• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 専門学校 東京テクニカルカレッジ
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 建築監督科

専門学校 東京テクニカルカレッジ 建築監督科

定員数:
40人

日本で唯一、建築監督科。建築現場の最高責任者として大手企業への就職を目指す。

学べる学問
  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 建築学

    より高度に安全で快適な空間をさまざまな理論を使って作る

    安全・快適で、経済的な建築物の生産を研究。設計の他、建築構造、建築防災、環境工学などを学ぶ。室内設備から都市計画まで研究領域は広い。

  • 土木工学

    建物や道路など、社会を支える生活基盤を作る技術を学ぶ

    自然要因や社会的要因を考慮に入れながら、道路・鉄道・電気など、生活の根幹となるものの構築の方法と技術を、実験やフィールドワークを通して学ぶ学問。

  • 環境工学

    環境問題の原因究明と解決を目指す

    地球温暖化や酸性雨、熱帯林の減少などの地球環境問題や、大気汚染など環境汚染の原因を究明し、地球と地球上の生命を守りながら人間社会の発展を実現するための研究を行う。

  • 材料工学

    現代社会が求める新機能をもつ材料を開発

    材料工学とは、新たな材料を生み出すことや、それらを活用するための技術を開発・研究する学問です。「そのままでは有効活用が難しい」とされている物質でも、加工することによって利用価値の高い「材料」にできます。まず、化学、物理、数学といった科目と、材料工学の基礎を学びます。ここで物質の特性をしっかりと理解し、次のステップとして、現在使われている材料について、実験も交えて身につけていきます。金属、無機、有機材料について横断的に学ぶことで理解を深め、専門的な学びや研究へと進んでいきます。

目指せる仕事
  • 土地家屋調査士

    土地・家屋の登記の手続きを行う

    土地を売買したり、建物を新築したときに、調査・測量をして登記の手続きをする。実際の物件のある場所に出向いて境界を確かめて測量したり、登記に必要な資料や情報を収集する仕事。調査・測量をするので野外の仕事が多い。

  • 不動産鑑定士

    不動産の価値を評価する専門家

    建売住宅やマンションの価格を鑑定評価する。これらの鑑定は、土地価格の変動や物件の交通の便、周囲の環境などを考慮し、客観的に行われる。それゆえ、社会的責任も重い。高度な技能が要求される。資格取得のための試験も超難関で、取得できるまでの道のりも長い。

  • 宅地建物取引士

    土地や建物など、不動産取引をする仕事

    不動産会社や建設会社などで、土地の取引や建物の売買・賃貸などを行う場合、国家資格の宅地建物取引士の有資格者が、事業所ごとの人数に応じて一定数いなくてはいけない。不動産取引では、さまざまな契約が必要になるので、それらの専門知識をもち、公正な取引を行うことが求められる仕事だ。

  • エクステリアデザイナー

    塀や門など、建物の外観に関わるデザインをする

    塀や門、カーポート、フェンスなど建物の外観に関わる製品のデザインをする。玄関部分などをトータルデザインする場合、イメージから素材までを考えていく。顧客や設計・施工担当者の意向を取り入れながら、具体的な形、素材を決めていく力が必要。

  • 建築士

    建築物の設計・デザインから施工監理まで

    一般住宅や店舗やオフィスなどの建築物の企画、設計、見積もり、施工監理などに携わる仕事。建築予定地の調査をし、顧客の要望に沿う建築の設計と積算を行う。また、建築工事の管理、建築許可や道路の使用許可などの法規に基づく官庁への申請手続きや届け出もする。

  • CADオペレーター

    コンピュータを使って建築用図面や設計図を作成

    CADとはComputer Aided Designの略で、鉛筆の代わりにライトペンやタブレットを用いてコンピュータ画面で設計を行うシステム。CADシステムは、建築会社をはじめ、各種機器メーカー、デザイン関連会社、自動車、航空機、通信などさまざまな業界で導入されている。

  • 建築施工管理技士

    建築現場のディレクター

    ビルや家など、さまざまな建築工事現場で、建築物の品質、資材や人員の管理、費用の管理、工期の管理、周辺の一般人の保護などすべてを管理し、コントロールする人。一般・特殊建設業の営業所が必ず置く人材の一つ。

  • 建築設備士

    空調や電気など建物設備の設計と監理

    空調・換気・給排水衛生・電気・防災といった、建物設備の設計や工事監理を行う。ソーラーシステムなどの新技術や、コンピュータの普及で複雑になる設備にも対応し、建築士に適切なアドバイスをする。試験を受けるには、空調・衛生工事会社、ゼネコン、設計事務所などで実務経験を積む必要がある。

  • 土木・建築工学技術者・研究者

    建造物の基本となる土木工事や建築工事などの安全性や効率などを考えた新しい施工技術の開発、研究を行う。

    さまざまな建造物の土台となるのが土木工事。また、道路建設のような建造物のない工事は、土木の仕事。それらの土木工事の計画から設計、施工、管理などのリーダーとして全体を把握し、現場がスムーズに動くように采配をふるうのが、土木工学技術者。一方、建築物の強度や耐震性など、安全面を重視した工法や建築工学に基づいた施工技術を考え、建築現場の管理をするのが建築工学技術者。これらの技術や工法などの研究を、大学や関連研究施設で行うのが土木・建築工学研究者だ。

初年度納入金:2022年度納入金 132万円  (※その他諸費用別途)
年限:4年制

専門学校 東京テクニカルカレッジ 建築監督科の学科の特長

建築監督科の学ぶ内容

一級建築士・1級建築施工管理技士に必須の施工管理や建設するための図面(施工図)などを学ぶ
設計から施工、完成までの一連の建築生産プロセスならびに材料知識、構造知識、地震等の外力を学び、建築監督として大手建設会社で働くための、施工知識と法的知識、安全管理知識、マネジメントを学ぶ。建設するための図面(施工図)を読む・描く・理解するための学習もおこない、建築現場の最高責任者を目指す。

建築監督科のカリキュラム

4年間で、建築監督に必要な品質・予算・工期・安全の全てを学ぶカリキュラム
建築監督とは、建築現場で働く多くの人々が安全で働きやすい環境をつくり、予定通り工事が終わるまで現場の中心となり活躍する仕事。建築知識や図面を描く能力はもちろん、建築監督に必要な品質・予算・工期・安全の管理やマネジメントについても学ぶ。

建築監督科の実習

学科横断・企業連携授業で、「社会性」を身につける当校独自のプロジェクトセミナー
東京テクニカルカレッジが展開する各学科(11学科)の学生が主体となり、地域や企業と連携しながら専門分野を活かして企画を提案・実施する当校独自の「リアルジョブプロジェクト(RJP)」では、人と話し合いながら、自ら問題や解決策を考え、行動する力を養う。

建築監督科の学生

  • point キャンパスライフレポート

    大切な家族に家をつくってあげることが、将来の目標です!

    大工仕事が趣味で、ウッドデッキまで自作する祖父の姿を見るうちに、ものづくりって楽しそうと思うように。やるなら小さなものをつくるより、家などの大きなものを手掛けてみたくて建築分野に進むことを決めました。

    専門学校 東京テクニカルカレッジの学生

建築監督科の資格

卒業後すぐ一級建築士受験資格を、実務経験3年で1級建築施工管理技士の受験資格を得られる
建築監督として必要な資格である、一級建築士を最短で取得可能。1級建築施工管理技士や商業施設士、管工事施工管理技士などの目標資格も強力にバックアップ。

建築監督科の奨学金

奨学金制度(スカラシップ)と特待生制度により、充実した毎日をおくる
44万円が支給される「小山学園後援会高度教育スカラシップ」と、30万円が支給される奨学金制度「小山学園後援会スカラシップ制度」を用意。学科試験(数学・物理・国語)、面接により選考され受給した奨学金は返還不要。他学生の模範となる学生に対し年間の授業料を免除する「特待生制度」も用意。 *2021年度実績

建築監督科のイベント

年度末に実施される、成果発表会
毎月、多彩なメニューで体験型のオープンキャンパスやオンライン学校説明会・キャンパス見学・個別進路相談などを実施。年度末には、日頃の学びの成果を発表する「成果発表会」をおこない、授業で学んだことを大勢の前で発表することでプレゼンテーション力も身につく。

専門学校 東京テクニカルカレッジ 建築監督科のオープンキャンパスに行こう

建築監督科のOCストーリーズ

専門学校 東京テクニカルカレッジ 建築監督科の学べる学問

専門学校 東京テクニカルカレッジ 建築監督科の目指せる仕事

専門学校 東京テクニカルカレッジ 建築監督科の資格 

建築監督科の受験資格が得られる資格

  • 一級建築士<国> (実務経験0年 ※一級建築士登録は2年の実務経験が必要) 、
  • 二級建築士<国> (実務経験0年) 、
  • 建築施工管理技士<国> (1級(実務経験3年)・2級(実務経験1年)) 、
  • 管工事施工管理技士<国> (1級(実務経験3年)・2級(実務経験1年))

建築監督科の目標とする資格

    • 福祉住環境コーディネーター検定試験(R) (2級・3級) 、
    • 宅地建物取引士<国> 、
    • 測量士補<国> 、
    • 2次元CAD利用技術者試験 (1級・2級・3級)

    ほか

専門学校 東京テクニカルカレッジ 建築監督科の就職率・卒業後の進路 

建築監督科の就職率/内定率 100 %

( 就職希望者178名 )

建築監督科の主な就職先/内定先

    熊谷組、フジタ、西松建設、安藤・間、生和コーポレーショングループ、セコム、富士住建、三機工業、若築建設、東亜建設工業、青木あすなろ建設、東急建設 ほか

※ 2021年3月卒業生実績 (学校全体)

専門学校 東京テクニカルカレッジ 建築監督科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒164-8787 東京都中野区東中野4-2-3
フリーダイヤル 0120-1969-04(お問い合わせ・資料請求)
info@ttc.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都中野区東中野4-2-3 JR中央・総武線、都営地下鉄大江戸線「東中野」駅より徒歩 1分

地図

 

路線案内


専門学校 東京テクニカルカレッジ(専修学校/東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

RECRUIT