• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 富山
  • 富山調理製菓専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 製菓技術科

富山県認可/専修学校/富山

トヤマチョウリセイカセンモンガッコウ

製菓技術科

定員数:
40人 (2年制)

豊富な実習で実践力を磨く! 第一線で活躍できるパティシエやブーランジェ(パン職人)に

学べる学問
  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • 栄養・食物学

    栄養と食についてさまざまな角度から研究する

    食べ物をテーマに、調査、実習、実験などで多角的な研究をする学問。栄養学は料理法や栄養について、食物学は食品を実習を通して総合的に学ぶ。

  • 生活科学

    人々の生活の合理化や充実を、学術的アプローチで研究する

    衣・食・住から人間関係、健康、環境、文化など生活者の視点を基盤にしてライフスタイル全般を学ぶ学問。家庭生活の向上や快適な生活環境を創ることを目指す。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

目指せる仕事
  • テーブルコーディネーター

    食卓イメージの演出家

    レストランやホテルなどで使う食器のスタイリングやデザインを担当したり、料理ページなど、雑誌や広告で紹介する食器や関連雑誌などのスタイリングをする。フードコーディネーターが兼ねている場合も多い。さまざまな食様式を知った上で、オリジナルなスタイリングができる人材が求められている。

  • バリスタ

    おいしい一杯を淹れるコーヒーのスペシャリスト

    日常生活にひとときの安らぎやうるおいを与えてくれる一杯のコーヒー。コーヒー豆や抽出法などの専門知識と技術を活かし、香り高く風味豊かなコーヒーを淹れるスペシャリストがバリスタです。バリスタはイタリア語で「バール(軽食や酒も提供するイタリア風カフェ)で働く人」を意味し、主にエスプレッソコーヒーを淹れる人を指します。日本では専門職としてのバリスタの認知度はまだあまり高いとは言えず、ドリンク全般をはじめ、フード作りやサーブ、接客など幅広いカフェ業務を任されることも多いようです。

  • 和菓子職人

    和菓子作りの達人。繊細な和の世界観・季節感を菓子に表現

    和菓子職人は和菓子を専門に手がける菓子職人です。和菓子は歴史ある日本の伝統的なお菓子であり、和菓子職人はわび・さび、季節感など、“日本ならでは”を表現することを大切にしています。蒸す・焼く・練るといった技法をベースに、自然の美しさや芸術性を自らの感性で感じ取り、小さな菓子に表現します。資格や免許が必要な職種ではありませんが、一人前になるまで時間と努力を要します。和菓子職人になるには製菓専門学校で和菓子独特の技術を学び、和菓子店や和菓子メーカーに就職するのが一般的ですが、和菓子屋の門を叩き、弟子として下積みから和菓子職人を目指している人もいます。世界中で和食ブームの今、和菓子への注目も高まっており、和菓子職人が世界で活躍することも夢ではありません。

  • パン職人

    食卓に驚きを。人々の笑顔を引き出す、理想のパン作りを追求

    パン職人は美味しいパンをつくるプロフェッショナル。パンは老若男女問わず広く愛され、今や日本人の生活に深く浸透しています。スーパーやコンビニでも購入することができますが、パン屋さんのパンはやはり特別。焼きたてのパンを求めるお客さまのため、朝早くからお店をオープンさせます。パン職人になるのに必要な免許や資格、問われる学歴はありません。自分で店を開きたいなら「菓子製造業許可」や「飲食店営業許可」を取得すればOKです。ただし、美味しいパンが焼けるようになるにはコツがいりますので、製菓・調理専門学校に通うほか、パン屋で働くなどして、プロの技から学ぶ必要があります。

  • パティシエ(洋菓子職人)

    洋菓子店やレストランの洋菓子専門シェフ

    洋菓子だけを専門につくるシェフ。ケーキ、ムース、ババロア、クッキーなど洋菓子とひと言で片付けられないほど、幅広いメニューをつくり出す。店舗でお菓子作りをするだけでなく各種コンテストに出場したり、講習会の講師としても活躍するケースがある。

  • ショコラティエ

    チョコレートを専門に扱う洋菓子職人

    ショコラティエ(Chocolatier:フランス語)とは、チョコレートを使ったデザートやケーキを作る洋菓子職人のことです。チョコレートは品質管理や加工が難しい食材です。そのため、ショコラティエには、チョコレートをやわらかくしたり、型に入れて固めたり、チョコレートで装飾したりといった加工技術に加えて、製菓に必要な素材に関する知識が必要とされます。また、創作したチョコレート菓子などを商品として売り出すときは、見た目の美しさも重要になるため、優れたデザインセンスも欠かせません。一人前のショコラティエになるには、洋菓子店やレストランなどに勤務しながら知識や技術を磨き、やがてチョコレート部門の仕事を任されるようになるのが一般的です。

  • 飲食店員・店長

    レストランやカフェなどでおいしい食事やくつろげるひとときを提供

    レストラン、ラーメン店、定食屋、ファストフード店、カフェ、居酒屋、バーなどの飲食店で働く。大きく分けて、調理を担当するキッチンスタッフと、店内で接客や配膳、会計などを担当するホールスタッフとに分かれる。飲食店は、おいしい食事や飲み物を提供することはもちろん、お客さまに楽しくくつろいだひとときを演出する場でもある。そのため、気持ちの良い接客や衛生管理も大切な仕事。店長は、調理やサービスのほか、仕入れや売り上げの管理やスタッフの管理・指導なども求められる。

  • パン製菓店員・店長

    おいしいパンやケーキ、和菓子を製造し、販売する仕事

    ベーカリーショップや洋菓子店、和菓子店で働くスタッフや店長。接客や会計を担当するスタッフのほか、店舗内でパンやケーキ、和菓子を作っている場合は、製造を担当するパン職人やパティシエ、和菓子職人などのスタッフもいる。小規模な店舗ではその両方を担当するケースも多い。これらの店は、全国展開しているチェーン店も多いが、地元に愛されている個人経営の店も多く、職人としての腕を磨けば、独立開業することも十分可能な仕事だ。

  • 食品製造

    食品メーカーなどの工場で安全・衛生に配慮しながら食品を加工・製造

    食品メーカーなどの工場で食品の製造や加工を担当する仕事。大量生産する工場では生産ラインが設けられ、食材の洗浄、下処理、加工、調理、包装などの工程ごとに細かく分業されている。機械化が進んでいる工場では機器の操作が中心となることも多いが、食品の種類や工場の規模によっては手作業が大切になることも。そのため、工場で活躍している調理師やパン職人、パティシエなども少なくない。作業の正確さはもちろん、衛生面の配慮も求められる仕事だ。

初年度納入金:2019年度納入金 140万円  (入学金20万円含む)
年限:2年制

学科の特長

カリキュラム

全国トップクラスの実習量を確保し、心と体で技術を身につける
本学科の大きな特色と言えるのが、洋菓子・和菓子・製パンの知識・技術はもちろん、ドリンク・カフェ・経営マネジメントまでの講義や実習などの多彩なカリキュラム。「本物の材料、一流の技を体感し、新たな出会いに感動する」そんな経験を通して、心と体で製菓・製パンの技術を身につけていきます。

先生

全国や海外でも活躍する製菓・製パンの第一人者がみんなを指導
学生を指導する講師陣も自慢の一つです。その顔ぶれは、地元北陸だけでなく、全国や海外にも知られる製菓・製パンの第一人者の方ばかり。卓越した技術を間近に見ながらそのノウハウを吸収してください。もちろん、経営やキャリアアップに関する相談もOK! 卒業後のビジョンを描くうえでも最適な環境を整えています。

実習

製菓・製パン・カフェなど多彩なジャンルの技をプロとしての意識や姿勢で磨く
豊富な実習では、1つのジャンルに縛られることなく、製菓・製パン・和菓子・カフェ・ブライダルなど多彩なジャンルを経験。何度も繰り返すことで技術を確実に習得する“ハンズオン・トレーニング”で実践力を養い、少人数制によるきめ細かな指導で講師陣が一人ひとりのレベルアップを丁寧にサポートしています。
校舎1階の実習カフェレストランで行う「SHOP&CAFE実践」で、現場力を習得
2年次には、「SHOP&CAFE実践」として本校校舎1階に構えるレストランで実践的な製菓・製パン実習も行います。まさに現場そのものの環境で、技術を磨くことができます。さらに、学生が接客も担当することで、マナーや礼儀といった製菓・製パン以外の面も身につけた即戦力を育成します。

学生

  • point キャンパスライフレポート

    豊富な実習時間がうれしい! プロの技を実感しながら学ぶ毎日です

    製菓を学びたいと考えていた時、担任の先生が「新しくできる学校がある」と進めてくれたのが、この学校でした。オープンキャンパスに参加し、新しい学校を自分たちで盛り上げていきたいとも思い、進学を決めました。

    富山調理製菓専門学校の学生

卒業後

将来的な独立も視野に、製菓・製パンの多彩な分野で活躍
地元食材を使ったスイーツ作りや企業との商品開発など、富山をフィールドに多彩なトレーニングを実施。さまざまな経験を通して、洋菓子店やレストラン、ホテル、ベーカリーなどの製菓・製パン業界での活躍が期待されています。もちろん、経営に関する授業も豊富で、将来的な独立開業も視野に入れて学ぶことができます。

施設・設備

ピカピカの新校舎にはプロの現場と同じ設備を用意
2017年4月開校で、ピカピカの新校舎では設備面も充実。有名ホテルの和・洋菓子部門を想定したプロの現場と同じスチームコンベクションなどの機器を完備しています。広々とした製菓・製パン実習室でプロ仕様の機器に触れて学ぶことで、卒業後に現場に立ったときにも戸惑うことなく作業できるスキルを身につけます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 製菓衛生師<国>

就職率・卒業後の進路 

※ 想定される活躍分野・業界

洋菓子店やレストラン、ホテル、ベーカリーなどの製菓・製パン業界、独立開業など多彩

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒930-0083 富山県富山市総曲輪4-4-5
TEL.076-491-1177 事務局
info-toyama@aoike.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
富山県富山市総曲輪4-4-5 「富山」駅より徒歩18分
「丸の内(富山県)」駅下車、徒歩2分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース