、情報技術の社会への浸透に伴い情報学の扱う領域も広がっており、今や理系だけに限られる学問ではなくなっています。情報学の知識や技術をもった人材へのニーズはさらに高まっていくに違いありません。就職などの将来性は、安定しているといえます。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 通信工学

    音声・画像を伝送するための新しい理論や技術を研究

    通信とは、送信者から受信者へ情報を伝達すること。中でも、パソコンやスマートフォンなどのコンピュータ関連やそれぞれをつなぐネットワークについて研究するのが通信工学です。その研究対象は、ハードウエアとソフトウエア、アナログからデジタルまでと多岐にわたります。1、2年次は、通信工学の基礎となる数学と電磁気学をしっかり学びます。同時に、通信工学の基本となるコンピュータやネットワーク、プログラミングや電気回路などについて、座学と実験を通じて理解を深めていきます。多くの場合3年次に研究室に配属され、4年次には、卒業研究と発表を行います。卒業後は、IT系や通信事業を中心に、さまざまな道が開けています。今後、IoT化が進むことを考えると、活躍の場はあらゆる分野に広がっていくでしょう。

目指せる仕事
  • WEBデザイナー・クリエイター

    使いやすいウェブサイトをデザインする

    インターネットのページをデザインするウェブデザイナーは、誌面のデザインとちがいナビゲーションのためのボタンの位置や、そのページに盛り込む情報の取捨選択など、画面になった時に利用者が、その画面を見て次の画面をわかりやすく選択できるような情報デザインの視点が求められる

  • ゲームプログラマー

    プログラミング言語を使ってゲームを構築

    プログラミング言語を用いて、ゲームを作りあげていくのがゲームプログラマーです。 ゲームクリエイターやデザイナーが用意したシナリオやイラストといった素材をコンピュータに取り込み、キャラクターの動きや音声の設定、システムの構築などを行います。クリエイターやデザイナー、プロデューサーが意図したとおりのゲームが完成するかどうかはゲームプログラマーの能力次第ともいわれており、ゲーム制作の中核を担う仕事といえます。大学や専門学校に進学して、プログラミング言語やゲーム機のしくみ、ソフトの開発環境などについて学んでおくと、ゲームプログラマーという職業に就いたときにとても役立ちます。

  • プログラマー

    コンピュータを動かすプログラムの開発・作成

    コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • システムアドミニストレータ

    情報処理の利用・導入の推進者

    情報の利用者として、業務の改善や情報の利活用を促進するための企画を立て、必要に応じて他部門との調整など、システム部門と協力しながら情報化の推進を行う仕事。複数の業務をマネジメントし、能動的に業務改革や改善を行う重要な役どころ。

  • アプリケーションエンジニア

    企業の情報システムを構成する個別システムの設計・開発を担当

    コンサルティング会社やシステム開発を行うIT系企業が、顧客(企業)に対して新たな情報システムを提案する際、システム全体の大まかな企画・設計はシステムコンサルタントやシステムアナリストが担当する。ただし、企業の情報システムは数多くのシステムの集合体なので、個別のシステムをどう設計するかも重要。この個別のシステムの設計・開発を担当するのがアプリケーションエンジニアだ。システムの役割や目的を理解し、適切な設計をして、システムエンジニア、プログラマーなどで構成される開発チームに指示をするのが仕事。

  • ネットワーク技術者

    コンピュータ間のネットワーク構築

    顧客の要望を聞き、それにあったネットワークを考え、コンピュータ間をつなぐ、全体のシステム設計を構築するエンジニア。コンピュータ・ネットワークの将来構想は深まるばかりなので、注目度の高い仕事だ。ハードウェアや電気通信、コンピュータのシステム体系などに精通した知識が必要。

初年度納入金:2019年度納入金(参考) 119万8000円  (入学金含む。教材費は別途)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

目指す職種に就くために、必要なスキルを学び、自分の夢を実現させます
2年間でプログラマ、システムエンジニア、Webプログラマ、Webデザイナー、PCソフトを駆使できる一般事務員に必要な基礎知識・技術を身につけて就職を目指す学科です。一人ひとりが目指す職種に必要な専門的知識を学び、実践的なグループワークを通してエンジニアやクリエイターとして即戦力になることを目標にしています。

実習

「就職」を意識し、社会のニーズに適応できるエンジニアを実践的な授業で養成します
入学時から「就職」を意識し、実践的な教育と社会で必要なコミュニケーション能力を養います。全科目の約8割を実習とし、基礎から応用技術までしっかり学び、社会で通用するエンジニアの技術を磨きます。また、グループワークを通じてコミュニケーション能力を身につけ、人間力の高い人材を育てます。

卒業後

プログラマなどの開発系分野とコンピュータ操作技術を活かせる一般企業への就職も可能
システム開発を行うプログラマやシステムエンジニアとしての就職が可能。コンピュータシステムやネットワークの運用・管理を行うオペレータなどにも就職実績があります。また、Web系プログラマや情報業界のみならず、一般職での就職も目指せます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 基本情報技術者試験<国> 、
    • 応用情報技術者試験<国> 、
    • 情報セキュリティマネジメント試験<国> 、
    • IT パスポート試験<国> 、
    • Java【TM】プログラミング能力認定試験 、
    • Webクリエイター能力認定試験 、
    • Webデザイナー検定 、
    • マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    アイクラフト(株)、(株)N.ジェン、(株)シンクタンクオブジャパン 、 トッパン・フォームズ・オペレーション(株)、(株)ブリッジ 、 横須賀ソフトウェア(株) ほか

※ 2018年3月卒業生実績 (学校全体)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒060-0005 北海道札幌市中央区北5条西13丁目
TEL/011-231-7085

所在地 アクセス 地図・路線案内
北海道札幌市中央区北5条西13丁目 「札幌」駅から中央バス 北5条西13丁目下車 1分
「札幌」駅から徒歩 15分
「桑園」駅から徒歩 7分
「西11丁目」駅から徒歩 13分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース