• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校日本デザイナー芸術学院 仙台
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • デザイン芸術学科

宮城県認可/専修学校/宮城

センモンガッコウニホンデザイナーゲイジュツガクイン センダイ

現校名 専門学校日本デザイナー芸術学院仙台校 2019年4月名称変更予定

デザイン芸術学科

定員数:
120人

時をこえて愛される漫画をつくろう!プロの技術指導、アドバイスでプロデビューを目指す

学べる学問
  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶのが情報学です。「コンピュータやプログラミングについて学ぶ、理系の学問」というイメージを抱く人は少なくないかもしれませんが、情報技術の社会への浸透に伴い情報学の扱う領域も広がっており、今や理系だけに限られる学問ではなくなっています。情報学の知識や技術をもった人材へのニーズはさらに高まっていくに違いありません。就職などの将来性は、安定しているといえます。

  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • 文芸学

    作品や作家を研究したり。自らの創作能力を磨く

    文学を芸術の一分野、言語芸術としてとらえ、小説、詩、評論などの作品を通して考察し、自ら創作していく学問。

  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

目指せる仕事
  • グラフィックデザイナー

    雑誌や広告で“伝えたいこと”をデザインして表現する

    雑誌や広告、宣伝媒体、商品のパッケージなど、印刷物の紙面をデザインし、ビジュアル的効果を高めるのが仕事。アート面でのセンスが問われるのと同時に、流行を読み取る洞察力と、時代にマッチした感性も欠かせない。

  • 漫画家

    自分の作風やタッチで、人気作品を創り出す

    現在発行されているまんが誌(週刊誌・隔週刊誌・月刊誌)にまんがを描く仕事。最初から単行本に書き下ろすこともあるが、4コマまんがやストーリーものなどで、連載をもつことで収入を得る。自分の作風やタッチを確立して、作品を出版社の編集者等に認めてもらうことが必要。ヒット作品が出れば、時代のブームを巻きおこすことも。

  • WEBデザイナー・クリエイター

    使いやすいウェブサイトをデザインする

    インターネットのページをデザインするウェブデザイナーは、誌面のデザインとちがいナビゲーションのためのボタンの位置や、そのページに盛り込む情報の取捨選択など、画面になった時に利用者が、その画面を見て次の画面をわかりやすく選択できるような情報デザインの視点が求められる

  • 雑貨デザイナー

    文具や食器など生活雑貨をデザイン

    生活雑貨を中心に、形や素材などトータル的にデザインしていく。このところ雑貨人気もあり、デパートなどでも雑貨コーナーを、新設・拡大する傾向にあるようだ。使いやすく、しかも見た目も洗練されたレベルの高いデザイナーが求められる。

  • キャラクターデザイナー

    キャラクター、背景、アイテムのデザイン

    自分の持ち味を出した新しいゲーム・キャラクターを生み出す。グラフィッカー(CGデザイナー)が行うケースも多く、ディレクターと「検討会議」を行い、採用されたキャラクターや背景コンテを基に、パソコン上でグラフィックを描く。背景、キャラクター、アイテムなどの担当に分かれ、それぞれ複数パターンを作成する。

  • イラストレーター

    雑誌や広告などに使われる個性的な作品を描く

    雑誌、書籍、広告などの印刷メディアにイラストを描く。独自の作風を持っていること、クライアントの要望に応じた作品を作り上げる器用さも要求される。イメージをイラストに置き換える能力や感性、作品を想像する力も必要。

  • カメラマン

    写真を通じて、物事を伝え、表現するプロ

    広告、雑誌、インターネット、その他さまざまな印刷物や展示などのために写真を撮影する仕事。「何をどう撮るか」だけでなく「どう見せるか、伝えるか」といった自分なりの視点も求められます。カメラマンになるために必要な学歴や資格はないものの、広告、報道といったジャンルや撮るもの(人物、物、動物、ファッションなど)によって求められる写真も違うので、高度な専門技術が必要となります。撮影を通じて、多くの人に出会ったり、さまざまな場所に行ったりすることで、自分自身を高め、世界を広げることができるのもカメラマンという職業の魅力のひとつです。

  • ゲームプログラマー

    プログラミング言語を使ってゲームを構築

    プログラミング言語を用いて、ゲームを作りあげていくのがゲームプログラマーです。 ゲームクリエイターやデザイナーが用意したシナリオやイラストといった素材をコンピュータに取り込み、キャラクターの動きや音声の設定、システムの構築などを行います。クリエイターやデザイナー、プロデューサーが意図したとおりのゲームが完成するかどうかはゲームプログラマーの能力次第ともいわれており、ゲーム制作の中核を担う仕事といえます。大学や専門学校に進学して、プログラミング言語やゲーム機のしくみ、ソフトの開発環境などについて学んでおくと、ゲームプログラマーという職業に就いたときにとても役立ちます。

  • プログラマー

    コンピュータを動かすプログラムの開発・作成

    コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。

  • アプリケーションエンジニア

    企業の情報システムを構成する個別システムの設計・開発を担当

    コンサルティング会社やシステム開発を行うIT系企業が、顧客(企業)に対して新たな情報システムを提案する際、システム全体の大まかな企画・設計はシステムコンサルタントやシステムアナリストが担当する。ただし、企業の情報システムは数多くのシステムの集合体なので、個別のシステムをどう設計するかも重要。この個別のシステムの設計・開発を担当するのがアプリケーションエンジニアだ。システムの役割や目的を理解し、適切な設計をして、システムエンジニア、プログラマーなどで構成される開発チームに指示をするのが仕事。

初年度納入金:2018年度納入金 96万円  (教材購入費などの諸費用は含みません)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

さまざまな分野の表現が出来るクリエイターを目指します
マンガ/イラスト/グラフィック/クラフトなどの表現方法を学び、その中で自身の才能を発見し将来の方向性を定め「さまざまな分野の表現が出来るクリエイター」を目指します。ライトノベル、写真まで幅広く、そして深く学べるのがニチデの特徴です。仙台の企業とのコラボも多数行っています。

学生

出版社への持ち込みで在学中から編集担当がつく学生も続々
カリキュラムの一環として行われる出版社への原稿持ち込み。なかなか勇気がいるし、出版社の方に厳しいことを言われてショックを受けたという学生も多いです。しかし、その体験では多くの気づきが得られます。実際に持ち込みがきっかけで在学中から編集担当がつく学生も続々。卒業後にデビューを果たした先輩も活躍中です。

卒業生

藤枝とおるや久米田夏緒、虎哉孝征をはじめ、数多くの漫画家が先輩
すでにひとつの文化として確立され、日本から海外へ輸出されている漫画。毎年多くの新人がデビューする中、本校出身者も多数。藤枝とおる(1993年3月卒)や久米田夏緒(2004年3月卒)、虎哉孝征(1994年3月卒)、安孫子三和(1980年3月卒)、成家慎一郎(2005年3月卒)等は本校の先輩。多くの漫画家のデビューが目標です。

卒業後

卒業後でも支援システムが魅力
最新の情報を提供される他、提携している民営職業紹介会社が幅広い業種や職種の職業紹介を行っているため、卒業後のキャリアアップの転職支援など、一人ひとりが社会で活躍できるようサポートし続けます。

クチコミ

学生が手がける「学科外コラボ」
雑貨アクセサリー科で実施する作品の販売会では、DMのデザインをグラフィックデザイン科が手がけ、掲載する商品写真を写真映像科が撮影します。学生の手で作りあげる学科を越えたコラボの実現も可能です。

イベント

東京で活躍するプロの漫画家がニチデに来校!定期的に出張編集部を開催!
東京の著名な出版社で活躍する、プロの漫画家の皆さんに来校してもらい、定期的に講評会を開催しています。プロとしての心構えや苦労話を直接聞けるうえ、学生一人ひとりの作品へ目を通してもらい、その場でアドバイスを受けることができます。自分に足りない部分や課題を客観的に理解するチャンスとなっています。

募集コース・専攻一覧

  • マンガ・アニメステージ

    • マンガ科
    • コミックイラスト科
    • ゲームイラスト科
    • イラストレーション科
    • アニメーション科
    • ライトノベル科
  • デザインステージ

    • グラフィックデザイン科
    • アプリケーションデザイン科
    • 写真映像科
    • 雑貨アクセサリー科

学べる学問

目指せる仕事

就職率・卒業後の進路 

※ 想定される活躍分野・業界

漫画家、漫画家アシスタント、イラストレーター、キャラクターデザイナー、2Dデザイナー、アニメーターなど

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒984-0051 仙台市若林区新寺3-2-1
TEL 0120-025-370(フリーダイヤル)
E-mail info@nichide.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
宮城県仙台市若林区新寺3-2-1 JR「仙台」駅東口改札より徒歩10分
仙台市地下鉄東西線「宮城野通」駅南1出口より徒歩6分

地図

 

路線案内