• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 美容・理容・ヘアメイク
  • 美容師
  • 必要な試験と資格は?
美容師の必要な試験と資格は?

美容師の必要な試験と資格は?

美容師として働くためには、美容師免許が必須。美容師国家試験は、筆記試験と実技試験で構成されており、2月と8月の年2回実施されます。ほとんどの美容学生は在学中の2月の試験を受験しますが、そこで不合格になった場合には翌年度の8月の試験を受験することになります。2月実施の美容師国家試験の合格率は80%前後を推移しており、8月の試験の合格率は40%後半から60%ほど。この結果からも、在学中にまじめに学び、繰り返し実技を練習することが、美容師への近道と言えそうです。

美容師国家試験

≪試験日≫
◆2月と8月の年2回実施

≪受験資格≫
◆美容師養成施設で、次の課程を修了した人
昼間課程 2年以上
夜間課程 2年以上
通信課程 3年以上

≪試験内容≫
◆筆記試験
関係法規・制度、衛生管理(公衆衛生・環境衛生、感染症、衛生管理技術)、美容保健(人体の構成および機能、皮膚科学)、美容の物理・化学、美容理論

◆実技試験
1)美容の基礎的技術 
第1課題 カッティング:20分以内に指定の長さでレイヤーカットに
第2課題 オールウェーブセッティング:コームと指で25分以内にウェーブを作り上げる
2)衛生上の取り扱い
身体・用具類の衛生状態および衛生上の取り扱い

※実技試験または筆記試験のいずれかに合格した人は、申請により次回の試験でその合格した試験を免除

≪合格基準≫
◆筆記試験の合格基準
以下、両方の条件を満たしている場合
1)50問中60%以上の正答率であること
2)関係法規・制度、公衆衛生・環境衛生、感染症、衛生管理技術、人体の構成および機能、皮膚科学、美容の物理・化学、美容理論のいずれの課目においても無得点がないこと

◆実技試験の合格基準
以下、両方の条件を満たしている場合
1)衛生上の取り扱い試験
 減点が30点以下であること
2)基礎的技術試験
 第1課題 カッティングの減点が40点以下であること
  第2課題 オールウェーブセッティングの減点が50点以下であること

◇合格率:89.1%(平成27年度2月)、60.5%(平成27年度8月)
※公益財団法人理容師美容師試験研修センター発表

そのほかにあると便利な資格

○管理美容師
将来独立し、自分のお店をもつことを考えている人に必要となる資格です。2名以上が働く美容室には、管理美容師資格取得者を1人以上置かなければならないと美容師法で決められています。管理美容師の資格は、美容師免許を取得後3年以上美容の業務に従事したうえで、所定の講習を受講すると取得できます。

○着付け技能士
着付け技能士は国家資格です。技能のレベルに応じて1級と2級があり、一般社団法人全日本着付け技能センターが実施する試験への合格によって、資格を取得できます。成人式や大学の卒業式、結婚式や子どもの七五三など、着物を着る機会は少なくありませんが、自分で着ることができる人は皆無と言ってよいほど。成人式の日は着付けを希望する新成人で美容室はいっぱいという状態ですので、着付け技能士の資格をもっておけば重宝されるでしょう。

○色彩検定(R)
従来「感性」だけによるものと見られがちであった「色に関する知識や技能」を理論的、系統的に学ぶことにより、「理論に裏付けられた色彩の実践的活用能力」を身につけることを目的にした技能検定です。近年、ヘアカラーリングは2色・3色ミックスが主流になっており、その色の組み合わせに生かされます。また、お客さまがよく着る洋服とヘアカラーリングのコーディネートなどにも生きるので、よりお客さまに似合うカラーを提案できることも美容師としての強みになるでしょう。

○ネイリスト、メイクアップ
ネイリスト技能検定試験、日本メイクアップ技能検定試験など、ネイルやメイクに関する資格は複数の団体が主催しています。最近では「トータルビューティー」に力を入れる美容室が増えていますので、メイクやネイルの知識や技能も、美容師には必要なものと言えそうです。

全国のオススメの学校

関連する仕事の必要な試験と資格もチェックしよう

美容師を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路